レッド、ホワイト & ブルース

2005/05/25(水) 10:28:50 [ロックの話題]


遅ればせながら、マーティン・スコセッシのブルース・ムーヴィー・プロジェクトの一編、「レッド、ホワイト & ブルース」をレイト・ショーで。Clapton、Steve Winwood、John Mayall、Georgie Fame、Peter Greenなど、ブリティッシュ・ブルース黎明期の御大たち大量出演で大変楽しめました。こんなに爺ちゃんがたくさん出てくる映画は初めて見たような気がしますが(ちょいワルじいちゃん大集合!笑)、Jeff Beckのルックスとどうやってそんな音が出るの?って感じのギター・プレイと、Chris Farloweのやばい目付きが印象的。

あとVan Morrisonの歌は最高だったがTom Jonesの歌は暑苦しすぎるとか、アイパッチのじいちゃんがよくしゃべってたけど誰やったっけ?とか、Claptonだけ白バックで無精髭の顔大写しで画面が汚いとか、いろいろありますが、ビックリしたのがSister Rosetta Tharpe。ゴスペルのおばちゃんなのだが、3ピックアップの白いSGを弾きまくりながら、コーラス隊をバックに歌って踊って。異常にかっこいい!でもこの曲なぜかサントラには入ってないのが残念(別の曲収録)。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 3

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Tom Jones [ The Lead and How to Swing It ] 1994 '''Tom Jones [ The Lead and How to Swing It ] 1994'''恒例「いい顔のおやじジャケット」シリーズ第6弾。俺の胸毛を見ろ! 肩幅を見ろ! シャウトを聴け!いまどきメッシュのタンクトップだ!裏ジャケットはピチピチの赤いジャンプスーツだ! 

2005/06/07(火) 12:17:03 | Music Life

Atomic Rooster [ BBC Radio 1 Live in Concert ] 1972 '''Atomic Rooster [ BBC Radio 1 Live in Concert ] 1972'''ハモンドオルガンが核になっている英国プログレッシヴ・ヘビーロック・バンドの、これはChis Farloweがボーカルをつとめていた時期のLive盤。彼の大袈裟な歌い方がこのバンドには合ってい

2005/06/07(火) 12:18:19 | Music Life

Traffic [ Far from Home ] 1994 '''Traffic [ Far from Home ] 1994'''ソロで充分な成功を収めていたSteve Winwoodが旧友Jim Capaldiと組んで突然出した「Traffic」名義のアルバム。当時、発売直後にCDショップで見てビックリして試聴してみて最初の一音を聴いただけで買うことを決

2005/06/07(火) 12:20:35 | Music Life

| HOME |