10年早いんじゃあ

2007/10/01(月) 17:37:50 [似顔絵ロック]

Paul Kossoff of Free
一昨日からの寒さのおかげでジョージリンチがさっぱり弾けなくなった。しゃあないホンナラこれや!と、ポールコソフのギターでも真似してこましたろかい、と久々にレスポールを手にするも別の意味でさっぱり弾けません(泣)。コソフのプレイはリンチの1/10くらいのスピードやし、カル~くできるんちゃうかいなと思ったのが甘かった。どうすりゃいいのさサマータイムブルース。あらためてフリーの音をじっくり聴いた結果、ギターを手にするのはまだ早い、まずはコソフが弾くときの表情を完全コピー/体得するしかない、などを悟るに至ったため、先ほどケースから取り出したレスポールを再びケースにしまって、さっそく修行開始。さて顔コピ何年かかるのでしょう?
Tons Of Sobs / FreeTons Of Sobs / Free
というわけで「Player Guitar Love」用に描いたPaul Kossoffでしたが、彼のギターを堪能できるのはやはりこのファーストですかねえ。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

顔コピ
確か二十代前半の頃だったと思うんですけど、一時、顔でギター弾く人を受け付けなくなったことがあるのですが、今では顔が入ってない人はつまらないと思うようになりました(笑
チョーキングの時の顔にギタリストの真価が問われますね。ポールコソフは最高峰です(笑

しかし、1stの頃って十代だか二十歳だかそんなんですよね? 凄いです・・・。 

2007/10/03(水) 23:36:34 | URL | テキサス [ 編集]

なかなか
>テキサスさま
顔修行はきびしいですな。
当分ギターを手にとるまでは至りそうもありません(笑)。

それにしてもコソフ、ホントに若いのにあのプレイ。凄いし最高です。

2007/10/04(木) 00:53:59 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |