Reggae Vibration

2009/01/30(金) 19:07:06 [ロックの話題]

ジョー山中
フラワートラベリンバンドは後聴きですが、ジョー山中がボブ亡き後のウェイラーズをバックにつくったレコードはよく聴いた記憶ありますね~。けっこう好きでしたよ。ごっつい久し振りに引っ張り出して聴いてみますか。そういやレゲエ時代にライブハウスで観たのを思い出しました。あのとき録ったテープがまだあるかも、、。
Reggae Vibration / ジョー山中&The WailersReggae Vibration / ジョー山中&The Wailers

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ロック誕生 The Movement 70's

2009/01/29(木) 17:44:26 [ロックの話題]

Flower Travelin' band ロック誕生 The Movement 70's
いや~ええもん観せてもらいました。映画「ロック誕生」。あ~熱い!ライブ映像と音が別物のバンドがいくつかある、、とか、もっといっぱい見せてちょうだい、、とか、フライヤーには載ってた村八分が出てこない、、など、いろいろありますが、出てくる人みんなとにかく熱い。そして変(笑)。内田裕也の「フラワートラベリンバンドが凱旋帰国したら、日本はニューミュージックだよ、、結婚しようよ、勝手にしろっつんだよ、、」的発言に大笑い。そして初めて観ることができた(聴いた)イエロー、かっこえ~。
Yellow / YellowLive / Yellow
▲イエロー!いつの間にか再発されてますやん!!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Rott-N-Roll

2009/01/27(火) 15:49:11 [ロックの話題]

Grayson Capps
読んでいない本について堂々と語る方法 / ピエール・バイヤールフランス論壇の鬼才(←帯に記載)が書いた「読んでいない本について堂々と語る方法」というナイスなタイトルの本を読んで(いや本当に読んで)なるほどね~なんて思いながら、ニューオーリンズのシンガー/ギタリスト、グレイソン・キャップスのだみ声でいい感じになっちゃってますよ。こういうのをアメリカーナっつうんでしょうかね(よくわかりません)。グッドなバンドが奏でる飄々とした70年代色濃いアメリカンロックですわ。レーベルの名前がハイエナっていうのもよし。ライブ観てみたいです。

Rott-N-Roll / Grayson CappsWail & Ride / Grayson CappsIf You Knew My Mind / Grayson Capps
左から、2008年、2006年、2005年の作品。どれもいい感じですよ。なんだかジャケの感じでどんな音かわかっちゃいますね~。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

What A Soulful...

2009/01/26(月) 18:18:22 [ロックの話題]

Soulful!
くだらなくてスミマセン(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Mardi Gras In New Orleans

2009/01/25(日) 16:06:27 [ロックTシャツ]

Mardi Gras In New Orleans ロックTシャツ
ニューオーリンズ新旧アーティスト、ジョンクリアリー「Mo Hippa」とリトルサニージョーンズ「New Orleans R&B Gems」を聴きつつ(テキサスさん、ありがとう!)、某映画のTV CMを眺めてもしも“チェ”が“ペ”だとかっこわるいのはなぜか?というなかなかに深い問題を考えながらつくったTシャツ新デザインですよ。長袖もあります。よろしくね。
Mo Hippa / Jon Cleary & the Absolute Monster GentlemenNew Orleans R&B Gems / Little Sonny Jones
同じニューオーリンズ勢とはいえ印象はぜんぜん違います。リトルサニージョーンズがいかにもなマッタリ風味なのに対して、ジョンクリアリはニューオーリンズクラシックを演りながらもけっこう洗練されたプレイのピアノマン。いろいろありますね~(録音年代がめっちゃ離れてるってのもあるんですけどね)。しかし、Sonnyはジャズ系ではソニー、ブルース系ではサニーなんですねえ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Aretha Franklin@Obama

2009/01/22(木) 19:55:25 [ロックの話題]



久し振りにアレサの動く姿を観ることができて、ちょっと嬉しかったですよ。



いや、、それだけなんですけど、、、。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Funk Orchestra

2009/01/21(水) 19:04:10 [ロックの話題]

Funk Orchestra T.P.O.
昨晩は赤坂にてビッグバンド T.P.O.のライブ。ビッグバンドといってもファンクオーケストラっつうくらいですから、なかなかにファンキー。楽器の上手い人が束になっての演奏は、普段どっちかというと楽器スキルなど気にしない音楽を好んで聴くボクにはなかなかに懐かしい感じですよ。まだ、楽器は上手くないといかんと思ってギターの練習してたガキの頃を思い出したりして。いちばん思い浮かべたのは大好きだったブレッカーブラザーズ。あと昔のアクション映画の音楽(雰囲気)。一曲スカタライツみたいな曲もあり(洗練されてるけど)。リーダーのはぐれ雲永松氏による脱力おしゃべりと緊張感溢れる演奏の対照が楽しかったです。てなわけで、2月に出る(らしい)サードアルバムのジャケイラスト描きましたよん。(上の写真はサイトから無断拝借)

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

やっぱりSplit Coconut

2009/01/20(火) 17:03:42 [似顔絵ロック]

Dave Mason
先日とくに硬くもないお菓子食べてたら奥歯が割れましたよ。で、歯医者さんに通院中。10年振りくらい。悪いのはこれだけでなく他にもいくつかあると言われブルーですわ。しゃあないデイブメイスンでも聴いてまったりするかと思い最新アルバム「26 Letters 12 Notes」を聴いたら予想外に力の入ったアルバムでビックリ。お達者ですなあ。でもちょっと疲れてまいますねえ。リラックスできまへん。今の僕にはライトでファンキーな1975年の「Split Coconut」の方がええかな。てなわけでPlayer Guitar Love用に描いたDave Masonさんでした。
26 Letters 12 Notes / Dave MasonDave Mason/Split Coconut / Dave Mason
▲右の後半がスプリットココナッツ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Sweet Inspiration

2009/01/19(月) 16:59:01 [ロックの話題]

Derek Trucks
ECと一緒に来たのを観て以来なんだかちょっと心が離れていたデレクトラックスの新作「Already Free」を聴いてみたらやっぱごっつよかった~。ライブで鍛えた強固なバンドはホンマええですよ。ごんごんですわ。デレクのギターはもちろんめっちゃ上手いけど同じくスライド人間サニーランドレス(のソロ作品)に感じる‘そこまでやらんでええやろ’感はないのが好き。
Already Free / Derek Trucks BandAlready Free / Derek Trucks Band

★デレクの絵は他にもありますよ

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Boogie Chillen

2009/01/17(土) 13:04:03 [ロックTシャツ]

Let That Boy Boogie Woogie ロックTシャツ
Let That Boy Boogie Woogie ~っていう歌詞は、Live On Blueberry Hill / Led Zeppelin大昔大阪梅田は東通り商店街の(今はなき)LPコーナー(というレコ屋さん)で買ったZepの「Live On Blueberry Hill」(70年のライブブートLP)で初めて聴いたと記憶してます(“Whole Lotta Love”メドレーの一部)。なんだか妙にアタマに残るフレーズで、件のLPでは連呼してたような気がしてましたが、ひっさびさに聴いてみたら一回しか言ってませんでした。当時は元は誰の曲か知らなかったけど、もちろん今は知ってますよ(笑)。てなわけで、かる~くTシャツの宣伝でした。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

カットアウト率90%以上か

2009/01/16(金) 11:32:21 [ロックの話題]

Doug Sahm Alex Taylor Elvin Bishop Wayne Berry
最近はめっきりCDやLPを購入することが減っちゃいましたが、ここ数ヶ月に買ったアナログ盤ですよ(他にもあったかも、、)。別にコレクターでもないし、アナログ盤を買う第一の理由は安いから!ってことで、最高価格は800円くらい。ジャケがぼろぼろのやつもあるけどちゃんと音が聴ければOK。どれもよかったのですが、この中では右上のウェインベリー「Home At Last」(1974)と左下のダグサーム「Hell Of A Spell」(1980)、左上のアレックステイラー「Dinnertime」(1972)がとくに気に入ってます。(*リンク先はCDです)

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ピートが、フーのギタリストにええんちゃうかと言ったギタリスト

2009/01/15(木) 00:52:26 [似顔絵ロック]

Gary Moore
Player Guitar Love用に描いたゲイリー・ムーアさんですよ。現在は自主的にはほぼまったく聴くことはないですが昔はけっこう好きでした。ライブも行きましたですね~。弾きまくってましたですね~。ゴリゴリ速弾きもよかったけどベタなバラードもよかったりして。しかしかつて、耳が悪くなったからとエレクトリックギターを弾かなかったピートタウンゼントがインタビューで、ザ・フーのギタリストに自分の代わりに彼がいいんじゃないかと言っていたのにはビックリしました。はて、いまだバリバリやってるピートの耳はよくなったんでしょうかね~。
Back On The Street / Gary MooreCorridors of Power  / Gary MooreElectric Savage / Coloseum IITilt / Cozy Powell
▲かつてよく聴いたのん。右はジェフベックも参加のコージーパウエル作品。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

めっちゃギターが上手いマイクスターンさんですよ

2009/01/13(火) 15:31:11 [似顔絵ロック]

Mike Stern
Player Guitar Love用に描いたマイク・スターンさんですよ。彼をライブで体験したことは2回ほどあります。マイルスデイヴィスの来日公演(御大はよぼよぼでしたけど)と、デニスチェンバース目当てで行ったボブ・バーグとの双頭バンド(多分、、記憶不鮮明)。そりゃもう弾きまくってた記憶ありです。当時ソロアルバムは何枚か聴いたことありますが、どれもう~んって感じでしたね~(ゴメン)。ライブではかなりロックなのに、レコードじゃパットメセニーみたいな音だったりして、、。その後はどうなんでしょね?
The Man With The Horn / Miles DavisWe Want Miles / Miles Davis
▲どちらもマイルス作品。左は81年のマイルス復活作でマイクを有名にした一枚。右がその頃のライブ。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

世界のサカモト

2009/01/11(日) 13:05:52 [似顔絵ロック]

sakamoto ryuichi 坂本龍一
イエローマジックオーケストラ(YMO)にもテクノポップにもあんまり興味なかったワタクシ、教授にはほとんど接点がないですね~(矢野顕子を除く)。どうしましょ。Player Guitar Love用に描いた坂本龍一氏でした。
Circulado / Caetano VelosoSubtle Body / Arto LindsayMais / Marisa Monte
▲接点がないと思ったらいくつかありましたね~。左からカエターノヴェローゾ、アートリンゼイ、マリーザモンチ、、、って全部アートリンゼイ絡みですよ(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Let That Boy Boogie Woogie

2009/01/10(土) 00:49:11 [ロックTシャツ]

Let That Boy Boogie Woogie ロックTシャツ
新年第二弾TシャツはまたまたブルーズTですよ。この三連休はお得です(1/12までは¥2400・以降¥2900)。地味ですか。まあよろしいですやん。みなさまよろしく。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ソウルは死なず、、バイバイ、デラニー

2009/01/08(木) 17:52:04 [ロックの話題]

Delaney Bramlett
昨年末の、デラニーブラムレット亡くなる、のニュースにちょっとショック。69歳。ホント残念です。現在のECファンはデラニーのことを知ってるのでしょうか?、、なんて思いつつ、遅ればせながら本日デラボニ祭り。合掌。
To Bonnie From Delaney / Delaney & BonnieHome / Delaney & BonnieMotel Shot / Delaney & BonnieOriginal Delaney & Bonnie Accept No Substitute / Delaney & Bonnie
▲ディープな左2枚がとくに好きですよ。著名英国人多数参加で有名な「On Tour」もいいけど、ライブだったらもうちょい後の時期の方が好きですね~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Jeff & Eric 奇跡の共演(笑)・・・ですよ

2009/01/07(水) 19:43:33 [似顔絵ロック]

Jeff Beck Eric Clapton
ジェフベックとエリッククラプトンの共演がやっと発表されましたね。いまや芸風もかなり違うし、個人的にはイマイチ意味のわからん共演ですが、なにしろ‘2人のロック・レジェンドによる奇跡の共演が、ここ日本でのみ実現!’(Udoのサイトより)ですからね~。高速“スキャッターブレイン”でツインリードとか、ハードテクノでギターバトルとかやっちゃうんでしょうか。それはそれでオモロそうです(笑)。てなわけで上の絵は某社の年賀状に使われたおふたりさんですよ。
Live At Ronnie Scotts Club / Jeff BeckLive At Ronnie Scotts Club / Jeff Beck
▲ロニースコッツの映像版。こちらにはECとの共演も収録されてます。僕は(特典扱いの)ビッグタウンプレイボーイズとのロカビリーセッションに興味ありですね~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Down And Out Blues

2009/01/06(火) 16:14:46 [ロックTシャツ]

Down
一週間振りくらいにTシャツショップ開店。新作もひとつつくっちゃいました。2009年一発目はブルーズです。そんなこんなで今年もよろしくお願いしますです!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

YuyaでGo!

2009/01/05(月) 18:59:38 [ロックの話題]

内田裕也
山岸竜之介 at Chicago Rock昨年末は、<本当に久し振りに関西ブルーズを堪能(at シカゴロック)、並み居る出演陣の中でも竜之介くんの堂々たるプレイ振りに驚きましたよ。あとはほぼテレビ漬けのだらだらごろごろゴロゴロダラダラだらだらごろごろ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ そして2009年初読み本は内田裕也の三十数年振りに蘇ったという「俺はロッキンローラー」。いや最高。やっぱ一年の始まりはこれくらいのインパクトで行きたいですな。
俺はロッキンローラー / 内田裕也俺はロッキンローラー

▼ついでに2009年初聴きCDはこれ
Gaz's Rockin' BluesGaz's Rockin' Blues
ヴィンテージロッキンブルーズ&スカ。かっちょえ~。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Hello 2009年

2009/01/01(木) 02:04:43 [ロックの話題]

Keith Richards
あけましておめでとうございます。今年もよろしく。
僕は2009年もキースリチャーズファンですよ!

記事URL | Comment: 12 | Trackback: 0

| HOME |