イヨッ色男!Tommy Bolinさん。いいね!!

2005/07/23(土) 15:22:14 [似顔絵ロック]

Tommy Bolin
先日のJeff Beckのコンサートで演奏された“Stratus”のオリジナル(Billy Cobham「Spectrum」収録)を久々に聴いたところ、これがハマりまくり。いつもコースでTommy Bolin方面へ。ソロ・アルバム2枚から、CobhamにテクニックではひけをとらないドラマーAlphonse Mouzon、James Gangから果てはDeep Purpleまで一気に聴いてしまいました。いやあイイね!

Tommy Bolin関連の3枚

ソロ・アルバム「Teaser」と「Private Eyes」の2枚は置いといて、ここではそれ以外の作品を。

SpectrumSpectrum / Billy Cobham
Bolinが多くの曲に参加して壮絶プレイを聴かせる73年作。「Blow By Blow」の2年前。まあそれ以前にも(Cobhamも在籍した)Mahavishnu Orchestraがあったけど、ギタリストの性質の違いを考えるとBeckの大ヒットアルバムによりサウンド的に直結するのは「Spectrum」の方でしょうね。

Mind TransplantMind Transplant / Alphonse Mouzon
こちらは74年。元Weather Reportのドラマーのロッキン・フュージョン・ソロ。そないに叩かんでもええやん、と20回は思ってしまうけどドラムは凄い。でも音は「Spectrum」に比べてやや浅い気がしないでもない。わかりやすいですけどね(しょうもないもろフュージョン・メロディの曲もある)。Bolinのソロは3曲で。

BangBang / James Gang
James Gangの73年作。爽快なアメリカン・ロック。ここでライブを見ることができます(いきなり始まります)。エコー・マシンを駆使したBolinはかっこいいが、ボーカルはかなりかっこ悪いですね~。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 7 | Trackback: 3

Comment

はじめまして
こんにちは。トミー・ボーリンの話題を書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。良かったら寄って見てください。よろしくお願いします。

2005/07/23(土) 17:01:14 | URL | axis_009 [ 編集]


早速のご来訪、コメントありがとうございました。

トミー・ボーリンに関しては私もyu-shioさんと一緒で、定期的、というか何かの拍子に聴きたくなって、暫くハマって聴いてる、という感じです。そういえば、チャーなんかも同様だなぁ。
また、寄ってみますね。よろしくお願いします。

2005/07/24(日) 18:10:26 | URL | axis_009 [ 編集]

いらっしゃいませ
axis_009さんのブログには私の好みのアーティストがたくさん取り上げられてます。またお邪魔してTBやコメントさせていただこうと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。あっチャーも大好きですよ。とくにピンク・クラウド!

2005/07/25(月) 00:44:54 | URL | yu-shio [ 編集]

http://blog.studio-egt.com
始めまして。
私もベックの来日公演で、いきなりあのベースラインが始まり、感動しました!!
トミー・ボーリンのエベッツフィールド・ライブは聴きましたか?
そこでの「ストレイタス」は超絶です。
トラックバックさせていただきました。

2005/10/14(金) 20:04:12 | URL | egt [ 編集]

はじめまして
egtさま。
エベッツフィールド、74年の方ですよね?まだ聴いてないんですよ。今度聴いてみたいと思います。TBAからは、こりゃどうかな?っていう音源もけっこう出てるみたいなので、ちょっと慎重になってるんですよね~。

2005/10/14(金) 23:24:06 | URL | yu-shio [ 編集]

http://blog.studio-egt.com
TB&コメント有難うございます。
エベッツフィールド、74年の方です。
こちらの音源は聴いて損は無いと思います。

ホームページの素敵なイラスト楽しませていただきました。
私はガラスエッチングをやっているのですが、いつもデザインでつまづいてしまうので、羨ましい限りです。
これからも宜しくお願いします。

2005/10/15(土) 10:49:16 | URL | egt [ 編集]


egtさま。
ありがとうございます。エベッツフィールドぜひ購入したいと思います。じつは昨日ガラスエッチング拝見してすごいな~、めちゃめちゃ手間がかかるんだろうな~などと思っていたのですが、なにぶんそちら方面には疎いのでコメントは差し控えてしまいました。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

2005/10/15(土) 17:01:41 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Live in California 1976:On the Wings of a Russian Foxbat/DEEP PURPLE Live in California 1976: On the Wings of a Russian FoxbatDeep Purple リッチー・ブラックモア(G)脱退後、アメリカ人ギタリストのトミー・ボーリン(G)を加えた第4期ディープ・パープルの1976年カリフォルニア・ロング・ビーチでのライブ。当時から同名タイトルの海賊盤が

2005/07/23(土) 16:59:05 | OOH LA LA - my favorite songs

トミー・ボーリン四季報(夏)♪ トミー関係の話題が書かれているサイト情報です。トラックバックって何さ?(爆)ごめんなさい、ブログ初心者で。m(_ _)m >無断でリンク&トラックバックしてしまったサイトの方々酒と薔薇の日々http://blogs.yahoo.co.jp/cbe07485/9781201.htmljm's myTastehttp://...

2005/09/20(火) 00:03:41 | waonanhonpo

トミー・ボーリン [:楽しい:]買いました~ギターマガジン11月号なんと、私の大大大大大大大大好きな 「さざん・・・・」じゃなくて、トミー・ボーリンの特集じゃないですか~[:悲しい:]ディープ・パープルの2代目ギタリストとしてだけではなく、ソロやセッションワークにおいても数多くの名

2005/10/14(金) 19:56:40 | 砂かけじじいが行く!!

| HOME |