All I Wanna Do (Is Be with You)

2009/03/19(木) 17:33:24 [似顔絵ロック]

Paul Weller
最近はライブ意欲が低下しててさっぱりチェックしてなかったためぜんぜん知らんかったのですが、もうすぐ来日するらしいポール・ウェラーさんですよ。まあいったい何回来日しとんねんって感じですけど、そういや昔はしょっちゅう来日するアーティストを“ベンチャーズ状態”と言ってましたね~(失礼・笑)。さてウェラー氏、CDやDVDも順調に出してます。僕もCDが出るたびに聴いて、ええやんこれ、とは思うけれどもその後何度も聴かないんですよね。昨年の「22 Dreams」も多分一回しか聴いてないと思いますよ。聴いたときは、おおっこれは近年でも素晴らしい出来やん、と感じたのは間違いないんですけど、もう一回聴こうと思ったときに、これ70分ちかくもあるんか~とちょっとめげること数回。現在に至ってます。できればひとつ30分くらいにしていただければありがたいんですが、、(ファンのみなさま、ゴメンナサイ・笑)。てなわけで、Player Guitar Love用のイラストでした。
22 Dreams / Paul Weller At The BBC / Paul Weller
▲右の4枚組「At The BBC」はいまだ全部聴けてません(笑)。

★ポールウェラーの絵はこちらのリストにも。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 2

Comment


こんにちは。ポール・ウェラー博士が通りますよ 笑

”22 Dreams”は2回目以降に聴いてもいい音出しているアルバムなので、もっと聴いてあげて下さいませ。
来月頭のライヴももちろん行きますよ!
中学生でスタカン観て以来、9回目のポーウ・ウェラーとのご対面です。

「いったい何回ライヴ観とんねんっ」と言わないで下さいね 笑

2009/03/20(金) 16:10:34 | URL | RAY [ 編集]

迷い人・・・です !!
yu-shioさん、はじめまして !!
迷いこんでここへやって来ました。
おもしろいサイト(ブログ)ですね!

イラストも抜群でその才能にすごく憧れますし羨ましさを覚えました^^
ボクも少しロック風ギターを弾いてますので、暇な時に聴きに”迷い込んで”くださいまし・・!

2009/03/21(土) 00:10:48 | URL | bunta52 [ 編集]

聴きましょう(笑)
●RAYさま
ポールウェラー9回目ですか。観てますね~。何回観とんねん!って、、ま、僕もストーンズ10回くらいは観てますが(笑)。

2009/03/21(土) 11:20:41 | URL | yu-shio [ 編集]

いらっしゃいませ!
●bunta52さま
お褒めいただきありがとうございます。
ロックが好きなだけなのですが、また遊びに来てくださいませ。
bunta52さんちにも遊びに行かせて(迷い込ませて)もらいますね。

2009/03/21(土) 11:23:45 | URL | yu-shio [ 編集]

はは
激しく同意します。
何か知らないけどPaulWeller先生には僕も良心的な感情とネガティブな感情が入り混じってます。

理由は今でも不明。
明らかに好きだけど冷めちゃう、そんな感じです。ま、総じて言うとファンなんですけどね。

ずっと連れ添ってるドラムの人が余り好きになれない事が起因してるのかもしれません。ちょっと音色が白過ぎる印象です。

2009/03/25(水) 23:20:36 | URL | 中野 [ 編集]

え~っと
●中野さま
僕の場合はジャムとスタイルカウンシル(とくに後者)が大好きだったので、ソロになってからの王道ロック路線にどうも違和感があるんだと思います。そういうのはウェラーがやらなくても、、なんて思ったりもして(笑)。

2009/03/26(木) 15:14:44 | URL | yu-shio [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
Paul Weller@SHIBUYA AX だいぶ時間が経ってしまいましたが、サマソニより2日前の8/7(木)、ポール・ウェラーの単独ライヴにも行ってきました。 午後半休して速攻で...

2009/03/20(金) 16:06:28 | RAY\'s Favorites

Paul Weller ポールウェラーを最初に見たのは2004年のロックオデッセイだった。 当時、ソロもJAM時代のものも聴いたことがなくて、ポールウェラーよりもTHE W...

2010/06/02(水) 12:41:56 | IDIOT FACTORY

| HOME |