Amos Garrettのギターにうっとり

2005/06/07(火) 19:12:57 [似顔絵ロック]

Amos Garrett
低音ボーカルときらめきギターが素晴らしいエイモス・ギャレット。ソロ・アルバムでの“Sleepwalk”をはじめ、Maria Muldaurの“真夜中のオアシス”やGeoff Maldaurの“Gee Baby Ain't I Good To You”、Geoff & Maria の“Georgia On My MInd”、Better Daysの“Please Send Me Someone To Love”などなど、名演は枚挙に暇がないわけですが、そのどれもが、このフレーズどこからやってきたんでしょう?的なプレイなんですね。うっとりしてしまいます。以前僕も真似をしてテレキャスを3ピックアップにしたことがあったりして。あっそういえば彼、Great Specled Birdの一員として、最近公開された70年のライブ映画「Festival Express」にチラッと出てましたね。

Live In JapanLive In Japan / Geoff Muldaur & Amos Garrett
盟友ジェフ・マルダーとの79年の来日公演でのライブ。お酒片手に最高の雰囲気ですね。行きたかったな~。ライブ・アルバムには96年のソロ・ライブ「Off the Floor Live」なんてのもあって、これも素晴らしいです。

Acoustic AlbumAcoustic Album
いつのまにか出ていた最新アルバム(?)。僕はまだ購入してませんが、試聴してみると、タイトル通りのアコースティック・ギターといつもの低音ヴォイスがホントいい感じです。アコースティックのアルバムと言えば、以前出た「Cold Club」はイマイチ入り込めなかったのですが、これはすごくよさそう。そのうち買おうっと。

I Make My Home in My ShoesI Make My Home in My Shoes
“Sleepwalk”収録の89年発表のソロ・アルバム。彼のソロは、「Go Cat Go」も「Amos Behavin」も「Third Man In」も、どれも同じような感じで大好きです。あと、Doug Sahm、Gene Taylorとのその名もAmos Garrett, Doug Sahm, Gene Taylor Bandの2枚のアルバムもいいし、たくさんたくさんあるセッション参加作品も忘れられませんね~。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 3

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Amos Lee たまに、タワーレコードに出かけます。音源は基本的にタワーか、アマゾンで購入するので。そして、ついついAMOS GARRETT(エイモス・ギャレット)の名前を探してしまう。今まで、見かけたためしがありません。この人はすごいギター弾きで。「星屑のギター」と称さ.

2005/06/11(土) 23:21:19 | ラヂオカフェ ぐっでい♪

GEOFF & MARIA MULDAUR(2) GOEFFとMARIAのMULDAUR夫妻の第2弾、"SWEET POTATOES"。これもレア盤。さすがに日米Amazonとも在庫がない。写真はRepriseの輸入版LPジャケ。Side 1:Blue Railroad Train(Alton Delmore)Havana Moon(Chuck Berry)Lazybones(Hoagy Charmichale-Johnny Mercer)Corde

2005/07/18(月) 18:44:19 | 読む聴く打つ飲む

愛する人が欲しくて スキンを変えてみました。ちょっと秋らしい雰囲気にと変えてみたのですがいかがでしょうか。ヘッドには大好きなアルバムのジャケをはめ込みました。 ポール・バターフィールズ・ベター・デイズ ベター・デイズ ポール・バターフィールドがバターフィールド・

2005/08/30(火) 10:23:27 | 鳥肌音楽 Chicken Skin Music

| HOME |