My Ding-A-Ling

2007/06/12(火) 11:33:13 [ロックの話題]

Chuck Berry
よっしゃ、きょうは静かや~!とヘロンの“イエローローゼズ”で爽やかに一日をスタート、、、の筈がヘロン&シングル曲終了前にガガガガッゴリゴリゴリゴリゴリッ・・・工事開始!まだまだ本日もインダストリアルは続くようです。しかしまあ人間よくできたもんで、かなりうるさいけれども昨日よりはノイズが気にならない。少なくともいきなりイラ~ッとは。ひとり騒音まつりが効いたのかしらん。

いずれにせよあと少しの辛抱であろうことを期待しつつ、さすがに木漏れ日フォーク(ヘロン)はあきらめて、またまたチャックベリー。ロンドン・チャックベリー・セッションズ。1972年作。
The London Chuck Berry Sessions
先日、聴きたいと書いたのち、中古LPを見つけて買ってしまったのです。ミルトングレイザーとかピーターマックス、さらにはイエローサブマリンを連想させるイラストのジャケがナイス。演奏が、というより曲がかなりテキトーっぽいA面にはマックとケニーのフェイセズチームも参加。B面には“マイディンガリン”の大ヒットしたバージョンの全長版(たぶん。12分近くある)収録。いやいいっすね。チャックベリー大好き。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Comment

ジャケ最高ですやん
いやぁジャケがサイケで良いですなぁ。
僕もみつけようっと。

2007/06/12(火) 22:43:52 | URL | サイケ [ 編集]

800円
>サイケさま
なかなかいいでしょ。
基本500円派の僕としては予算オーバーでしたが(笑)。

2007/06/13(水) 00:48:36 | URL | yu-shio [ 編集]


でも文句ナシの内容ですね♪
72年といえばロンドンR&RショウというDVDを持ってるのですが、それにもチャックが出てます。当時はチャックの何度目かのピークだったんですかね。

ところでロンドンセッションってハウリンウルフやボディドリーなんかのシリーズと一緒ですか? 

2007/06/13(水) 19:01:49 | URL | ¥300オーバー [ 編集]

同時に
300円でクレイグダーギーのソロも買ったのでOKとしてます(笑)。

72年はロックンロールリバイバルの年だったのでしょう。ピークと言えるのかどうか、、。

ロンドンセッション、、、チェスの戦略だったのでしょうね。シリーズなのかはよく知りませんけど。

2007/06/14(木) 01:09:37 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |