Together Through Life

2009/04/30(木) 21:11:35 [ロックの話題]

Bob Dylan
ディラン新作よろしいですなあ。フラーコヒメネス(=勘違いでした。ロスロボスのデヴィッドイダルゴが正解!ゴメンナサイ)のアコーディオン効きまくり。このところディランの作品に駄作なしですよ。しかし、“I Just Want To Make Love To You”そっくりの三曲目。これまでやったら単純にディラン作ということになってたはずやのに今回はなぜかウィリーディクソンとの共作名義。なんでやろね?
Together Through Life / Bob DylanTogether Through Life / Bob Dylan
▲僕が買ったのは上の一枚ものですが、CD2枚、DVD1枚の三枚組もありますよ。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

EvrydyRock T

2009/04/28(火) 22:46:27 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-091 TS-092
EvrydyRock Tシャツはこちらですよ(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Jamaica Song

2009/04/27(月) 21:20:22 [ロックの話題]



紅茶のCMで流れるブッカーT.ジョーンズの“ジャマイカソング”ええですなあ。欲しいな~と思ったけれどCDにはなってない模様。レコード見つけましょうかね。というよりCMを見て欲しい人多数になっているに違いないので、ぜひCD化してください。同じものを、やれボーナストラック、やれリマスター、やれ紙ジャケ、やれなんちゃら高音質CD、、と何度も何度も出すのであれば、こういうのもよろしくお願いしたいですよ。今回のこれは売れそうでしょ(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Like A Rolling New Soul

2009/04/25(土) 23:59:30 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-085 TS-087
ロックTシャツ、ふたつのデザインのカラーを増やしてみました。一度ご覧くださいませ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Too Much Junkie Business

2009/04/24(金) 16:09:07 [ロックTシャツ]

ロックTシャツ TS-017
酔っ払って裸になっただけでこれだけの大騒ぎになるとは恐ろしい世の中ですなあ。こりゃもう酔っ払い会見大臣以上の盛り上がりですよ。禁酒法でもできそうな勢いちゃいますか。酔っ払って記憶を失くしたこと多数のワタクシ。どうしましょ?(笑)

さて昨日はいろんなもんに酔っ払った挙句逝っちまったへろへろロッカー、ジョニーサンダースの命日だったので、久々にいろいろ聴いちゃいましたよ。亡くなってから発売されたものはもちろん、生前のアルバムもまあほとんど「作品」としてはろくなもんじゃないものばかりですが、そんなこんなも含めて最高にロック。大好きです。
Sticks & Stones: The Lost Album / Johnny ThundersSticks & Stones / Johnny Thunders
▲ひゃ~いまだに新作が出続けてるんですね~。新作かどうかはわかりませんが(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Naked, If I Want To

2009/04/23(木) 17:22:36 [ロックの話題]

Moby Grape
思わずこれのA面ラスト曲聴いちゃいました。邦題“裸になっちゃおうかな”。ボクも気をつけよ。アルカイダの友だちに、最低の人間、とまでは言われたくないしね~(笑)。これで、チデヂ計画座礁に乗り上げる、、とかにならへんかな~。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Ramblin' Man

2009/04/22(水) 19:36:23 [ロックの話題]

Ramblin' Jack Elliott
ボブディランの父ちゃん(本当の、、じゃないですよ)ランブリンジャックエリオット。サイケさんに聴かせていただいた新作「A Stranger Here」がめっちゃかっちょええんですよ(ありがとうございます!)。冒頭のディラン“雨の日の女”風アレンジの“Rising High Water Blues”から(イメージと違い)ロック的に(も)かっちょえ~~なんですわ。といってももちろん歪んだギターがギャンギャンなワケはなくて、ジョニーキャッシュの一連のアメリカンレコーディング作とかリーヘイゼルウッドの「Cake Or Death」みたいなイメージ。音は違いますけどね。まあちょっとジョーヘンリーじるしが付き過ぎな気もしないではないけど(笑)。
A Stranger Here / Ramblin' Jack Elliott American Recordings / Johnny Cash Cake Or Death / Lee Hazlewood
▲なんだかモノクロームな世界ですな。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Self Destruction Blues

2009/04/21(火) 19:46:41 [ロックTシャツ]

Self Destruction Blues ロックTシャツ
5月からストーンズの「ローリングストーンズレーベル」以降のアルバムがリマスター再発されるという話を聞いて、全部買う金もないし、アナログ盤も最初に出たCDも変なケースに入ってるかなり前のリマスターCDも持ってる「メインストリートのならず者(Exile On Main Street)」を買うぞ!オレはなんつってもメインストリートファンやからねっ(間違ってもエグザイルファンではない)と意気込んでたら、このアルバムはラインナップに入ってない模様。かんっがえられへん。なんのためのリマスターやねん!と憤りつつ新作ロックTシャツですよ!

Sticky Fingers / Rolling Stones Goats Head Soup / Rolling Stones It's Only Rock'n'Roll / Rolling Stones Black And Blue / Rolling Stones
▲初回発売はこの4作品。
Slipcase & 4 Albums / Rolling Stones
▲そして上の4作品と今後発売される14タイトルが全て収納できるボックス付セット。なぜかブライアンがいる60年代フォトのボックスですよ。ホントかなあ?たしかローリングストーンズレーベル以降でしたよね(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

「JAPROCKSAMPLER」やっと読めました

2009/04/19(日) 20:38:52 [ロックの話題]

JAPROCKSAMPLER ジャップ・ロック・サンプラー -戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか
かな~り偏った内容のジュリアンコープ著「ジャップ・ロック・サンプラー」やっと読み終わりましたよ(サイト発見!)。おもしろかったのは間違いない。でも間違い勘違い事実誤認が多過ぎ。ほとんどのページの最下段にびっしり訂正というかなんというか。読みにくっ!!最後の方には「このふたつの文に事実はない」みたいなこと書かれちゃったりして(笑)。原文(英語)にはこんな訂正ないやろし、英語版を見た人は間違った知識でアタマいっぱいですよ。といっても大筋ではなく微妙なとこを大量に間違ってるんですけどね。ジュリアンコープの独自視線による日本ロック本(ウラ日本ロック本?笑)。僕にとっては、読むとスピード、グルー&シンキが聴きたくなる本ということでチャンチャン。
イヴ 前夜 / スピード、グルー&シンキ スピード、グルー&シンキ / スピード、グルー&シンキ

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ヨーマ

2009/04/17(金) 19:51:59 [ロックの話題]

Jorma Kaukonen
ジェファーソン時代はなんだか神経質そうで怖い顔だったイメージですが、すっかりいい顔になって気持ちよろしい音楽やってはりますよ。
River of Time / Jorma Kaukonen Quah / Jorma Kaukonen
左が最新アルバム。右が35年前のソロデビューアルバム。どちらもアコースティック!どちらもナイス!!ええわ~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

It's Not Killing Me

2009/04/15(水) 19:26:21 [似顔絵ロック]

Michael Bloomfield
バタフィールドブルーズバンドやエレクトリックフラッグはともかく、スーパーセッションのイメージが強くてマイケル・ブルームフィールドは昔からどうもあんまり好きじゃなかったんですよ。ギターソロが延々続くのはちょっと苦手だったりして。でも最近69年の初ソロ「It's Not Killing Me」のへろへろブルースを聴いてかなり好きになっちゃいましたよ。あとニックグレイブナイツとのサントラ「Steelyard Blues」(1972)。いろんな曲があって、マリアマルダーが歌って、ポールバタフィールドがハープを吹いて。ナイスです。ちょっと敬遠してた後期のソロも聴いてみたくなってきましたよ。Player Guitar Love用に描いた絵でした。
It's Not Killing Me / Michael Bloomfield Steelyard Blues / Nick Gravenites Michael Bloomfield

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

新作アルバムでよかったのん

2009/04/13(月) 21:18:05 [ロックの話題]

ヨーマカウコネンの新作「River of Time」がビックリするほどよくって、コマンダーコディ「Dopers, Drunks and Everyday Losers」はますます元気で変わりなく、ニールヤング「Fork in the Road」も衰え知らずのパワー全開、マリアンヌフェイスフル「Easy Come Easy Go」は染みわたり、JJケイル「Roll On」は相変わらず、プリンス「LotusFlow3r」は3枚組だしまだ全部聴けてないけど、ジョーバターン「King Of Latin Soul」は歳とってもやたらとかっこいい。年寄りパワー炸裂中!でもニーコケイス「Middle Cyclone」は素晴らしくて、エリックリンデル「Gulf Coast Highway」もナイスで、ルーシーフォスター「The Truth According to Ruthie Foster」は貫禄アップ、ジェイソンイズベル「Jason Isbell and the 400 Unit」もいいね!っと少し若い人たちも頑張ってますよ(笑)。
River of Time / Jorma Kaukonen Dopers, Drunks and Everyday Losers / Commander Cody Fork in the Road / Neil Young Easy Come Easy Go / Marianne Faithfull

Roll On / J.J. Cale LotusFlow3r / Prince King Of Latin Soul / Joe Bataan

Middle Cyclone / Neko Case Gulf Coast Highway / Eric Lindell The Truth According to Ruthie Foster / Ruthie Foster Jason Isbell and the 400 Unit / Jason Isbell and the 400 Unit

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Get Out Of Life Woman

2009/04/12(日) 17:58:02 [似顔絵ロック]

Albert King
昨晩は久し振りのファッツカセダ&ロッキンシューズのライブ@池袋。思わず体が動いちゃうアメリカンミュージックの数々(ジョンレノン曲もあったけど)、めっちゃ楽しませていただきました。また行きますよ!

てなわけで昨日も演奏されたアラントゥーサン作“Get Out Of Life Woman”。今日はアルバートキングさんバージョン聴いちゃいました。この曲を収録したトゥーサン・プロデュースの「New Orleans Heat」けっこう好きなんですよね。ほかのアルバムにはないユルさが気持ちよし。アルバートのギターフレーズはいつもとまったく同じですが(笑)。てなわけでPlayer Guitar Love用に描いた絵でした。
New Orleans Heat / Albert King New Orleans Funk / V.A.
▲トゥーサン・バージョンは右のナイスコンピで。

●トゥーサンの絵はこちらです

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Hillbilly Soul And A Rockabilly Mind

2009/04/10(金) 11:01:59 [ロックの話題]

Doug Sahm
いやいいですねえ。謎の(ハハハ)覆面バンド、テキサスマヴェリックス。まじ覆面してますよ(笑)。ドラムの音が80年代してるけど、ニューローズ(レーベル)らしくチープな音だけど、、、いい!
Who Are These Masked Men? / Texas Mavericks
Who Are These Masked Men? 謎の覆面ロッカー / Texas Mavericks

ヴァンモリソンのカバー“Brown Eyed Girl”を収録してるんですが、この曲を聴くと、ガキの使い~に出てくる謎のカントリーシャツ着用延々弾き語りミュージシャンを思い出しちゃいます(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ブラジョンの弟の方

2009/04/08(水) 21:01:17 [ロックの話題]

Louis Johnson
かつてブラザーズジョンソンを初めて知ったときはルックスを見て、おっこりゃ凄いファンクバンドに違いない、ゴリゴリやで!っと思ったけれども実際はそうでもなかったのもあってその後はさっぱり聴いてませんが、弟ルイスのベースは知らんうちにかなり聴いてると思われます。僕の場合はクインシージョーンズ関連ですかね。派手なスラッププレイもいいのですが、マイケルジャクソンの“ビリージーン”のなんにも起こらないけどグルーブばっちりのベースラインがいいですね~。Player Guitar Love用の絵でした。
Music Is My Life / Billy PrestonThe Womack Live/Safety Zone / Bobby WomackElementary / Wah Wah Watson
▲こんなのにも参加してたんですね(ボビーウーマックは「セイフティゾーン」の方)。まあ意外でもないですけど(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

19th Nervous Breakdown

2009/04/06(月) 16:05:29 [ロックTシャツ]

19th Nervous Breakdown ロックTシャツ19th Nervous Breakdown ロックTシャツ
昨晩は酔っ払って反応感度が遅くなっているところをノラ猫に眉間を引掻かれ血塗れになってNervous Breakdown。一晩明けて顔の真ん中に引掻き傷も痛々しいワタシですが、それに負けじとロックTシャツ新作ですよ
19th Nervous Breakdown Can Badge
▲お買い上げ先着5名様にこのカンバッチ付けちゃいますよ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ケルトナーさんはどこにでもいるんですよ

2009/04/05(日) 19:42:01 [似顔絵ロック]

Jim Keltner
昨日はゴタンチ、ゴタンチ。今日はハッシャ、ハッシャ。でもテレビを見てなかったらなんにも起こらなかったのと同じ。テレビを見てない(見てるわけない)魚を獲ってる最中の漁師さんに、テレビの人が「今ハッシャされました」。漁師さん「ああそうですか」。ハハハ。もう遅いわ。このやりとりもテレビで見たんですけどね(笑)。

そんなこんなでジム・ケルトナーさん。我が家で無作為にCDを何枚かつかむと必ずどれか(または全部)に参加してるような気がします。いや凄いわ。ゴタンチ無しです。Player Guitar Love用の絵でした。
Concert for Bangladesh / George Harrison & FriendsConcert for Bangladesh
▲映像的にすぐ思い浮かぶのは、バングラデシュのコンサートでリンゴと並んでドラムを叩くお姿でしょうか。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

NYA 1

2009/04/03(金) 17:10:15 [ロックの話題]

Neil Young Archives 1 (1963-1972) Blue-RayNeil Young Archives 1 (1963-1972) DVDNeil Young Archives 1 (1963-1972) CD
ついにニールヤング・アーカイブス!左からBlu-ray、DVD、CDの各ボックスですよ。アハハ。

どう違うんやろ?

Fork In The Road / Neil YoungFork In The Road / Neil Young
▲一方、ちょこっと聴いたハードな新作はそうとうカッコイイですね~。めずらしくちょっとブルージーだったりして。ここ最近のものではいちばん好きな予感。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Mind Your Own Business

2009/04/02(木) 20:53:26 [ロックの話題]

Henry McCullough
久し振りに映画「ロニー」を観ましたよ。以前は映画館で、今回はDVDで(パットさん、ありがとう)。いやあ何回観ても滂沱なる涙ですなあ。ロニーのライブ観たかった~。ため息をつきながらボーナス映像。ヘンリーマックロウ。これまたナイス。続けてソロアルバム「Mind Your Own Business」聴いちゃいました。これまた久し振り。ええですなあ。最近出たソロアルバムも聴きたくなってきましたよ。
Passing Show / Ronnie Lane Grease Band / Grease Band The Last Puff / Spooky Tooth Mind Your Own Business / Henry McCullough
左から、映画「ロニー」、参加していたバンドのグリースバンド、スプーキートゥース(このふたつもベリィグッド!)、そしてなぜかCDになってないらしいソロファースト「Mind Your Own Business」。ついでながらポール&ウィングスの“My Love”のギターソロも大好きですよ。


記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |