シド&マルコム

2010/04/12(月) 19:04:47 [ロックの話題]

Sid Vicious
Playe Guitar Love用に描いたシドヴィシャスですよ。先日もちらっと紹介したミックファレン著「アナキストに煙草を」 では(シドのことは)特殊技能精神薄弱者と書かれてました(笑・シドこそ1978年の顔だったとも書いてます)。楽器は弾けないがベースを抱えた姿が絵になる男でしたね。

そういえばセックスピストルズのマネージャーだったマルコムマクラーレンが亡くなったそうですね。マルコムといえばピストルズの「The Great Rock'n'Roll Swindle」は当時何度も観ましたね~(レーザーディスクで・笑)。演奏シーンは少なかったけどウソ臭い感じが最高でした。あとマルコムが自分で歌手として出した曲“Buffalo Gals”(アルバム「Duck Rock」収録)。ボクはこれでスクラッチにハマりました(笑・1983年のことです)。
Malcolm McLaren

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

その映画!
あ、その映画!
「The Great Rock'n'Roll Swindle」は確かリバイバル上映で、吉祥寺バウスシアターだかどこかで学生時代に観ました。
結構、猥雑でB級で面白かった記憶があります。

ジュリアン・テンプルが監督していましたよね?なぜか中高生の頃にジュリアン・テンプルのPVが大好きでした。
オトナになった今ではなんで好きだったのか自分でもサッパリ分かりませんが! 笑

余談ですがパンクではピストルズよりダムド派です。

2010/04/13(火) 00:13:51 | URL | RAY [ 編集]

ジュリアン・テンプル
●RAYさま
「ビギナーズ」というしょーもない(失礼)映画もありましたね。80年代ですね~(笑)。最近、Dr.フィールグッドの映画をつくったらしいけどそれは観てみたいです。

ダムドのニニニッも好きですが、パンクはやっぱりラモーンズです(笑)。


2010/04/13(火) 09:17:52 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |