ペイパーボーイ

2008/07/12(土) 19:57:19 [ロックの話題]

Roll with You / Eli
パソコンを以前使っていたものに戻して絵を描くと予想以上にうまくいかないのが困ったものですよ。同じように描いても微妙に動きが違うというか思ったようにならないというか、以前はこれですべてやってたのに、、、。といういい訳をしといて(笑)本日は絵なし。先日買ったEli "Paperboy" Reed & The True Lovesの「Roll with You」で景気を盛り上げてますよ。イーライ・ペイパーボーイ・リード&トゥルー・ラヴズっつうんですかね。白人の若者らしいです。とりあえず大昔のディープソウル好きには堪らない音ですよ。エディヒントン系のキレ気味シャウト系ボーカル。かっこいいですね~。まあモノホンのソウルを白人に歌えるわけがないとか、60年代ソウルの猿真似やんけ、、なんていう人には(今どきそんな人がいたとしたら)オススメしませんが(笑)。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Comment

ワンダフル!
まだ聞き込んでないので迂闊なことは言えないのですが、瞬間風速という点では今年最大です!
ジャンプナンバーもカッコいいですが、バラードが素晴らしいです。目頭が熱くなりました(笑

こんなアーティストをどこから見つけてきたのか知りませんが、さすがですねぇ。有り難うございました♪

2008/07/13(日) 15:43:16 | URL | テキサス [ 編集]

これは!
堪りません!
さっそく聴かせていただきましたが、こんな若者いるんですね。昔の音源かと思いました。かっこいい~♪
ありがとうございます!

2008/07/13(日) 22:26:07 | URL | ディック [ 編集]

いいでしょ
●テキサスさま
かなりガツーンときますよね。たしかにバラードもいいですね。そして先達たちよりも微妙に音程が悪いところもよしです。

2008/07/14(月) 00:43:25 | URL | yu-shio [ 編集]

イエイ!
●ディックさま
ホント現代の若者(しかも白人)とは思えませんね。この手のレトロ風のシンガーは何人か出てきてるみたいですが、僕はこの人にいちばんグッときました(他は試聴しただけですけど)。

2008/07/14(月) 00:46:54 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |