Albert Collinsさんですよ!

2006/10/08(日) 18:14:40 [似顔絵ロック]

Albert Collins
「Player Guitar Love」用に描いたアルバート・コリンズ。ライブを体験したかったアーティストのひとりです。鬼のような顔で、ネック全長の真ん中辺りにカポを取り付けたマイナーチューニングのフロントハム仕様テレを右肩ストラップで弾きながら、何十メートルもあるシールドを引き摺って会場内を練り歩く、と聞いただけでもう辛抱たまりませんわ(笑)。と言いつつアルバムは数枚しか持ってないのですが。でもどっちかというと聴くより見たいのですよ(笑)。
Iceman at Mount FujiIn Concert: Ohne Filter
ありゃま、ライブビデオ出てました。しかもマウントフジも。見てみたい~。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 10 | Trackback: 0

Comment

コリンズ!!!
yu-shioさん!待ってました!とうとう、この時が来ました。忘れもしない、25年前の冬の日、京都、磔磔にコリンズはやって来ました。シールドの伝説は本当で、弾きながら客席を通り越し、外に出て、表の駐車場でも一人舞台よろしく、弾きまくりました。みんな一緒に外へ出て「狂喜乱舞」の世界でした。ナイスメモリー・・・。

2006/10/08(日) 20:48:47 | URL | た [ 編集]

駐車場でも
弾きまくりましたか!?
すごい一体感だったでしょうね。
ぜひぜひぜひ参加したかったです。羨ましい。
た さんの京都はすごく充実してたようですね。

2006/10/09(月) 01:19:36 | URL | yu-shio [ 編集]

共演♪
ゲイリー・ムーアとの共演でも、
独特の雰囲気だしまくりでしたね(^-^)

2006/10/09(月) 02:11:02 | URL | Q [ 編集]

ありゃま
ゲイリームーアとも共演してましたか。
御大、さぞかし際立ったことでしょうね(笑)。

2006/10/09(月) 03:12:39 | URL | yu-shio [ 編集]

アルバムは・・・
だけど、アルバムは、1枚持っていれば十分だと思います(笑)。

2006/10/09(月) 05:42:03 | URL | た [ 編集]

やっぱり
アルバムは一枚でいいですか(笑)。
でも実物を観たことがない身としては、DVDでも観賞したいところです。もちろん25年前の狂乱(?)にはかなわないですけど(笑)。

2006/10/09(月) 14:26:54 | URL | yu-shio [ 編集]

Too Tired
ゲイリー・ムーアのアルバム「Still Got The Blues」の“Too Tired”で共演してますよ~♪
この曲のビデオ・クリップでも共演していて、
微妙に笑えます(^^)

2006/10/09(月) 16:07:46 | URL | Q [ 編集]

ゲイリーは
あんまり得意じゃないのでよく知らないのですが(といいつつブルースやり始める前にの来日は一回観たことあります・笑)、そのクリップは見てみたいですね。あとでYouTube探してみよ。

2006/10/09(月) 20:02:03 | URL | yu-shio [ 編集]

寒そうな後ろの絵が
が最高ですね(笑 キンキンのテレトーンもさることながら、何やら冷たい名前の曲も多いですよね。
しかし俺も古いアルバムを2~3枚しか聴いた事がありません。マイナーチューニングって凄いですね・・・。そんなギターではコードすら鳴らす自信がありませんよ(汗

そういや確かテキサス人ですよね、この人も(笑

2006/10/09(月) 23:06:53 | URL | テキサス [ 編集]

テキサス人
凄いね~。マイナーチューニングもやけど、ほとんど人差し指だけで弾いてまっせ(笑)。しかし凄い音だ。
http://www.youtube.com/watch?v=2G_Yw64RacA

こりゃジャパニーズテキサス人も負けてられへんね(笑)。

2006/10/10(火) 00:29:19 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |