2年前に復活した現在のStaxはどうなんでしょね?

2008/10/31(金) 15:25:21 [ロックの話題]

Isaac Hayes
ロブ・ボウマン著「スタックスレコード物語」めっちゃおもろかったですよ。スタックスレコード物語 SOULSVILLE U.S.A.‘田舎のちょっと頑張った会社’スタックスでのおもろいエピソード満載ですが、ピーター・ギュラルニック「スウィートソウルミュージック」(これもおもろかった)なんかよりも思い入れを廃して事実を正確に書いている(書こうとしている)ところが好感度大。オーティスを筆頭に田舎臭い音楽でちょっと当てたのち、アイザックヘイズの洗練されたそれまでのスタックスらしくない音楽で大躍進、でかい花火(Wattstax!)を打ち上げた挙句滅びていく様子が生々しい。最後の方は金の話ばかりでかなり嫌に(そして悲しく)なるけれど。会社というものがどう成長したらいいのか、はたまた成長なんかしない方がいいのか、考えさせられる一冊ではないでしょうか(僕は考えないけど・笑)。

ちなみに僕はどっちかと言うと、都会の洗練された音楽もいいけれど、MG'sみたいなドタバタして垢抜けない音楽の方が好きですね~。
Stax Profiles / Booker T & The MG'sStax Profiles / Booker T & The MG's
▲MG'sのベスト盤は数ありますが、(エルヴィス)コステロ選曲のこれはなかなかいい感じです。

スポンサーサイト



記事URL | Comment: 0 | Trackback: 1

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
ギター小僧 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★ ギター小僧誕生物語。 ギターを弾いている少年、ギター小僧です。 トマトがギターに出会ったのは中学校1年の3学期。 アコースティックギターを持っているクラスの友人がいた。 音楽好きと言う訳で意気投合したわけではないが、他の友人を介して仲が良くなり友人宅...

2008/10/31(金) 21:31:45 | うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★

| HOME |