La Voz ラボー

2008/10/17(金) 11:19:40 [ロックの話題]

Hector Lavoe
Hector Lavoe(ヘクター・ラヴォーではなくエクトル・ラボー)がキてますよ。ラテンを聴き始めた今年初めのころは、元々嗄れ声好きなのもあってその朗々とした歌いっぷりに、こりゃ好きになれん、と感じていたのですが、ラテンものを次々と聴いているうちに耳がラテン寄りになったのでしょうか、いまや最高ですわ。これまでウィリーコローンとの作品(インストメインに聴いてたような気がする)やソロ作品はベスト盤くらいしかちゃんと聴いてなかったのだけれども、最近ディックさんに聴かせてもらった以下の三作が最高なんですね(Thanx ディックさん)。チンピラで伊達男でジャンキー。絵に描いたようなサルサ男。いや~素晴らしい。
De Ti Depende / Hector LavoeComedia / Hector LavoeRecordando a Felipe Pirela / Hector Lavoe
▲どれも傑作!最初は真ん中の「Comedia」が気に入ってたけど、今は哀愁の「Recordando a Felipe Pirela」(右)にやられてます。

スポンサーサイト



記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

センティメント&サボール
ホント痺れます。秋に合いますよねぇ。
紹介されてる三枚も素晴らしいのですが、勢いでウィリーコロンとタッグ時代の作品を改めて聴いたら、やっぱりエクトル最高でした♪

2008/10/17(金) 23:06:49 | URL | テキサス [ 編集]

喫茶サボールってありましたよね
●テキサスさま
なんだか突然最高に思えてきたのは、ラテンにはまりだしたときと同様、体内のラボー濃度がスレッショルドを超えたんでしょうね。コローン時代も以前よりさらにいい感じに聴こえてくることと思います。

2008/10/17(金) 23:47:33 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |