“シャイン・ア・ライト”は最後にちょこっとだけ

2008/12/11(木) 18:02:14 [ロックの話題]

Martin Scorsese
僕が、70年代からリアルタイムでストーンズを追いかけてて来日公演には10回以上は行ってるし一時は西新宿に頻繁に通ってたしフェイバリットアルバムは「ベガーズバンケット」か「メインストリートのならず者」だし好きなバンドを問われたらもちろんストーンズ!好きなギタリストは当然キースリチャーズ!な人間であることを踏まえていただいて(笑)以下、スコセッシ映画「The Rolling Stones Shine A Light」の感想ですよ。

いや~どういうつもりでスコセッシがこの映画を撮ったのかさっぱりわからんかったのでプログラムを買っちまいましたよ(笑)。「自分でなくとも撮れる音楽映画」ではないものをつくろうとした、、ってのはまあ当然。しかし、自身が登場してのうそ臭い演出の挙句、なんとなく始まったライブ開始時のワクワク感の無さ、演奏中のせわしないカットチェンジ、ライブ途中の関係性不明な昔の映像挿入、、。「スコセッシでない人が撮った誰でも撮れそうな音楽映画」の方がよっぽどストーンズのライブに没頭できるような気がしましたね~。帰宅してハルアシュビーの「Let's Spend The Night Together」のオープニングを観て、これよこれ、なんてね(スタジアムライブは好きではないが、、。そしてこれは誰でも撮れそうな音楽映画でもないけれど)。監督本人が登場してのこの映画をつくる困難さのアピールは出来のよくない映画をつくっちまった言い訳に思えたりして。予告編がいちばんよかったな(笑)。

この際ついでに言わせてもらうとストーンズの演奏もどうかと。とくにキース。ロンとふたり一緒だと最強さ、なんて言ってたけど、最強だった、、ではないでしょかね。かつては、ギターが上手くならないように練習してるって言われてたけど、今こそちょっとだけ上手くなるために練習した方がよいのでは。“悪魔を憐れむ歌”のソロ、“スタートミーアップ”のイントロ、、好きなギタリストはキースリチャーズ!と昔から常に言い続けてきてこれからもずっとそう言おうと思っている僕としてはそのなまくら振りがちょっと悲しかったですよ。“キースリチャーズ”になりきるのに忙しいのかもしらんけど、、、。“ストーンズの演奏”における、サポートメンバーである真面目なミュージシャンたちの比率が高くなりすぎているのも問題。相も変わらず、ミックとキースがいればストーンズ!みたいなことばかり言ってていいのかな~なんてあらためて感じました(映画ではナチュラルロッキンなロニーがかっこいいと思いました)。新しい曲を演らない(映画では83年の曲がいちばん新しい)のも現役のバンドとしてどうかと思いますね~。

あ~スッキリした(笑)。あくまでもワタシ個人の感想なので怒らんといてね。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 2

Comment

あ~あ
普段はオブラートに包んで批評する画伯が、珍しくド正直な感想書いちゃいましたねぇ(爆
さすがの俺でもちょっと抑えたんですけど(笑

観てからまだ数日しか経ってないんですが、正直、何も記憶に残ってません。「そりゃないっしょ!?」ってところ以外は(笑

2008/12/11(木) 18:28:23 | URL | テキサス [ 編集]

あはは
●テキサスさま
やっぱり‘オレのストーンズ’のことですからねえ。まあ批評じゃなくてあくまでも感想ですけど。ストーンズはサポートを‘利用している’でないとね(現在はサポートに文字通り助けられている)。しかしキースを冷静に見ちゃイカンね(笑)。

それにしても平日の昼間に観たのに(僕を含む)じじばばでいっぱいでした。びっくりです。

あっアルバートメイスルズについて書くの忘れた(笑)。

2008/12/11(木) 21:24:54 | URL | yu-shio [ 編集]

スコセッシ
でなくても撮れる出来だったような。
映画(ドキュメンタリ?)としては半端ですし、ライブビデオとしては普通というか。
客目線っぽい映像に若干の臨場感が、と思ったりしましたけど、タカダワタル的ゼロの方が断然良かったなぁと感じましたです。

2008/12/12(金) 00:22:47 | URL | パット [ 編集]


こんばんは。
私は70年代はまだ幼稚園~やっと小学校入学でしたので、ストーンズは「地獄の黙示録」をTVで観た時に聴いた”Satisfaction”が初体験です。
でも初来日公演はコドモでしたが、ドームまで観に行きました!

一方、1コ上なだけの相方は年齢にまったく合っていない懐古趣味がデフォルトなので、我が家にはストーンズのアルバムが全部あります。
ということで、この映画も2人で観に行こうかと思っていたのですが・・・期待しないで行った方が良さそうですね 笑

ちなみにストーンズで一番好きな曲は”Brown Sugar”です☆

2008/12/12(金) 02:20:51 | URL | RAY [ 編集]

むかしはスコシージでした
●パットさま
スコセッシでなくても、、かどうかは知りませんが、この映画に関しては過剰に他人と違うことしようとした感がありますね。それもうまくいってればいいんですけど。「タカダワタル的ゼロ」観たいです。

2008/12/12(金) 13:06:27 | URL | yu-shio [ 編集]

ブラウンシュガーは最高ですね
●RAYさま
本文にも書いた通り、たんに私の感想ですからあんまりお気になさらずに。いや気になっちゃいますか。ごめんなさい。このところ思っていたことを吐き出しちゃいました(笑)。むかしのことを考えると観られるだけで嬉しいし、ミックすっげえ~!キースかっこえ~!で大喜び(&大笑い)するのがいちばん楽しめると思いますよ。ただし客は年配の人が多いためいまいちノリが悪いかも(笑)。

2008/12/12(金) 13:07:19 | URL | yu-shio [ 編集]


こんばんは。やっと観てきました!
意外と気楽に期待しないで(笑)観たせいか、とても楽しめてしまいました。
とにかくミック・ジャガーの強烈過ぎる唇とライヴ・パフォーマンスに目が釘付けでした。
でも個人的にはロン・ウッドが自然体でカッコ良くて惹かれました。

”Pint It Black”が好きな曲の一つなんですが聴けなかったのがちょっと残念です。

2008/12/24(水) 00:02:36 | URL | RAY [ 編集]

楽しめましたか
●RAYさま
それは素晴らしい。僕もミックの動きには大笑いでしたよ。そしてロニーの自然体はかっこいいですね。

“黒くぬれ”は大好きな曲なんですけど、サントラを聴くとこれまたキースのギターがひどい(笑)。

2008/12/24(水) 13:47:26 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
loving cup ο????????????ä???????(å??????)?Х?ä?Τ???α?Ψľ?????ä?Τ?ľ???Τ??

2008/12/11(木) 18:28:49 | tigers blues TEXAS

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 当サイトではStoneがつくバンドと言えばStone Rosesというのがお約束でしたが、今回は珍しくThe Rolling Stonesの話題です。 ストーンズ好きの相方曰く...

2008/12/23(火) 23:55:22 | RAY\'s Favorites

| HOME |