メンフィスへの道

2012/01/30(月) 13:34:25 [ロックの話題]

Ian Hunter Mott The Hoople caricature
たまたまYouTubeでモットの「All The Way From Memphis」とか「All The Young Dudes」のライブ映像を観て、久し振りにモットザフープルはまり中。アリエルベンダーのギターがアホでかっちょええわ~。ソロアルバム(ルーサーグロブナー名義)はけっこう地味なのに。オレもレスポールJr.引っ張り出してきますかね~。
Live at the Hammersmith Apollo 2009 / Mott The HoopleLive at the Hammersmith Apollo 2009
▲そういえばまだ聴いてなかった。ここでのギターはミックラルフスか、、。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

デッカとイミディエイトのデラックス

2012/01/27(金) 19:34:32 [似顔絵ロック]

Steve Marriott Small Faces caricature

いや~寒いですね~。毎日炬燵にもぐりこんでまんじりと身動きせずときどきおもむろに起き上がって酒飲んでまたもぐりこんで、、な生活。炬燵に入るととうぜん靴下を脱ぐほうが気持ち良いので滅多なことでは空気が冷たい炬燵外に足先をさらすなんてことはないですよ。そして炬燵の中からかろうじて手を伸ばしてインターネットサイトを眺めていたら発見したのが我らがスモールフェイセズのデラックスエディションが発売されるという情報。それもデッカとイミディエイト両方の「Small Faces」。ファーストとサード。さんざん掘り返され掘り尽くされたアルバムたちのデラックス盤。どちらも二枚組ですがどんなんでしょね。どちらも大大好きなボクとしては期待しちゃいますよ。ってなわけでPlayer Guitar Love用に描いたスティーブマリオットさんですよ。
Small Faces (Decca) / Small Faces Small Faces (Immediate) / Small Faces
▲デッカ盤の方が高いのはなんでやろ?

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Milestones

2012/01/23(月) 18:02:05 [似顔絵ロック]

Miles Davis caricature

リットーミュージック各誌に掲載された(掲載中?)広告用に描いたマイルスデイヴィスさんですよ。怖いですね~(笑)。

▼これが広告全体。
Miles Davis caricature
ボクがぜんぶ絵を描いてデザインしたものですよ。マイルスの色はちょっと変えてます。

Twenty Classic Albums / Miles Davis
Twenty Classic Albums / Miles Davis


▲やっすいですね~。びっくり。ロリンズとかミンガスとかコルトレーンなんかもあるやないすか。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ほんまか Really?!

2012/01/21(土) 22:13:58 [ロックの話題]

Really?! / 山岸潤史

昨年末、吉田カツさんが亡くなられた(合掌)のをふと思い出して山岸潤史の「Really?!」を久し振りに。時代はフュージョン。この作品も。でもラストの一曲がイイんすよ。“That's Where My Heart Is”。ギターはもちろん、短いけどオルガンソロ(国府輝幸)が大好き。あっ当然ながらジャケ絵も最高です。

POPULAR / 吉田カツPOPULAR / 吉田カツ
▲今見ても刺激的な1985年の「POPULAR」。かっこええなあ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Dust My Blues

2012/01/19(木) 21:13:51 [似顔絵ロック]

Elmore James caricature

たまに、リフォームはいかがですか?とか、墓地のご用命は?とか、畳はいらんかね?とか、めっちゃ儲かるハナシありまっせ、、などといった売り込みの電話がかかってくるわけでありますが、これから見ず知らずの人になにがしかを売り込もうとしているにもかかわらず、そのほとんどが自らが先に名乗らずいきなり○○さんですか?と問い質してくるのはなんだか不愉快ですよ。当方の名前を問い質された後、それに対する回答をせずすかさず逆に相手の名前を問い質してみるのですが、相手の名前を問い質し返している時点で当方が○○さんであることを認めてしまっているわけで、悔しさもひとしお。う~む。どうすればこの腹立ちを収めることができるのか。次回に備えての対策はいかように立てるべきか。

まず、名乗らずに当方の名前を聞こうとした時点でガチャンと激しく電話を切ってしもたろかいなと思ったりもしたけれど、稀に当方にとって必要な電話である場合がないわけではないのでこれは難しい。次に、常時留守番電話状態にしておき、留守電相手に相手がしゃべり始めたところで当方が必要で判断した場合に限って「スンマセンスンマセン、留守電切るの忘れちゃって、、てへへ」などともごもご言いながら受話器を取るってのを考えたが、留守電とわかった時点でガシャンと切る人が多く、留守電になんにも残さないなどという不毛なことをする奴はつまらない売り込みに違いねえと思いつつも、もしかしたらなにか急ぎの用だったのかしらん、、と心の奥にちょっとした呑みこめないものが残ってしまう小市民であるため却下。

で、ダイレクトに先に名乗らなかったことへの不快感をストレートに表するべく「○○さんですか?」に対して「自らは名乗らずに人の名前を問い質そうとするあなたは一体ぜんたいどこのどなたですか?」と返答してやろうかなと考えているのでありますが、相手が当方の思いがけない反応に対して事態が把握できず「えっ?」とか「はっ?」とか絶句されりしたときに、もう一度躊躇うことなしに同じ言葉を投げつけることができるかどうか甚だ疑問なのが難点。当方としてもできればこんなことは言いたくないわけで。つまらないギャグをつまらないと自覚しつつ発したのを、えっ?と聞き返されもう一度言わされるのと同様の恥ずかしさに苛まれそうな。そして何度も言わされた揚句噛み砕いて説明してもまったく当方の怒りを理解してもらえなさそうな、、。

というわけで、Player Guitar Love用に描いた、下唇をつきだして不満げな(ウソ)エルモアジェイムズさんですよ。
King Of The Slide Guitar / Elmore JamesKing Of The Slide Guitar / Elmore James
豪快スライドでも聴いて気分一新ですな。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ECサンバ

2012/01/16(月) 20:48:34 [似顔絵ロック]

Eric Clapton caricature

今年も某社年賀状用のイラストを描きましたよ(上の絵)。

しかし、今年もEC、来日するんでしょうかね~。
人気あるんでしょうね。

昔は、しょっちゅう来日することを、ヴェンチャーズ状態、なんて言ってましたが、変えた方がいいかも(既に言われてるかも、、)。

そういえば最近(でもないか、、)、ファーストソロアルバムのクラプトンミックス(??)ってのを聴きましたが、かなり荒々しくて完成度は低いかもしれないけれど(そして深みもないかもしれないけれど)発売された二つのバージョンより好きでしたね~(“Slunky”にいきなりギターソロ!)。さらにデラボニっぽい気がしたりして。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

True Love Travels On A Gravel Road

2012/01/13(金) 22:43:15 [似顔絵ロック]

Elvis Presley caricature

昨年の「オールドマジック」がホント素晴らしかったニックロウは昔から好きでしたが、本格的に好きになったのは「インポッシブルバード」からかも。そしてこれ聴くと必ず聴きたくなるのが、エルヴィス(プレスリー)1969年のメンフィスレコーディング。いや最高。ガキの頃は、エルヴィスなんて、、と思ってたけどやっぱ最高。スワンプロック最高。ロックンロール最高。イエ~イ。ま、68年のカムバック以前のポピュラーナンバーの数々は今でもちょっと、、ですけどね。てなわけで、Player Guitar Love用に描いたキングエルヴィスでした。
From Elvis in Memphis Legacy Edition / Elvis PresleyFrom Elvis in Memphis Legacy Edition / Elvis Presley

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

サイケデリックロックポスター

2012/01/11(水) 15:54:01 [ロックの話題]

Charlatans

原宿で「PSYCHEDELIC CIRCUS -ART OF ROCK EXHIBITION-」に行ってみましたよ。60~70年代のサイケなロックポスターがたくさん。いやエエですな。極彩色ですな。時代を感じますな。サンフランシスコですな。すげえバンドばかりですな、、、。文字が読み取りにくいものが多くて、現在だったらなんのコンサートかわからん!、、などと却下されそうなデザイン多数。一発キメて見てみるとスッとわかるんかもしれませんが(笑)。

上の三連作は、色とイメージの洪水(こんな感じ)の中、ちょっとホッとしたデザイン。シャーラタンズ。ボクの好きなマイクウィルヘルムとダンヒックス。当然ながら帰宅して彼らのアルバム聴いちゃいましたよ。
Amazing Charlatans / CharlatansAmazing Charlatans / Charlatans
▲レトロ&サイケ。ナイス!

▼このチャックベリーもいい感じ。
Chuck Berry

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

The Complete Record Cover Collection

2012/01/10(火) 03:34:11 [ロックの話題]

The Complete Record Cover Collection / Robert Crumb
The Complete Record Cover Collection / Robert Crumb


ロバートクラムの「レコードジャケット絵」画集。ええですなあ。年末に買っちゃいました。外箱の真ん中に丸く穴が空いてて(レーベル面を摸したカラー部分は中身の表紙)なんだかいい感じですよ。





記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

トム R.I.P.

2012/01/08(日) 02:38:22 [ロックの話題]

Tom Ardolino NRBQ トムアルドリーノ caricature

う~~~~新年早々残念です。
いつかぜひぜひ黄金期メンバーのQを観たい!と思ってたのにいっ、、(合掌)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

2012年。“胸いっぱいの愛を”ですね

2012/01/05(木) 18:24:40 [似顔絵ロック]

jimmy page caricature

いやいやもう5日ですか。2012年もあっという間に過ぎ去りそうな勢いですね~。

てなわけで、年末はドラゴンジミーちゃんで締めたので、年始もなんだか白髪になってイイ感じになってきたジミーちゃんで明けてみました。本年もよろしくお願いいたします。

It Might Get LoudIt Might Get Loud
▲そういえば「ゲットラウド」ちょっと観たかったんですがまだ観れてないですね~。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |