夢見るKevin Ayers

2006/02/03(金) 12:26:31 [似顔絵ロック]

Kevin Ayers
なんちゅうかKevin Ayers好きなんですよね。いまや、深い低音が魅力のシンガーソングライター的作品の方が多いのに、レコ屋でプログレコーナーにあるのは違和感あり。Soft Machineの呪縛はきっついですな。一昨年の来日公演でライブを体験しましたが、いいのかよくないのか、まいっか~的な内容が、らしかったです。ただ一部、二部、アンコール、それぞれの前の待ち時間が演奏時間より長かったような気がするほど。スタンディングだったこともあり何回か気が遠くなりかけましたね~(笑)。てなわけで今回も以前描いたものでした。
Bananamour(いとしのバナナ)Bananamour(いとしのバナナ)
73年作。やっぱケヴィンはバナナでしょ。
Sweet DeceiverSweet Deceiver
75年作。かなりポップ。いいですね~。
June 1st 1974(悪魔の申し子たち)June 1st 1974(悪魔の申し子たち)
74年作。ジョン・ケイル、ブライアン・イーノ、ニコとの共演ライブ。ほとんど後半(B面)のケヴィン部分しか聴いてません。オリー・ハルソルのギターもグッド。

▼僕の一番好きな3枚は廃盤みたい、、、。
Yes We Have No MananasOdd Ditties(不思議のヒット・パレード)Falling Up
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 1

Comment

ゆるゆるサイケ
好きですよ、ケヴィン・エアーズ。
僕が好きなのは初期のShooting at the Moon (Harvest, 1970) とWhatevershebringswesing (Harvest, 1972) の初期2枚。なんともゆるゆるにサイケな感じが堪らないのです。

去年出たThe old Grey Whistle Test Vol.2に、名曲『May I ?』のライブが入っていて狂喜しましたわん♪

2006/02/03(金) 15:27:26 | URL | サイケ [ 編集]

おっと、、
サイケさんにかかるとケヴィン・エアーズもサイケになってしまいますか(笑)。僕から見ると、その2作はプログレに近いのですよ(嫌いじゃないですよ)。てなわけでその後の、聴く人の「やる気」を失わせるような、のほほんとした作品が好きなんです。

初期の作品ですが、“May I ?”は名曲ですね。見てみたあい。

2006/02/03(金) 16:35:45 | URL | yu-shio [ 編集]

微妙ですからねぇ
プログレ・ファンからするときっとプログレじゃない、と言われそうですもんね♪

確かにいつも聞く人のやる気を失わせるような曲をやっときながら、The Old Grey Whistle TestのDVDに収録されたインタビュー・パートでは、結構番組に対してシビアなこと言っていたのには笑いました♪

2006/02/03(金) 17:24:29 | URL | サイケ [ 編集]

プログレファンは、
キビシイですからね~(笑)。

>番組に対してシビアなこと言って、、
ウシャシャ、おもしろいですね、それ。こっちは素面なのに、酔っ払いから説教されるようなもんかも(笑)。

2006/02/03(金) 18:02:35 | URL | yu-shio [ 編集]

名曲の嵐♪
独自の感性で表現も独自カテゴライズすることがもったいない人ですね。「May I」は名曲っす。「Joy Of A Toy」も好きです。プログレファン、厳しいっす(笑)。

2006/02/04(土) 04:16:41 | URL | フレ@ロック好きの行き着く先は… [ 編集]

ホント名曲いっぱいありますね
フレさま
みなさん初期の作品が好きなんですね~。僕の場合は、プログレのプの字もなくなった頃から本格的に好きになるんですよ。レゲエやカリプソっぽいのもオモシロイし。しかしまあ思い起こせば、一昨年の来日記念で新作を出すと言っておきながら、いまだ出てないんですよね~(笑)。

2006/02/04(土) 08:47:45 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Kevin Ayers - Joy Of A Toy  同じくカンタベリーポップの第一人者(?)の筆頭でもあるケヴィン・エアーズをついでに聴いてみるとやっぱり良い。ロバート・ワイアットのはどちらかと言うとシュールな面を持

2006/02/04(土) 04:14:58 | ロック好きの行き着く先は…

| HOME |