The Last Soul Man R.I.P.

2014/06/28(土) 17:08:27 [似顔絵ロック]

Bobby Womack caricature

ボビーウーマックさんがお亡くなりになったそうで、、。大昔、「Safety Zone」を聴きまくって以来大好き。あと「Greatest Hits」(←でっかくBWって書いてあるやつ)もしょっちゅう聴いてました。“Daylight”がホント大好きで、、今でも一番好な曲かも、、R.I.P. 。
Safety Zone / Bobby WomackSafety Zone / Bobby Womack

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Silver Moon

2014/06/24(火) 20:11:46 [ロックの話題]

Michael Nesmith caricature

ちょっと前に手に入れてちょくちょく楽しんでるのが(元モンキーズっていうよりカントリーロッカー)マイケルネスミスの「Live At The Palais」ですよ。1977年のライブ。大好きな“Silver Moon”が若干スローに演奏されてたりしてホントいい感じですね~(茨城放送で大人気、、ってライナーに書いてあります・笑)。ほっこりしますわ。CDはエラい価格になってるんでもちろんアナログですよ。
Live at the Palais / Michael NesmithLive at the Palais / Michael Nesmith

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Niagara Moon

2014/06/17(火) 18:28:39 [似顔絵ロック]

大滝詠一 caricature

大滝詠一師匠。「ロンバケ」はもしかしたら途中までしか聴いたことはないかもしれないけれども(一応CDはあります)、「ナイアガラムーン」は大好物ですよ。曲もアレンジも演奏も最高。いつもニヤニヤしながらカッチョエ~とかファンキー!とかイエイ!とかニューオリンズ!とか喚きながら聴いてます。30周年盤はインストバージョンが大量に追加されてるのですが、演奏がもう素晴らしすぎて、インストかよ!と不満を言う間もなく踊りだしたりして。
Niagara Moon 30th Anniversary Edition / 大滝詠一Niagara Moon 30th Anniversary Edition

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Night Train

2014/06/13(金) 18:48:01 [ロックの話題]

Georgie Fame caricature

ジョージーフェイムさんのデビュー作にして名盤と言われるライブ作「Rhythm And Blues At The Flamingo」Rhythm And Blues At The Flamingo / Georgie Fame。以前、紙ジャケで初めてCDになったときに買い忘れて(というか紙ジャケ嫌いなので迷ってたら速攻無くなってた)少々悔やんでいたところ、このたび通常プラケースでお安く再発。ワタクシもついに手に入れましたよ。相変わらず紙ジャケがどうも好きになれないのでよかったんですかね~。めでたしめでたし。しかし当時のロンドンでは夜な夜なこんなライブが繰り広げられてたんでしょうね。

Zoot! / Zoot Money's Big Roll BandZoot! / Zoot Money's Big Roll Band
▲ジョージーさんの小粋さはないけれど汗が飛び散るズートさんも最高!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Let's Go Get Stoned

2014/06/09(月) 19:20:47 [ロックの話題]

EverydayRock T Shirt ray charles caricature
T-Shirt "Let's Go Get Stoned"


てなわけで、「ボブディラン自伝」の“オー・マーシー”の章を読んでみたらやっぱりなかなかなことになってましたね。といっても御大のこと、イマイチわかったようでわからないのですが(ラノワの方はさらっと書いてあったし)。ま、無事アルバム完成してめでたしめでたしなんでしょう。

そんなこんなでレッツゴーゲットストーンドですわ(笑)。久し振りにアシュフォード&シンプソン聴こ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Soul Mining

2014/06/07(土) 21:05:43 [ロックの話題]

Daniel Lanois caricature

ダニエルラノワさんの音楽的自伝「ソウルマイニング」を読みましたよ。Soul Mining / Daniel Lanois内容紹介に書いてあるように、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、エミルー・ハリス、U2、ピーター・ガブリエル、ネヴィル・ブラザーズ、ニール・ヤング…… 彼らのベストアルバムは、ダニエル・ラノワのプロデュースだ、、、とは思ってなかったし(例えばニールの最高傑作が「Le Noise」ってことはないでしょ。好きですけど)、プロデュース作はみんな「ラノワのの音」になっちゃう気がして、、、。

音の追及はやっぱり凄いですね~。新しい音が生み出されるところはホントおもしろい。仕事はこれくらいやらんといけませんね。これ読んでからCDを聴くと印象変わっちゃうかもしれんな~。あとであんまり好きでなかったのん聴いてみよ。それとディランとはいろいろあったはずなので、久し振りに「ボブディラン自伝」の方も読んでみましょうかね。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |