Joni Mitchellはいいよにゃ~

2006/01/28(土) 19:38:52 [似顔絵ロック]

Joni Mitchell
これ、じつはかなり前に描いた絵で、イラストのコーナーに置いてあったもの。イラストを順次ブログの方にまとめていこっかなって思ってます(気長にやっていく予定)。

てなわけで、、、ムチャクチャ大好きな女性アーティストのひとり、Joni Mitchell(ヘンな画で失礼)です。歌声だけでなく、妙なチューニングでのギタープレイにもホンモノの才能を感じてしまいますね~。80年代の来日公演もすごく楽しめるものでした。まあ時代が時代なので、現在の耳で聴くと、デジタルな音がちょっと、、って感じに違いないとは思いますが(笑)。

彼女の作品にはほとんどキライなのはないのですが、とくに以下の作品たちは最高の最高です。
BlueBlue
71年作。瑞々しい歌声が素晴らしい。初期の傑作。
For The RosesFor The Roses
72年作。ヒット曲“恋するラジオ”が大好き。
Court & SparkCourt & Spark
74年作。これが一番好き。なんと言っても“Help Me”と“Free Man In Paris”が続けて出てくるんですから。
The Hissing of Summer LawnsThe Hissing of Summer Lawns
75年作。邦題「夏草の誘い」。地味だけどいい曲満載ですよ。Princeが、好きな作品だと言ってたような記憶あり。
HejiraHejira
76年作。邦題「逃避行」。このアルバムはJacoですな。“Coyote”のベースはホント最高。「Last Waltz」ではRick Dankoが苦戦気味だったような(笑)。

あと、ふたつのライブアルバムもいいし、80年代以降にもいい作品がたくさんあるんですよね~。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 7 | Trackback: 3

Comment

最初に聴いたジョニは
トム・スコットとLAエクスプレスをバックにしたライヴ・アルバムでした。
TBさせてもらいます。

2006/01/28(土) 21:52:07 | URL | sugarmountain [ 編集]


大賛同です。
個人的にはyu-shioさんと同じく「Court&Spark」が一番です。
来日は逃してるんですよね…無念!
もうコンサートはやらないとか言ってるし、もう二度と見れないのか、トホホ…

2006/01/28(土) 22:09:30 | URL | フィル [ 編集]

才女と言えば…
Joni を思い出してしまいます。活動休止しているんでしたっけ?まだ新作聴きたいんですけどね~
以前書いた『Blue』の記事をTBさせていただきます。

2006/01/28(土) 22:43:03 | URL | ocean [ 編集]

はまりそうな人ですよね~
…だから、最初に聴いた"BLUE"で止めてます(苦笑)

2006/01/28(土) 23:06:07 | URL | Cacao [ 編集]


★sugarmountainさま
一曲目から僕の好きな“恋するラジオ”ですね。素晴らしい。Robben Fordも好きです。

★フィルさま
「Court And Spark」はひとつの究極ですね。もうコンサートしないんですか!?でも気が変わりそうな気も(笑)。

★oceanさま
新作出れば嬉しいけど、もういっか~みたいな気持ちもないではなかったりして、、(笑)。

★Cacaoさま
ジョニ・ミッチェルの場合は、はまってしまった方がよいのではないか、、なんて勝手に思ったりして(笑)。

2006/01/29(日) 00:30:42 | URL | yu-shio [ 編集]

「Mingus」!
・・・が好きでした。あのひんやりとするジャジーな感触、フリーフォームな歌いっぷりが良かったのです。

ところでこの絵最高ですね♪ディフォルメの具合に愛情を感じますよ(笑)。

2006/01/29(日) 09:43:43 | URL | サイケ [ 編集]

ありがとございます
サイケさま
God Must Be A Boogie Man ~ですね。ジャコもいいですね~。

2006/01/29(日) 11:28:03 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
本日の収穫 ジョニのライヴ   Miles of Aisles 中古輸入盤 ¥250  於)BOOK OFF なんば駅南口店ジョニ・ミッチェルの1974年に発売されたライヴ・アルバム。アナログ時代は2枚組で発売されていました。初めて買ったジョニのアルバムがこれでしたこれを買った後に湯川れい

2006/01/28(土) 21:49:52 | 鳥肌音楽 Chicken Skin Music

南部訛りの小学生 以前は、歌詞カードを見なくても空で歌える曲がいっぱいありました。最近の新しい曲に関しては、とんとそういう事がありません。いったいどうしてなのでしょう。 小学生の頃。まだ英語なんて習ってもいないくせに、

2006/01/28(土) 22:02:00 | フィル通信

Joni Mitchell / Blue ('71) カナダからもう一枚。ジョニ・ミッチェル 『ブルー』このアルバムを聴くときは夜が良い。部屋の明かりを暗くして。目をつぶって。歌声とメロディを聴いていれば歌詞カードを読ま

2006/01/28(土) 22:36:37 | There's One In Every Crowd

| HOME |