Sonny Landreth

2005/05/26(木) 17:43:06 [似顔絵ロック]

Sonny Landreth
ボトルネック・プレイを演ったことがあるギタリストなら、脳天をガチンとやられて目の周りにぐるんぐるんと星が飛び回った挙句ぶっ倒れそうになるくらい、圧倒的に凄いスライド・ギタリスト、Sonny Landreth。見た目からは想像つかないけどメチャメチャかっこいいロッカー(ギターだけじゃない!)ですよ。

Grant StreetGrant Street
これぞ今年発売された決定版ライブ・アルバム。トリオでこの演奏。お口あんぐり。基本的にはブルースマンなんだろうけど最高にロック。

Outward BoundOutward Bound
92年のサード・アルバム。彼のアルバムの中でもポップな一枚。いい曲いっぱいだが本人はいまいち一般ブレイクせず。ギター弾きすぎ?

Slow TurningSlow Turning / John Hiatt
John Hiattの88年の名作アルバム。ソロ・アルバムに比べて地味めの歌伴プレイもいい。Hiattの他のアルバムにはあんまりグッとこないけど、これだけは別。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 1

Comment


PALのコメンテーターなんですが、イラストと取り上げるArtistに感心しておじゃましました。S.Landrethの中でも異色のアルバムOutward Bound。実は数年前にあの老舗中古店「音盤組合」で300円というあんまりんな値段で箱の中に潜んでいたものを釣り上げました。しかしSSW的な側面が強調されたアルバムですが、ほんとイイ曲が多くて非常に得した気分になったのと同時にこうした音楽を心底いいなあと思える自分がちょっと誇らしく思えたのを覚えています。

2005/06/10(金) 00:55:31 | URL | garson [ 編集]


コメントありがとうございます。一瞬「音盤組合」ってなに?と思ってしまいました(笑)。しかし「Outward Bound」いいですよね。でもその後を考えると、これでブレイクしなくてよかったかも。しかしまあ300円とは。

2005/06/10(金) 11:59:03 | URL | yu-shio [ 編集]


TBどーもです。
ソニーランドレスの独特なスライド私もはまってますよ。
またblogにも彼についてかこうと思ってました。
今後ともヨロシクです。

それにしても絵うまいですね。
私のblogにコメントくれる方絵書く人いるんですが、すごく個性あって楽しいです。
特に私、絵大の苦手なもんで...(泣)

Tシャツ ブライアン,フレディ,ジョニー思わず欲しくなるくらい、いい感じですね!!

2005/06/11(土) 03:16:29 | URL | Yass [ 編集]


Yass様。ありがとうございます。Yassさんのblogには、私の好きなアーティストがたくさん登場するので楽しみにしてますよ。

2005/06/11(土) 10:56:18 | URL | yu-shio [ 編集]

トラックバックありがとうございます。

いや~、このソニー・ランドレスの似顔絵も、神経質そうなところが見事に出てますね~。次はGov't MuleやZZ TOPの似顔絵を観てみたいです。最近のオールマンのスライドコンビなんてのも良いですねえ。もっとも僕にギャラは払えませんが・・・。

>Hiattの他のアルバムにはあんまりグッとこないけど、これだけは別。

ジョン・ハイアットの“Beneath This Gruff Exterior”はどうですか?John Hiatt & The Goners名義で出たアルバムですが。僕はこれ、同じ年に出たソニーのアルバムより好きだったんですよね。

・・・などと書いている間に、ジョン・ハイアットのそのアルバムについて書いた事を思い出したので、古い記事で恐縮ですが、トラックバックさせて頂きます。

2005/09/07(水) 10:00:16 | URL | BoosterMania [ 編集]

こちらこそありがとうございます
> Gov't MuleやZZ TOPの似顔絵
はは、むさくるしい人たちですね。でも髭とか禿とか、特徴がはっきりした方が描きやすいです。気長にご期待ください。これからもよろしくお願いいたします。

2005/09/08(木) 14:01:11 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
John Hiatt & The Goners /           Beneath This... 2003年にリリースされたジョン・ハイアットのアルバムです。ジョン・ハイアットのアルバムですが、タイトルにもあるように、The Gonersというバンドのアルバムでもあるのです。そして、The Gonersには、昨日紹介したソニー・ランドレスがいるのです。・・・実は、このアルバ

2005/09/07(水) 10:00:24 | I Can Hear Music

| HOME |