Chris Spedding

2005/05/17(火) 15:32:47 [似顔絵ロック]

Chris Spedding
メチャメチャかっこいいけど捉えどころがない大御所ギタリスト、と言えばChris Spedding。ギターも正直ウマイのかヘタなのか(ヘタってことはないか)、器用なのか不器用なのかいまひとつ判断しにくい。ある意味上手い、とかそんな感じでもない。ただ言えるのはジャズを演ってもロックを演ってもロカビリーを演っても非常にシンプル。そしてクール。本人は今や大変渋い存在となってますが、ギター・プレイに侘びも寂びもない感じは変わらない。そこがまたまたベリー・クール。で、大好き。作品には好きになれないものもけっこうあるけど、下の作品はホント大好きです。

Chris SpeddingChris Spedding
76年のソロアルバム。クラプトン、ベック、ヘンドリックスなどの有名ギタリストの物真似プレイでお馴染みの“ギター・ジャンボリー”収録。でも好きな曲は“モーターバイキン”、“ブギー・シティ”などのロックンロール・ソングです。

HurtHurt
77年作。ジャケットを見ると、Bryan FerryのバックでフライングVを弾くお姿を思い出します。彼の作品群の中でもロック度が高くて好きな一枚。

Just Plug Him inJust Plug Him in
オフィシャル・ブート的ライブ・アルバム。音がよくない部分もあるけど(ボクはぜんぜん気になりません)、終盤“ヘイ・ミス・ベティ”、“ハート”、“ギター・ジャンボリー”と続くところは圧巻です。ちゃんとしたライブ・アルバム「Friday the 13th」や「Gesundheit」よりぜんぜんイイ!
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |