It's Not Killing Me

2009/04/15(水) 19:26:21 [似顔絵ロック]

Michael Bloomfield
バタフィールドブルーズバンドやエレクトリックフラッグはともかく、スーパーセッションのイメージが強くてマイケル・ブルームフィールドは昔からどうもあんまり好きじゃなかったんですよ。ギターソロが延々続くのはちょっと苦手だったりして。でも最近69年の初ソロ「It's Not Killing Me」のへろへろブルースを聴いてかなり好きになっちゃいましたよ。あとニックグレイブナイツとのサントラ「Steelyard Blues」(1972)。いろんな曲があって、マリアマルダーが歌って、ポールバタフィールドがハープを吹いて。ナイスです。ちょっと敬遠してた後期のソロも聴いてみたくなってきましたよ。Player Guitar Love用に描いた絵でした。
It's Not Killing Me / Michael Bloomfield Steelyard Blues / Nick Gravenites Michael Bloomfield

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Comment

いいとは、聞いていますが
右のアルバム。
未聴です。

マイクもすきですけど、私としてはニックが気になります。

2009/04/25(土) 16:18:48 | URL | KAT [ 編集]

これがなかなかです
●KATさま
ニックお好きですね~(笑)。
マイクとはけっこう一緒に作品つくってますよね。

2009/04/25(土) 20:20:26 | URL | yu-shio [ 編集]

ニック、好きです
04年のシカゴ・ブルース・リユニオンでは、椅子にすわりっぱなしだけど、素晴らしいブルース・シンガー・ソングライターですね。

2009/04/25(土) 21:36:45 | URL | KAT [ 編集]

たしかに
●KATさま
いいですよね。しかしまだやってるんですね。
いつまでもやり続けて欲しいものです。

2009/04/25(土) 23:19:34 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |