ピーターはおしゃべりくそ野郎?(笑)

2009/02/28(土) 17:23:20 [似顔絵ロック]

Peter Green
昨日紹介した「ブリックヤードブルース」でキーフに、‘ヒトの10倍喋りまくりでテメエの自慢話を耳障りなアクセントで延々ホザキまくるコックニーの典型’と言われたピーターグリーンですよ。そんなイメージなかったな~。なんか暗~いヒトかと思ってました。ぜんぜん違うのね(笑)。ちなみにミックテイラーはほんとに寡黙だそう。

てなわけで、巻末のブリティッシュブルースディスクガイドで共著者のイアンサウスワースに絶賛されているフリートウッドマックのファーストを久々に聴きましたよ。やっぱええわ~。
Peter Green's Fleetwood Mac / Fleetwood MacPeter Green's Fleetwood Mac
「ガールフレンド(もしくはカミさん)を家から叩きだし、電話線も抜いて、ドアに鍵をかけ・・・皆、ひきこもってるかい?そしてこのアルバムをかけよう。ピーター・グリーンの天才ぶりが感じられないなら、あなたはアホで間抜けな日本人。持ってないというなら、即刻、購入を。¥の使い道としてはベスト。」

アホで間抜けな日本人のひとりとしては、そこまでええか!?と思ったりもして(笑)。ちなみに他のアルバム評もこの調子。

ついでに宣伝ですよ。こんなTシャツはいかがでしょ?

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ブリックヤード・ブルース

2009/02/27(金) 20:58:38 [ロックの話題]

Keef Hartley
ブリックヤード・ブルース / Keef Hartley Bandジョンメイオールのブルースブレイカーズや自身のキーフハートリーバンドで活躍したドラマー、キーフハートリーの自伝「ブリックヤード・ブルース(Journey Through The Blues)」がめっちゃオモロかったんですわ。これぞバンドマンの自伝。最高。普通なら世に出ることもなかろうキーフのようなミュージシャンのおもしろすぎるお話が発売されたことに感謝。以前読んだチャックリーヴェルの自伝がさっぱりだったのと対照的でしたね~。
Halfbreed / Keef Hartley BandBattle of North West Six / Keef Hartley BandThe Time Is Near... / Keef Hartley Band
▲う~んブルーズロックいいね~、な一作目から三作目。不良じじいキーフはファーストとサードがお好きな模様。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

アルフォソス・ムガーソの「ヴアーチュ」でっせ

2009/02/26(木) 15:57:07 [ロックの話題]

いや~このレーベルのオビ(?)は目が離せませんな。
がんばれ~、日本一、大丈夫、大丈夫(笑)
Virtue / Alphonse Mouzon
▲アルフォソス・ムガーソの「ヴアーチュ」
Faces in Reflection / George Duke
▲ヅョーヅ・デュークの「フェイスズ・イン・リフレクシヨン」
Maliny Maliny / Jan Hammer
▲ヤソ・ハマーの「マリニー・マリニー」
Mama Kuku / Association P.C.
▲アソシェーツョン ピー シーの「ママ クク」

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Moby Dick

2009/02/24(火) 20:32:11 [ロックTシャツ]

Moby Dick ロックTシャツ bonzo
今我が家のテレビ画面で一番よく見かける単語といえば「アナログ」ですが、もしかしたらこの文字、どんどん大きくなっていったりしないでしょうね。地デヂに完全移行の頃には画面いっぱいになってたりして(笑)。地デヂになると享受できるという便利機能や画面の美しさには興味がわかないワタクシとしては、ぜんぜん笑えませんけどね。チューナーただで配ってちょ。

とかなんとかボヤキつつTシャツ新作ですよ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

“Compared To What”を演ったそうで

2009/02/23(月) 16:33:37 [似顔絵ロック]

Jeff Beck。 Eric Claptonは別のページで
ワタクシは行ってないのですけど、ジェフベックとエリッククラプトンの共演ではやはり“スキャッターブレイン”や“スペースブギ”は演らなかったようですね。残念。ECの“スキャッターブレイン”なら見たかったのにな~。演ればいいのに(笑)。
Live At Ronnie Scotts Club / Jeff Beck エレクトリックギターコレクションBOX
▲左はもうすぐ出るDVDですが、右はなにやら凄そうなギター本ですよ。

★ジェフとエリックの絵は他にもありますよ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Sure 'Nuff

2009/02/22(日) 14:40:50 [ロックの話題]

Sonny Phillips
中古でデジパックのCDを買ったら盤を固定するツメが半分折れてて凹んでますよ。通常のプラケースだと交換できるけどデジパックの場合は紙のジャケに接着剤でくっつけてるので交換不可。どうすりゃいいのさサマタイムブルース。なんてぼやきながらオルガンですよ。ソニーフィリップス。サイケさんに見せていただいたDVD「Coolin'N'Groovin'」(ありがとうございます。ええもん見せていただきました!)ではいかにもオッサン然としたパーディ氏やデヴィッドT氏、ルードナルドソン氏などの名人たちの中で、ムスリム風のモッドクールなルックスが最高でした。ソニー氏のオルガンプレイはジミースミス氏、マクグリフ氏、マクダフ氏みたいに派手ではないけれどルックス同様クールで大好きなんすよ。
Coolin'N'Groovin' Sure 'Nuff/Black Magic / Sonny Phillips
▲左が「Coolin'N'Groovin'」93年のライブ。右はソニー氏の69年作と70年作の2in1。ブーガルージョージョーンズ氏、メルヴィンスパークス氏も登場しますよ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

果報寝て待つ大統領、、いや総理大臣

2009/02/20(金) 14:16:38 [ロックの話題]

甲本ヒロト
笑えない悪口の応酬を果てしなく続ける政治家のみなさまは「サンデープロジェクト」などではなく、ロンドンハーツの「格付けしあう○○」(○○は「政治家たち」ですかね)に出演すればいいのに。実現したら内閣不支持率くらいの視聴率を獲得したりして。悪口はもっと笑えるもののはず。せめて笑わせてくれよ、、、なんてことを考えつつ、久々にハイロウズのファーストアルバム聴いてたら“なまけ大臣”という曲が入ってて、マンガを読みたい、ビールを飲みたい、、と始まるのでちょと笑ろた、、です。
THE HIGH-LOWS
▲聴くたびになんだか楽しい気持ちになるアルバム。“なまけ大臣”はマーシー作でした。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Thunderbox

2009/02/19(木) 22:07:56 [ロックの話題]

Thunderbox / Humble Pie
ハンブルパイの「Thunderbox」が大大大好きなのですが、CDの音がしょぼいのが玉に瑕(20年前のCD。「Smokin'」も同様)。ふと、元からこんな音やったっけ?アナログ盤持ってたはずやから聴き比べてみよと棚を探したけどないので残念ながら処分してしまったみたい。もうええ、こうなったら持ってるCDを元に自分好みの音をつくってもうたろ。音が歪み気味のCDやけど、オーディオ的な音の良さにはあんまり興味がないし、自分しか聴けへんしまあええわ、とリッピングしてイコライジングしてマスタリングして、、、ともちろんフリーの編集ソフトを使って個人的リマスターCD(-R)つくったった。ざまみろ、ヴォケーっと叫びつつネットを見たら、リマスターCD出てますやん。もうすぐ、なんちゃらCDとかいう高音質CD版「サンダーボックス(紙ジャケ)」も出ますやん。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

All or Nothing

2009/02/17(火) 18:14:10 [ロックの話題]

Steve Marriott
俺スティーブ。時差ボケで酒とクスリ。ほんで寝煙草で火事出しておっ死んでしもてん。18年位前の話。日本のみんなも酒(と薬)には気いつけや。エラいことになりまっせ~。  えっ?もうなっとるんかいな。
All or Nuffin: The Final Performances / Steve MarriottAll or Nuffin / Steve Marriott
▲ファイナルパフォーマンスですと。こんなん出てたんや~。知らんかったです。

マリオの絵は他にもありますよ

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

I Feel So Good (I Wanna Boogie)

2009/02/16(月) 21:06:01 [似顔絵ロック]

Magic Sam
あの二枚組ライブ(とくに二枚目アンアーバーの方)は僕がブルースで間違いなくもっともよく聴いたライブアルバムですよ。最初に発売されたときに先輩にLPを借りてダビングしたカセットテープを聴きまくり。もちろん今はCD二枚組。音は悪いけど、僕にとってはそれを問題にする人がいることが信じられないほどの傑作です(アマゾンのレビューにもいますね~)。もちろん「West Side Soul」や「Black Magic」もそうとう聴きましたね~。ソウルの香りが匂うのがよろしいですな。てなわけで、Player Guitar Love用に描いた、まじマジックブギなマジック・サムさんでした。
Live / Magic SamWest Side Soul / Magic SamBlack Magic / Magic Sam
▲「Live」は3曲削られた一枚ものではなく二枚組がよろし。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

グロ~リィグロリハレル~ヤ~

2009/02/15(日) 18:54:32 [ロックの話題]

Mickey Newbury
日本で一番エラかった人でも、自分で言うのはいいけど他人に「変人」と言われると腹が立つんですね~。なるほどなるほど。なんだか昔のこと(といっても数年前)思い出して“アメリカの祈り(An American Trilogy)”聴いちゃいました。といってもエルヴィス・バージョンではなくオリジナルのミッキーニューベリー・バージョンですけど。
Frisco Mabel Joy / Mickey NewburyFrisco Mabel Joy / Mickey Newbury
プロデュースは同じくエルヴィスのヒット“Burning Love”の作者、デニスリンド(Dennis Linde)ですよ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

If You Got Funk, You Got Style

2009/02/14(土) 13:54:17 [ロックTシャツ]

If You Got Funk, You Got Style ファンクTシャツ
久々のアフロTシャツですよ!ハードコアジョリーですよ!?
急に暖かくなったしオレンジ色でもいかがでしょ。

Funk Gettin' Ready To Roll ファンクTシャツ
▲ファンクT、こんなのもあります!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

T.P.O.のアルバムもうすぐ発売!

2009/02/12(木) 16:32:57 [ロックの話題]

T.P.O. Style / funk orchestra T.P.O.
先日はライブをおおいに楽しませていただいたファンクオーケストラT.P.O.の(僕がジャケイラストを描いた)サードアルバム「T.P.O. Style」が2/20発売ですよ。といっても発売当初はライブ会場と有名楽器店でしか(とりあえずのところ)入手できないとのことなんですけどね(聞くところによると前二作はCD屋さんで売ってたけど、発売してた会社がなくなっちゃったそうで、、)。てなわけで、みんなライブに行ってCD買いましょう(笑)。T.P.O.のMySpaceで音も聴けるしライブ情報もわかりますよ!

T.P.O. Style / funk orchestra T.P.O.
▲CDケースを開けたらまたまた僕の絵があったりして。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Richie Kotzen

2009/02/11(水) 21:28:22 [似顔絵ロック]

Richie Kotzen
Player Guitar Love用に描いたリッチー・コッツェンさんですよ。2006年のストーンズ来日公演で前座やってはりましたね~。ストーンズの客層とまったく合わない音楽性のためか、けっこうかわいそうなウケ具合でした。ベースはビリー・シーンだったし出る場所を間違わなければウケてたはずなんですけどね~。なんだったんでしょうか?あれは。
Into the Black / Richie Kotzen
▲2006年のソロ。ポイズンとかMr.Bigとか(僕には)あんまり縁のないバンドのアルバムはもちろん、ソロ作品もほとんど聴いたことがないのですが、ジャケがこれってことは彼はプリンスファンなのでしょうか?

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Big Mouth Blues

2009/02/09(月) 18:30:51 [ロックの話題]

Mohammed Ali モハメド・アリ
先週テレビでウン十年振りに「猪木vsアリ」戦を見ましたよ。当時見たときはつまらねえ試合と思ってましたが、今回はなかなか楽しめましたね~。いや試合だけだと多分オモロなかったと思いますよ。ウラの事情やストーリー、アリのビッグマウス、猪木のマジさ込みのオモロさですわ。
G.P./Grievous Angel / Gram ParsonsG.P./Grievous Angel / Gram Parsons
てなわけで、グラムの“Big Mouth Blues”聴きました!(11曲目)
グラム好きやわあ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

細野さん

2009/02/08(日) 15:34:40 [似顔絵ロック]

ハリー細野晴臣
Player Guitar Love用に描いた細野さんですよ。
いろいろやってはりますが基本的に大好きです・・・
FLYING SAUCER 1947 / ハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス
FLYING SAUCER 1947 / ハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス

・・・といいつつまだこれ聴いてなかった!

そして4月には6枚組の「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX 細野晴臣提供楽曲集」なんてえのも出るんですね~。すげえ!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

テデスキ姉御

2009/02/06(金) 18:31:29 [似顔絵ロック]

Susan Tedeschi
Player Guitar Love用に描いたスーザン・テデスキさんですよ。強力姉御ヴォイスがかっこいいですねえ。でも日本ではデレクトラックスの嫁って云う方が通りがいいのかも。いや~ぜひ来日して欲しいもんです。デレクと一緒でもいいから(笑)。
Back To The River / Susan TedeschiHope And Desire / Susan TedeschiBest Of / Susan Tedeschi
▲左は昨年の作品。かっこいいです。真ん中の2005年作にはキースのカラオケ風シンギン(笑・こないだの映画でのキースですよ)よりかなりいい感じの“You Got The Silver”入り。右はそれ以前のベスト。Zepの“Rock And Roll”やスティーヴィーの“Love's In Need Of Love Today”のカバーも入ってたりして。

★旦那のデレクはこっちに

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Junco Partner

2009/02/05(木) 18:21:12 [ロックの話題]

James Booker
ジェイムズブッカーの「ジャンコパートナー」をめっちゃ久し振りに聴きましたよ(テキサスさん、ありがとう!)。僕はプロフェッサーロングヘアーはもうホント大好きなんですけども、同じくニューオーリンズピアノ巨人であるブッカーについてはちょっと微妙なんですね。彼のアルバムはスタジオ、ライブ作にかかわらずピアノ弾き語りが多くて確かにすごいテクなんですけど、なんだか映画「クロスロード」(のラスト)に感じるような、なんやねん感を覚えてしまうんですよ。あんまりファンキーさも黒さも感じないし。ルックスとの落差もあるんでしょうけどね~。
Junco Partner / James BookerSpiders on the Keys / James BookerSpiders on the Keys / James BookerLost Paramount Tapes / James Booker
▲有名な左の三枚はピアノソロ。僕は右の(珍しく)バックバンド付きのアルバムがかなり好きですよ。バックの演奏と絡むとピアノもモアファンキー!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Sugar Man

2009/02/03(火) 19:48:53 [ロックの話題]

Sixto Rodriguez
先日テキサスさんから届いたロドリゲスなるアーティストのアルバム「Cold Fact」(1970年作)を聴きましたよ(ありがとうございます!)。ロドリゲスという名前からてっきりラテンものだろうと思って再生してみると、効果音がキてる(一曲目の“Sugar Man”)サイケでちょっとテンション低めのホセ・フェリシアーノといった趣。こりゃええわ。ホセ・フェリシアーノ好きの僕にはこたえられまへんな。調べてみたら声だけではなくルックス(雰囲気)もなんとなく似てたりして(ホセの絵はこっちに)。ええもん聴かせてもらいました。おおきに。ぜんぜん知りませんでしたわ。
Cold Fact / Sixto RodriguezA Bag Full Of Soul/Fantastic Feliciano / Sixto Rodriguez
▲右はホセの65年と66年作の2イン1(たまたま65年「A Bag Full Of Soul」を聴いたので、、)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ダニエルとドン

2009/02/02(月) 23:10:57 [ロックの話題]

Don Nix
先日再発されたダニエルムーアの同名アルバムを聴きましたよ。実はこのスワンプロックの大名盤と言われるアルバム、最初にCDになったとき購入したのですが、当時は気に入らなかったのか手放してしまってました。しかしここ数年また聴いてみたいな~と思っていたところへ再発、サイケさんに聴かせていただいたのですよ(ありがとうごさいます!!)。あらためて聴いてみるとこれがまったりと実にいいんですよねえ。そして昔はなぜ気に入らなかったかなんとなくわかった気もします。残念なのは音がいまひとつよくないこと。これは最初のCD化のときも思ったけど多分音は変わってないんじゃないですかね~(変わってたらゴメンナサイ)。

もうひとついただいたのが、これまたスワンプ名盤と言われるドンニックスのファースト「In God We Trust」。こちらも多分2度目のCD化。僕はアナログ盤を所有しておりましたが、これで手軽に聴けますよ(ありがとう!)。
Daniel Moore / Daniel MooreIn God We Trust / Don Nix
▲紙ジャケはいいからリマスターして欲しいですなあ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Texas Flood

2009/02/01(日) 20:04:51 [ロックTシャツ]

Texas Flood ロックTシャツ
いや~「ガッツポーズ」がそんなによくないもんとは露知らず、スポーツ中継でガッツポーズをする選手を、ヨシッ!よくやった!などと称えていた自分が恥ずかしい。これからはそのような恥知らずかつ邪悪なポーズをする輩はきびしい目で見なければなりませんね。反省反省(笑)。てなわけで、ロックTシャツ新作ですよ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |