Almost Electric

2009/05/31(日) 20:28:01 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-099
タイダイではないですけども、、ロックTシャツ新作です。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Black Exploitation

2009/05/30(土) 20:10:57 [ロックの話題]

Priest of Superfly
マーヴィンゲイ「トラブルマン」、ボビーウーマック「110番街交差点」、ロイエアーズ「コフィ」、アイザックヘイズ「シャフト」、グラントグリーン「ファイナルカムダウン」、メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ「スウィートスウィートバック」、ジョニーペイト「ブラザーオンザラン」、、、サントラはいっぱい聴いてるけれども(どれも独特の雰囲気があってカッチョイイです!)じつのところ映画自体はほとんど観たことがないのが所謂70年代ブラックムーヴィ。その中で多分唯一観たのがカーティスメイフィールド「スーパーフライ」ですよ(しゃべりタランティーノ「ジャッキーブラウン」は観ましたけどね)。他愛ないストーリーはともかくダサかっこいいファッションやブラックたちの動き、時代の空気は最高だった記憶あり。とくに主人公プリーストのヘアスタイルはなかなか真似できんでしょ(笑)。
Superfly Superfly / Curtis Mayfield
▲たしかカーティスのライブシーンもあったはず。サントラもめっちゃかっこよし。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Friend Of The Devil

2009/05/28(木) 18:36:29 [ロックの話題]

Jerry Garcia Grateful Dead
先日の13th Floor Elevatorsであたまがサイケにグルグルだし、United States Of AmericaやNew Tweedy BrothersやGandalfのそれぞれ一枚しかない(多分)アルバムを聴いたのですが、オモロイ(とくにUnited States Of America)けれどもいまいちロックが足りない気がして。はて次はこの極彩色に輝いてる最中の頭で何聴いてこましたろとグルグルドカーン体操を行いつつ長考、今聴いておるのがまたまたGrateful Deadですよ。フォーク、カントリー、ブルーズ、R&B、ロックンロール、サイケデリック、、、アメリカンロックのいいとこをいっぱい飲み込んだ“The American Band”デッド最高。聴いてるのは「Dick's Picks Vol.8」。1970年5月2日のライブ三枚組。一枚目がアコースティックセットで、これ、当時珍しかったんではないでしょか?
The United States of America / The United States of America The New Tweedy Brothers / The New Tweedy Brothers Gandalf / Gandalf Dick's Picks Vol.8 / Grateful Dead
▲いちばん右がデッドのライブですよ。デッドヘッズのみなさんにすっごくよかったと認定されてる日のライブだそう。


記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

You're Gonna Miss Me

2009/05/26(火) 23:48:37 [ロックの話題]

Roky Erickson
13th Floor Elevatorsのアルバムを三枚続けて聴きましたよ(それぞれボーナストラック約10曲!)。アタマがプクプク音でいっぱいです(笑)。これ、エレクトリックジャグっつう楽器(?)らしいですね~。映像観ると壺に顔を突っ込んでますよ!
Psychedelic Sounds Of The 13th Floor Elevators Easter Everywhere / 13th Floor Elevators Bull of the Woods / 13th Floor Elevators



記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Journey Through The Past

2009/05/24(日) 20:46:38 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-098
新型インフルに効くロックTシャツを研究中ですが、なかなかうまくいきませんね~。今回の新作はちょっと効きそうな気もしないではありませんが(ウソ)どうでしょう。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Young Gifted & Black

2009/05/23(土) 20:36:15 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-097
こんにちは。自称剣道2段のボクです。ギターは3級ですが、でっかいアフロには目がありませんよ。でもエリカバドゥとかアールグレイハウンドとかベティデイヴィスなどなど、、ついつい買っちゃうけど今はもう持ってなかったりして(笑・一番きっついベティはまだ持ってました!)。そんななか最近知ったデカアフロ。こんどはジャズですよ。ウッドベース弾きながら歌っちゃいますよ。かっこいいですよ。
Esperanza / Esperanza SpaldingEsperanza / Esperanza Spalding
▲僕の好みだともうちょっと尖った部分があればさらに嬉しかったりして。

てなわけで、新作はデカアフロTシャツです!!

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Take the "A" Train

2009/05/22(金) 20:14:29 [似顔絵ロック]

Richard Tee
Player Guitar Love用に描いたリチャード・ティーさんですよ。大昔、スタッフやなんかで何回か観たことがありますが、ぐいのりピアノ最高でしたね~。とくにスティーブガッドとのピアノ&ドラムデュオはもうびっくりですわ。もう観れないんですね~。
Strokin' / Richard TeeStrokin' / Richard Tee
▲今でもたま~にガッドとデュオの“A列車で行こう”聴いてます。かっこいい!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

オレのアメリカンロックギタリスト

2009/05/21(木) 17:03:34 [ロックの話題]

Duane Allman
レコード・コレクターズ 2009年 06月号昨晩、酔っ払ってレコードコレクターズの特集「American Rock Guitarist」を眺めてたら嫁に、チミのアメリカンロックギタリスト・ベスト10は誰かね?、と問われ、酔の回った頭でテキトーに列挙したのが以下のギタリスト。ただし、一番下の二人は昨晩別のギタリストをセレクトしたものの、今朝酔いの醒めた頭で見てみると所謂ロックギタリストではないような気がして差し替えたもの。あらためて考えるに他にもおるやろ!ってな感じもするけど、ま、こんなもんです(好きな順ではありません)。

★ Johnny Winter
★ Neil Young
★ Lou Reed
★ Duane Allman
★ Jesse Ed Davis
★ Lowell George
★ Leslie West
★ John Cipollina
★ Robbie Robertson
★ Jerry Garcia

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Soul Makossa

2009/05/19(火) 17:29:47 [ロックの話題]

David T. Walker
最近、仲間内でジャズファンクとかアフリカものとかブラジルものとかが流行っておるのですが、こういうブームってのは長いこと音楽聴き続けてると繰り返し訪れるもんですね~、ジャズに最初にハマッたのは大学生のころやったね、個人的ユッスー(ンドゥール)ブームがやってきたのはあのときやったね、、なんて遠い目になったりする今日この頃。ときには、例えばブルーズばかり聴き続けて深みを極める人間になりたいと思うこともありますが、やっぱそういうのは無理っぽいですよ。死ぬまで、今日はブラジル明日はアフリカ明後日はパブロック、、といろんな音楽の小ブームを繰り返してしまう深みのない人間のままなんでしょうね(笑)。

Soul Makossa / Afrique Plum Happy / David T. Walker
▲てなわけで久し振りに引っ張り出してきた2枚。左はデヴィッド T ウォーカーを中心にチャックレイニー、ポールハンフリー、チャールズカイナードなどによるグループ、アフリークのジャズファンク作「ソウルマコッサ」(1973)。タイトル曲があのマヌディバンゴの曲ってところで内容は推して知るべし(?)。CDになってたとは知りませんでした。右はデヴィッドTのサードソロ(1970)。ジャケでわかるとおりのいつものデヴィッドTらしくない(?)ファンク作ですよ。どちらもワウプレイ効きまくり。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

One More Saturday Night

2009/05/17(日) 15:07:15 [ロックの話題]

Bob Weir Grateful Dead
フランケン vs 宇宙人は宇宙人の勝ち~。全員野球で頑張るそうですが、ホントに党員みんなで野球やり始めたら笑ろてまいますな。てなわけで(?)ここはひとつ、エースのボブにご登場願いましょかね。
Ace / Bob WeirAce / Bob Weir
▲73年のファーストソロ大好き。デッドのライブでもお馴染みの曲いっぱい。ガキのころはとくに“Dark Star”より“One More Saturday Night”の方がわかりやすかったし。

Heaven Help The Fool / Bob Weir Bobby & The Midnites
▲まあその後のソロ作品はそんなに好きでもないですけど、、。左は78年のソロ二作目。右はなぜかビリーコブハムとかアルフォンソジョンソンなどと組んだボビー&ザ・ミッドナイツ名義のアルバム(81年)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Brown Funk !

2009/05/16(土) 01:28:04 [似顔絵ロック]

ロックTシャツ TS-096
いや~相変わらずデッド漬けな毎日(ライブだと三枚四枚組は当たり前、一作品聴いただけでもデッド漬けな感じになっちゃうんですけどね。最近は70年くらいのアコースティックなのが気に入ってますよ。“Friend Of The Devil”が大好きなんですが、70年代後半になるとアレンジ変わってしまうんですよね~)なんですが、ファンクTシャツ新作ですよ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

デッド(続き)

2009/05/14(木) 21:19:53 [ロックの話題]

ロックTシャツ
このところライブのデッドを延々聴きまくって我を忘れておったわけですが、ところでデッドのスタジオ盤で好きなアルバムはなんやろ?なあんて考えてみましたよ。ただし80年以降のスタジオ盤は聴いたことないので多分残りは10枚くらい。その中から3枚ほど選んでみますと(順不同)、、

Blues For Allah / Grateful Dead From The Mars Hotel / Grateful Dead From The Mars Hotel / Grateful Dead

わりとフツーでしたね(笑)。あと、ローウェルジョージのプロデュース作「Shakedown Street」の“France”っていう曲が好き。初期の三枚は、今聴くと昔より好きになっちゃいそうな予感です。しかしどれもこれも現在はボーナストラック満載なんですね~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

デッド

2009/05/13(水) 23:59:04 [ロックの話題]

某タレント酔っぱらって裸になっちゃった会見と某政治家辞任会見を見るともなく見てると芸能記者と政治記者はほとんど同じようなもんなんやねえと感じつつ、地デジカ(着ぐるみ)の中にはその某酔っぱらって裸タレントが入ってるんではないかと疑いつつ、週刊誌は新聞広告や中吊り広告の方が本誌より断然おもしろいな~なんて思いつつ、デッドを聴いております。延々とライブ音源を聴いてるといろんなことがどうでもよくなったり、、、(本日は絵なし)。
Fillmore East April 1971 / Grateful DeadFillmore East April 1971 / Grateful Dead
▲例えばこれ。1971年フィルモアイースト。5時間近くやっておりますです。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ガ・ガ・ガ・ガ・ガ

2009/05/11(月) 22:58:06 [似顔絵ロック]

忌野清志郎

ヒロトの弔辞最高。テレビでは竹中と大竹のばかり流れるけど。

まあいいや。



記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Uncle Funky !

2009/05/09(土) 18:00:53 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-095
連日でスミマセン。アンクルファンキー!なロックTシャツ新作ですよ!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Freak Out !

2009/05/08(金) 23:59:44 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-094
「贋作王ダリ - シュールでスキャンダラスな天才画家の真実」なる本を読んだのですが、おもしろいっつうかマジですかっつうか嘘やろいやホンマかなやっぱりな、、みたいに楽しめましたよ。かなり笑えるし。う~ん。
贋作王ダリ - シュールでスキャンダラスな天才画家の真実
てなわけで、関係ありそでなさそなフリークアウト!なロックTシャツ新作ですよ!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

タルちゃん

2009/05/07(木) 20:18:11 [似顔絵ロック]

Tal Wilkenfeld
いまやジェフベックのライブには欠かせない存在となっている(らしい)女性ベーシスト、タル・ウィルケンフェルド。お若いのに凄い腕前。ソロアルバムも出してるみたいですよ。Player Guitar Love用に描いたタルちゃんでした。
Transformation / Tal Wilkenfeld Live At Ronnie Scotts Club / Jeff Beck

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Godfather Of Soul

2009/05/05(火) 21:00:21 [似顔絵ロック]

James Brown
Player Guitar Love用に描いたジェイムズ・ブラウン。言わずと知れたゴッドファーザーオブソウル。止まらないリズム。持続のファンク。天国ではもう、「JB、Otis & Kiyoshi Revue!!」なんてのが開催されてたりして。
Hot Pants / James BrownHot Pants / James Brown
▲JB、最近のお気に入り。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

清志郎 R.I.P.

2009/05/03(日) 01:31:41 [ロックの話題]

忌野清志郎

ジェイムスブラウンのときも思ったように清志郎は死なないと思ってたのに、、。悲しいです。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 1

Stone Crazy

2009/05/01(金) 23:41:43 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-093
あ~ゴールデンウィークですか。そうですか。トンフル世界的大流行ですか。そうですか。あ~豚鼻(ピッグノーズ=ギターアンプ)が欲しい。そうです。切れない弦が欲しい。もちろん。指にちょうどいい大きさのスライドバーが欲しい。イエイ。狂わない(フロイドローズではない)アームが欲しい。ビャビャビャ~ン。できればビグスビーみたいにルックスがかっこよくて狂わないのがいい。んごご。てなわけで、ブルーズTシャツ新作ですよ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |