ボジオさん スティック両手に 何処へ行く

2007/04/14(土) 21:41:08 [似顔絵ロック]

Terry Bozzio
「Player Guitar Love」用に描いたテリー・ボジオ。ちょいと(じゃないか・笑)目を離してる隙になにやらエライことになってるという噂は聞き及んでます。たしかにこないだの来日公演の話や最近発売された作品のレビューを読むと、ブレッカーブラザースやジェフベック、フランクザッパあたりでも凄すぎるなんて思っているアマちゃんな僕など聴くのも恐ろしい気がしちゃいますね~。どうなんでしょ。
Heavy Metal Be Bop / Brecker BrothersGuitar Shop / Jeff BeckZappa in New York / Frank ZappaPrime Cuts / Terry Bozzio
一番右は2005年リリース。他にも凄そうなのがたくさんありますが、とりあえずこれ載っけときます。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 1

Comment

ボジ夫
最近のライブのドラム・セットが、
すごい構成になっているらしいですね。
「え~っ、これ全部使うの???」みたいな(笑)。

2007/04/15(日) 15:27:52 | URL | Q [ 編集]

あっ「お」を漢字にするの忘れてた(笑)
>Qさま
ドラムセットはホントにもうエライことになってるらしいです。
セッティングしたり片付けたりするのが大変そうです(笑)。

2007/04/15(日) 17:57:21 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Brecker Brothers 「Heavy Metal Be-Bop」(1978) フュージョン界に衝撃が走った一枚!果たして本作がお洒落な音楽と目されている「フュージョン」というカテゴリーにいれていいのかどうか、多いに悩ませる作品です。ブレッカーブラザーズは、兄ランディ(tp)と弟マイケル(ts)が1974年に結成したフュージョン・グループで、1

2007/08/04(土) 14:21:56 | 音楽の杜

| HOME |