Pete Townshend for “Player Guitar Love”

2006/05/16(火) 14:10:29 [似顔絵ロック]

Pete Townshend
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたピート・タウンゼント。ジャンプしてますねえ。腕振り回してますねえ。SGスペシャルですねえ。ロックですねえ、、とパブリックイメージ通りの絵ですが、下のアルバムたちは素晴らしいデモレコーディングを集めたもの(第3集まである!)。もちろんThe Whoの曲もあり。いくつかはロジャーが歌うバージョンよりいいんじゃねえの?てのもありますよ。多分、ジャンプも腕を振り回したりもせずにつくってるはず(どうでしょ?笑)。
Scoop / Pete TownshendAnother Soop / Pete TownshendScoop 3 / Pete Townshend
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 10 | Trackback: 1

Comment

どこまでが・・・
映画「Kids Are Alright」とか観ていて思うのは、ピートあたりはどこまで計算づくで腕振り回したり、ジャンプしたり、ギター壊したりしていたんだろ、ということです。一番最初は明らかに演出だったはずですもんね。しかしバンド全盛期のいっちゃった目とか見ると、本気のように思えるし・・・。まちろんデモ作っているときにはそんなことやってないと思いますよ(笑)。

2006/05/16(火) 16:00:05 | URL | サイケ [ 編集]

たぶん、、
本気で狂気を演ずることができるのではないでしょうか(意味不明?)。演出が透けて見えると、見てる方も醒めちゃいますから。

案外デモ録音のときも飛び跳ねてたりして(笑)。

2006/05/16(火) 18:10:45 | URL | yu-shio [ 編集]


少なくともキース・ムーンは本気で狂気に近いですね(苦笑)。

2006/05/16(火) 18:20:23 | URL | サイケ [ 編集]


本気で狂気はちょっと困っちゃうなあ(笑)。他人事だとおもしろいけど。

2006/05/16(火) 18:29:57 | URL | yu-shio [ 編集]

いやぁ
ピートのイラスト、カッコイイですねぇ~。
個人的に白ツナギ時代(?)が大好きなんですよ。

デモは黙々と作りますよね、流石に。
ってか寝食を忘れて没頭してそうな(笑

2006/05/16(火) 21:18:54 | URL | kita [ 編集]

どうも、
kitaさま
ありがとうございます。僕も白ツナギ時代大好きですよ。

>デモは黙々と
意外と夜中に煮詰まり目がらんらんとしてきてジャア~ンプ!なんてことは、、ないでしょうね(笑)。

2006/05/16(火) 23:08:56 | URL | yu-shio [ 編集]

ピート最高!!
演じてるうちに演技してるの忘れてしまうんではないでしょうか(笑 ボウイやジムモリソンなんかもそうだったみたいですし、ロックスターなんていう妙な商売してる人はみんなそうかもしれませんね。正気じゃやってられんと(笑

ピートはそんな中でも頭脳派というイメージがありますね。でもキースは天然だと思います。いや、思いたいです(笑

2006/05/16(火) 23:46:09 | URL | テキサス [ 編集]

イエイ!
テキサスさま
たしかに正気じゃやってられません(笑)。

ピートは自分で考えた狂気に没頭し、キースは考えずに、、、でもインタビューとか本を読むとけっこうウィットに富んだ機転の利く発言をしてますね。

2006/05/17(水) 00:39:02 | URL | yu-shio [ 編集]

無性に……
yu-shioさんのイラストを見てたら、自分も無性にピートが描きたくなってしまいました。
そんな訳でTBさせて頂きましたm(__)m

2006/05/17(水) 17:46:35 | URL | kita@仕事場 [ 編集]

ピートかっこいいですね
kitaさま
あの頃のピートは本当にロックですね。
どんどん描きましょう!?(笑)

2006/05/18(木) 22:28:20 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
愛しの白ツナギ ある方のBlogを見てたら、ムショーに白ツナギのピートが描きたくなったので。いやいや、やっぱり白ツナギ時代のピートは最高にカッコイイ、♂オーラ出まくりです。自分も白ツナギ

2006/05/17(水) 17:43:45 | LONG LIVE ROCK

| HOME |