Keith Richards for “Player Guitar Love”

2006/03/05(日) 12:59:57 [似顔絵ロック]

Keith Richards
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたキース。てなわけでストーンズ来日も近くなってまいりました。呼び屋さんがいささかガタガタしてるように見えるのが心配ですが、ま、大丈夫でしょ。先ごろの、スーパーボウルのハーフタイムショー、リオでの120万人を集めてのフリーコンサートなど、いろいろ盛り上げてくれますね。ただ、それらの映像をちらちら見てるとキースがなんだか元気がないような。今や、メンバーが元気なのを実際に目にすることが目的のコンサート(笑)という要素も大きくなってきたので、ぜひぜひみなさん元気に頑張ってください。

それにしてもストーンズのカバー集っていっぱい出てるんですね~。びっくりしました。ちょっと目に付いたのをいくつか。
<br />黒くぬれ!~ローリング・ストーンズ・カヴァー・トラックス黒くぬれ!~ローリング・ストーンズ・カヴァー・トラックス
Bowieの“夜をぶっとばせ”、GFR“ギミーシェルター”など、もしかしたら既発のもばかりかもしれませんが、一気に聴くとおもしろいかも。
<br />RESPECT THE STONESRESPECT THE STONES
シナロケからズボンズ、ハリー、ホトケまで、日本のアーティストによるカバー集。もうすぐ発売ですが、ZOOBOMBSによる“Rip This Joint”がよさそうな気が、、。
<br />Paint It Black: A Reggae Tribute to the Rolling StonesPaint It Black: A Reggae Tribute to the Rolling Stones
Gregoryの“ワイルドホース”、Maytals“スタート・ミー・アップ”、Steel Pulse“ユー・キャント・オールウェイズ~”などレゲエアーティストによるストーンズカバー集。個人的にはこれが一番おもしろそう。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 3 | Trackback: 0

Comment

キース元気ないですよねぇ・・・。
ミック・ロニーの陽とビル・チャーリーの陰、そして/妖怪化/達観/仙人化したキース、
というバランスが70年代中盤以降のストーンズの魅力だと思ってるんでミックのヘルシーさばかりが目立つと心配になります。

>メンバーが元気なのを実際に目にすることが目的のコンサート
まさに同じ気分ですね(笑
あ、IT’S ONLY ROCK’N ROLL(BUT WE LIKE IT LOVE)という日本のコンピがありまして、自分はRESPECT~よりは俄然こっち派閥のストーンズファンです(笑

2006/03/05(日) 23:19:26 | URL | テキサス [ 編集]

もうすぐ!
ステージに出てきさえすれば満足!みたいなところありますからね。元旦の横山ホット・ブラザーズみたいだな・・・。

17日の僕の番組担当週は「予習にならないストーンズ特集」と題して、ステージじゃ絶対やらない曲でストーンズを特集する予定です。ふふ・・ステージでやる定番曲なんか今更予習なんて必要ないし、聞きたかったらライブ観に行くしかないね♪

2006/03/06(月) 05:26:35 | URL | サイケ [ 編集]

いずれにしても、楽しみましょ
■テキサスさま
やっぱりミックとキース両方が元気なステージを堪能したいですよね。キースも少しはミックを見習、、、われてもちょっとイヤかな(笑)。たしかに「RESPECT~」はひねりがなさ過ぎですかね~。

■サイケさま
横山ホットブラザース!でも関西では元旦以外でも見かけるような気がします(笑)。ステージでは絶対やらない曲、なんやろなあ?“Jiving Sister Fanny”なんか、やって欲しいけど、、。

2006/03/06(月) 11:12:34 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |