What Is Hip ?

2008/12/16(火) 11:49:40 [ロックの話題]

Tower Of Power David Garibaldi Francis Rocco Prestia Chester Thompson Bruce Conte
音が悪いと評判だったのもあって買うのを躊躇していたタワーオブパワーの73年の発掘ライブアルバム「The East Bay Archive Vol.1」を、ラッキーにもサイケさんに聴かせていただきましたよ(ありがとう、サイケさん)。聴いてみたら確かにオーディオ的な意味での音は悪い(それでもむちゃくちゃ悪いというレベルではないと思います。僕はむやみに音質ばかりいいのはかえってよくないと思っているので責任は持てませんが)。しかしカッチョイイ演奏とあいまった音楽的な音質は、キレイキレイな録音のライブ盤よりも断然いい気がします。そして、あの素晴らしいライブ盤「Live And In Living Color」のときにはすでにいなかったレニーウィリアムスが歌っているのもナイス。もちろん両方ともデヴィッドガリバルディ、ロッコ、チェスタートンプソン、ブルースコンテのリズム四人衆が揃っているので‘間違い’はないですけどね。
The East Bay Archive, Vol. 1 / Tower Of PowerLive And In Living Color / Tower Of Power
▲ガキの頃は、オーファンキー最高!ってな感じで聴いてたけど、今聴くと(コールドブラッドなんかもそうですけど)シカゴとかブレッカーブラザーズに近い印象に(シカゴとブレッカーは遠い気がするけど・笑)。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Comment

良い感じですよね
このライブの感じは良いですよね。まさしく音楽は音質じゃありません。

2008/12/17(水) 08:27:43 | URL | サイケ [ 編集]

ありがとうございます!
●サイケさま
この時期のT.O.P.はめっちゃかっこええですね~。これ以上音が悪くなると演奏の良さ自体も失われるぎりぎりの音質がナイスです。

2008/12/17(水) 15:33:45 | URL | yu-shio [ 編集]

ヒップですね
臨場感がもうちょいあってもいいかなぁとは思いますが、しっかり分離して聞こえるし、全然イケますね♪

あ、今聴くとあんまりファンクじゃないってのはよく分かります。やっぱり本物のファンクとはちょっと違いますね。

2008/12/17(水) 18:26:40 | URL | テキサス [ 編集]

ヒップです
●テキサスさま
これでも音質アップにいろいろ頑張ってるんじゃないですかねえ。もちろんイケます。

真っ黒けのファンクとは違いますね。タイトな中のユルさみたいなものがないかな~。

2008/12/17(水) 22:25:25 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |