Take A Walk On The Wild Side

2013/10/29(火) 20:17:10 [似顔絵ロック]

Lou Reed Caricature

ルーリード(Lou Reed)さんがお亡くなりに、、

合掌。

大好きな二枚聴きます。
Coney Island Baby / Lou Reed Live In Italy / Lou Reed
▲昔は「Transformer」とか「Berlin」、「New York」なんかをよく聴いたもんですけど現在はダントツにこの二枚が好き。ヴェルヴェッツは別、、、ですけど。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ボツ画

2013/10/25(金) 18:52:29 [ロックの話題]

ボツ画像
ちょっと前に某社へ提出した「こんな感じのタッチでどうでしょう的なラフ画」。マンガ風。誰、というわけではありません。で、ボツ(笑)。

、、とまあそれだけではなんなので最近手に入れたCDをひとつ。
The Concert For The Rock And Roll Hall of Fame
▲1995年の「The Concert For The Rock And Roll Hall of Fame」ライブ二枚組。ボクの大好きなアルグリーンの歌う“A Change Is Gonna Come”が聴きたくて。ロックの殿堂にも興味無いし、この手のアルバムはそんなに好きではないうえ、ジャケもウ~ンって感じですが、オールマンズ、ジャクソンブラウン、ディラン、スプリングスティーン、アレサ、ジョニーキャッシュ、JB、ジョンフォガティ、プリテンダーズ、、などなど好みのアーティストばかりだったので、、。もちろん中古です。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Pissin' In The Wind

2013/10/22(火) 17:23:57 [似顔絵ロック]

Jerry Jeff Walker caricature

トッドスナイダーのジェリージェフウォーカーのカバーアルバムを聴いたら、当然のごとくホンモノを聴きたくなったのでさっそく。とくに好みの音である「Ridin' High」と「It's A Good Night For Singin'」の二枚。いつまにかCDになって(または再発されて)ますよ~。いずれも他のアルバムとのカップリングですが。
It's A Good Night For Singin' & Contrary To Ordinary / Jerry Jeff Walker Walker's Collectibles & Ridin' High / Jerry Jeff Walker
▲やっぱええわ~。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

How Sweet It Is

2013/10/16(水) 20:49:22 [似顔絵ロック]

Jerry Garcia Grateful Dead caricature

グレイトフルデッドやジェリーガルシアバンド(Jerry Garcia Band)の次々と発売されるライブアーカイヴを追っかけるのはとっくにあきらめてますが、最近発売されたガルシアバンドの「Garcialive 2: August 5th 1990 Greek Theater」ってのがちびっと気になってますよ。なぜなら同年(1990年)のライブ「How Sweet It Is」が大好きだから。ボクの場合通常90年代よりも70年代の音楽が大好きなんですけど、ジェリーのギターサウンドは後年の方がめっちゃ色気があって好きなんですよね。とろけるような音。最高。
Garcialive 2: August 5th 1990 Greek Theater / Jerry Garcia Band
Garcialive 2: August 5th 1990 Greek Theater / Jerry Garcia Band


▼こんなTシャツはいかがでしょ。
EverydayRock T Shirt Jerry Garcia Caricature
Rock T Shirt "The Slide Area"


記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Time Will Tell You Well

2013/10/12(土) 19:03:13 [似顔絵ロック]

Robbie Robertson The Band caricature

てなわけでラストはロビーロバートソン(Robbie Robertson)先生ですよ。レヴォンさんのファン、とくに「ザ・バンド 軌跡」を読んだ人には評判悪そうなロビーさんですが、彼がいなければザバンドはビッグな存在になれたかどうか、、。

まだまだ「Live at the Academy of Music 1971」は聴いてないけれども、レビューの賛否両論っぷりが面白いですな。

さあ最初に戻ってビッグピンク聴きましょか。

★ロビーさん、もうちょっとお歳を召してからのお姿はこちらをどうぞ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Whispering Pines

2013/10/09(水) 01:09:46 [似顔絵ロック]

Richard Manuel The Band caricature

お次は、今や涙なしでは聴けないソウルフルヴォイスのリチャードマニュエル(Richard Manuel)さんですよ。久し振りにソロライブアルバム聴いてみましょか。いや~あれは切なくなるから今度にして、マニュエル氏のリード曲ばかりを集めた「The Moon Struck One」にしときますわ。
The Moon Struck One / The BandThe Moon Struck One / The Band

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Chest Fever へ

2013/10/07(月) 16:31:54 [似顔絵ロック]

Garth Hudson The Band caricature

そして本日は音の魔法使いガースハドソン(Garth Hudson)氏ですよ。
相変わらず「Live at the Academy of Music 1971」は聴いてないけれども、「Rock Of Ages」の“The Genetic Method”~“Chest Fever”あたりを久し振りに聴いちゃいました。かっちょええわ~。やっぱり。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

This Wheel's On Fire

2013/10/05(土) 13:50:02 [似顔絵ロック]

Rick Danko The Band caricature

ザバンドのライブアルバム「Rock Of Ages」Live at The Academy / The Bandの拡大版、、というか一言で説明しにくいセット「Live at the Academy of Music 1971」が発売されましたね。ディスク1と2がベストオブ4日間(1971 12/28-31)でボブクリアマウンテンのミックス、ディスク3と4が大晦日のサウンドボードミックス。前者のクリアな音が素晴らしいとかザバンドらしくないとか話題みたいですが、ボクが気になるのは実際のライブに則った(まったく同じかどうかは知りません)後者とかなり曲順が違うこと。4日間それぞれセットリストが結構違ったんでしょうか。それもらしくない気がして。ま、手に入れてないし聴いてもいないんですけどね(笑)。

てなわけでバンドで一番ロックな若いころのリックダンコ(Rick Danko)さんでした。(体格大幅アップの)後年のお姿はこちらをどうぞ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ジェフズブギは9曲目

2013/10/01(火) 20:43:23 [似顔絵ロック]

Jeff Beck caricature

ベックボガート&アピスのライブ(In Japan)は当時からミックスがひどいとか曲順がむちゃくちゃやと言われてたワケですが、もちろんワタクシは激しく熱狂しつつ聴き倒したものでありました。当時は実際の曲順は知らなかったし音もひどいなんて思ってなかったですよ。しかし実際の曲順を知ったときはカセットテープに曲順通り録音して聴いてみたりして。まあ歓声などでつながってる曲もあったりして違和感ありだったような記憶。忘れたけど。

今はCDもあるしまたやってみようかな~なんて思ってたら(ウソ)、曲順も音も問題解消の40周年記念盤ってのが発売されるとのこと。いや~聴いてみたいっす。
Live In Japan 40th Anniversary / Beck Bogert & Appice
Live In Japan 40th Anniversary / Beck Bogert & Appice


記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |