音楽もいいけど落語もね

2008/04/30(水) 18:21:20 [ロックの話題]

立川談笑
昨日は久々に落語。いろんな落語家さんが登場する通常公演には何回か行ったことがあるけれど、いわゆる独演会というものは初めて行きましたよ(Thanx テキサスさん)。立川談笑。いや~おもろかった。即興部分も多いらしいしブラックなところもあって爆笑爆笑。ラテン音楽で言うと伝統を基本に革新的な音楽をつくり出したエディパルミエリみたいなもんか、、っていうか、談笑さんまだ若いしそんなふうになったら凄いですな。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ミットゥさんの季節がやってきた

2008/04/29(火) 15:25:34 [ロックの話題]

Jackie Mittoo
ジャッキーミットゥさんの季節がやってきました。どこに?我が家に。

ジャッキーさんのスタジオワン作品は「In London」に始まり「Evening Time」、「Keep On Dancing」、「Now」、「Macka Fat」、「Wishbone」、、どれも大好きですが、ナイスジャケのカナダ移住後作品「Reggae Magic」がCDになってないのが残念。

うちのジャマイカ盤アナログは各面の最後の方の曲になると、必ずレコード針に針が見えないくらいゴミがくっ付いて音がバリバリ歪み状態なのです(それとは違う雑音も結構盛大)。もう一枚買ってみても多分同じような気がするし、昔買ったスラロビはもっとひどかったしな~。「In London」のCDは曲目が無茶苦茶だし(曲数も違う)、ジャマイカ盤がジャマイカ過ぎるので困ってます(笑)。
Reggae Magic / Jackie Mittoo
2年位前にレアと言われた「ウィッシュボーン」もCDになったし、ぜひこれもヨロシク!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

久し振りに「春一」行きたいのお

2008/04/28(月) 19:50:02 [ロックの話題]

有山じゅんじ
こないだ手に入れた有山じゅんじの弾き語りアルバム「thinkin' of you」がびっくりするほどよくて何度も聴いてますよ。
thinkin' of you / 有山じゅんじthinkin' of you / 有山じゅんじ

あ~久し振りに「春一番コンサート」に行きたなってもうた。今年は天気もよさそうやしビール片手にのんびりグッドミュージック。最高に気持ちええやろね~。
春一番2008
え~っと、これとは別に有山さんにはうちの近所のライブハウスでやって欲しいなあ(笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

聖火リレー

2008/04/27(日) 16:12:36 [ロックの話題]

Pete Townshend

あかん・・・

なんぼジャンプしても聖火見えへん!邪魔っ!赤いハタ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ファンキー‘なんちゃら’おじさん

2008/04/26(土) 15:42:24 [ロックの話題]

Rufus Thomas
こないだから何度もウィリーヘンダーソンの「ファンキーチキン」を聴いてたら、こっちのおっちゃんのも聴きたくなって久し振りに聴いてみましたよ。このおっちゃんにかかると何でもファンキーになるのが嬉し楽し恥ずかしですな。ファンキーチキン、ファンキーミシシッピ、ファンキーペンギン、ファンキーバード、ファンキーロボット、ファンキーオリンピック、ファンキー聖火リレー、ファンキー裁判員制度、、、。
Do The Funky Chicken / Rufus ThomasDo The Funky Chicken / Rufus Thomas
▲ジャケも最高。
Do the Funky Somethin' / Rufus ThomasDo the Funky Somethin' / Rufus Thomas
▲わっホンマに「ファンキーなんちゃら」というアルバムがありました!ベスト盤ですが。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

アコーディオンロック

2008/04/25(金) 15:25:26 [ロックの話題]

...and a time to dance / Los Lobos
本日はなぜか午後から静かなのがかえってコワイ(笑)。一息ついてロスロボスのデビュー盤(その前にもひとつあるけど)「...and a time to dance」でひと踊りしますか。でもミニアルバムだから短すぎるぜ。あ~ロッキンシューズが観たくなった(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

White Boy

2008/04/24(木) 15:39:03 [ロックの話題]

Augie Meyers
今日も昨日も相変わらずの階上からの轟音で叩き起こされアタマぼぉ~状態、色彩の暴力ならぬ騒音の暴力、騒音がなくなるまで毎日5万円の慰謝料を請求してやるっと言いたいところですが、そうもいきませんなあ。こうなったら赤白ボーダーのTシャツ着て赤白ボーダーのヤマハSGをかき鳴らしヘルメットにくっつけた小型アンプで鳴らしてやるっ。問題はその音が上の騒音にかかるとまったく聞こえないこと。しかし突然ドデカイ音が何度も鳴り始めるのにはぜんぜん慣れませんよ。毎回ビクッと飛び上がってます。「デカイのいきまっせ~」と声をかけてから始めてくれればちょっとはマシな気がするけどしょっちゅう声をかけられるのも鬱陶しいですな(笑)。
White Boy / Augie MeyersWhite Boy / Augie Meyers
ぜんぜん関係ないけど先日手に入れたオーギーメイヤーズの「ホワイトボーイ」(2001)。オーギーがオルガンやアコーディオンを弾いてなくてギターと歌だけ担当してるのは(あとリードギタリストが少々勘違い気味なのは)ちょっとだけ残念ですが、なかなかいい感じの作品でした。テックスメックス度の低いリズム&ブルーズで、傑作とかそういうんじゃないですけど日常な感じがグー。何度も聴きたくなります。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Summertime Blues!

2008/04/22(火) 10:24:16 [ロックTシャツ]

Summertime Blues
今朝も8時半くらいからボチボチ階上の作業音が聞こえてきて、オッきょうの作業は我慢できそうな音量やん、と思ってたら、9時になった瞬間、ドーン!バリバリガリガリ大爆発だあ~!音源の位置が非常に近いので不愉快100万倍ですわ。ヘッドホンで大音量ミュージック!といきたいところ。でも宅配便が来ても電話がかかっても聞こえないのは困る。どこかファミレスか喫茶店で仕事という手もあるけど資料がないのも困る。どうすりゃいいのさ?サマータイムブル~ズ!、、、てなわけで、Tシャツ「Summertime Blues」に新色(サックス)追加!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Soul Sacrifice

2008/04/21(月) 19:53:43 [似顔絵ロック]

Carlos Santana
今朝は上階の改装工事でたたき起こされ、見ていたテレビが突然映らなくなり、工事のおにいちゃんは何度も謝り&直ったどうか聞きに来るし、ケーブルTVのおにいちゃんも修理に来るし、一日中がんがんごんごんどんどんぎーぎーうるさいし、どうも湿りがちな気分を盛り上げるためにサンタナでも聴くか~っとウッドストックのライブを聴きましたよ(映画の“ソウルサクリファイス”最高!)。チェピート、シュリーブ、カラベージョ以前のセッションも趣きがちがっておもしろいけれど、やっぱウッドストックライブが盛り上がりますわ。それにしてもときどき階上からドッカーンとかガッターンとかすっげえ音が鳴り響くのが心臓に悪し。
Santana Legacy Edition / SantanaSantana Legacy Edition
さて昨晩は、将来の日本農業を背負うべく静岡に戻る、、のかと思っていたら、カウボーイになるらしいシズマリ夫妻の送別ゆるゆる宴会。当方の都合で代々木まで出てきてもらって申し訳なかったです。でも楽しかった。今度はこちらから押しかけ大セッション大会ですな。ディックさんの沼津のクラプトンっぷりにもさらに磨きをかけて頑張ってください。

記事URL | Comment: 15 | Trackback: 0

エディパルミイェ~イリ!

2008/04/20(日) 15:52:42 [ロックの話題]

Eddie Palmieri
もしかしたら異端なのかもしらんけれど、エディパルミエリの71年シンシン刑務所でのライブ「Recorded Live At Sing Sing With Harlem River Drive」が凄いですよ。熱いですよ。ラテンなエレクトリックマイルスみたいですよ。かなりキテますよ。Harlem River Drive名義のスタジオ盤「Harlem River Drive」もクールに熱いが、歌がラテンな人じゃない(英語やし)ので印象は違いますね~。どちらにもコーネルデュプリーが参加してるのが意外だったりおもしろかったりして(後者にはバーナードパーディやジェリージェモットの名前も見えます)。
Recorded Live At Sing Sing With Harlem River Drive / Eddie PalmieriHarlem River Drive
右、ジャーマンメタルみたいなジャケですなあ(笑)。それにしてもエディパルミエリ、他のもいっぱい聴いてみたいですね~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Shine On You Crazy Diamond

2008/04/19(土) 15:23:50 [ロックTシャツ]

Shine On You Crazy Diamond
このところますますラテンに踊り狂うワタクシですが、もちろんサイケデリックのココロは忘れてませんよ。ちょっとイッちゃった夢見るTシャツいかがでしょ?

▼サザンロッカーたちによるピンクフロイドのカバーバンド、ブルーフロイドの新作(?)が発売されてるのを知ってちょっとびっくり。
Begins / Blue FloydBegins / Blue Floyd

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Funky Chicken!

2008/04/18(金) 21:30:49 [ロックの話題]

Funky Chicken / Willie Henderson & The Soul Explosions
ウィリーヘンダーソンの「Funky Chicken」(1969年作)でウキウキノリノリ(w/笑)ですよ(Thanx テキサスさん)。ジャケイラストもナイスですね~。でもなにか違和感、、と思ったら見たことあるヤツとイラストが左右反転。ネットで探してみたらいろいろありました。左がオリジナルLP。残りはすべてVampiSoul盤。なんでこんなにあるのでしょう?(笑)

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ダンコさん

2008/04/16(水) 12:45:20 [似顔絵ロック]

Rick Danko
ザ・バンド随一のロッカー、リックダンコさんですよ(Player Guitar Love用に描いたもの)。若い頃はかっこよかったのに晩年は太っちゃいましたね。でも“Stage Fright”、“It Makes No Difference”などなどは永遠のかっこよさ。ソロ初来日にも行きました。ソロアルバムはファーストだけしか持ってないけど、太ってからの諸作も聴いてみたいですよ。
Rick Danko / Rick DankoCryin' Heart Blues / Rick Danko
左は初ソロ。信じられないことに廃盤でしょか。右は晩年の編集もので一番聴いてみたい作品。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

LatinでSoulでRock

2008/04/14(月) 19:17:19 [ロックの話題]

Descarga
マイラテンブームは継続中。Latin-Soul-Rock / Fania All Stars過去のブームでは一気にLPなりCDを手に入れ過ぎてブームが去るのも早かった気がするので、今回はぼちぼちといってます(いただきものの方が多かったりして)。で、ファニアオールスターズの「Latin-Soul-Rock」。僕にぴったりのタイトルですね~(笑)。ジャケにホルヘサンタナ、ヤンハマー、ビリーコブハムの姿が見えるし、ソウル色ロック色強いですよ。いつもよりアステカ方面に振れてる感じ。A面スタジオ、B面ライブ。マヌディバンゴ本人参加の“Soul Makossa”やレイバレットとモンゴサンタマリアのコンガが果てしなく続いて欲しい“コンゴボンゴ”が今の気分ですかね。

上の絵はなんかハードラテンなTシャツをつくりたくて描いたもの。時間かけてたたらどんなのがいいかわからんようになってしもた(笑)。デスカルガとはラテンジャムセッションのことです。下は数日前につくって食べた、ご飯にかけるタイプのガンボ。今までご飯炊き込みタイプのガンボしか食べたことがなかったので、、。
Gumbo

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

I Love Jazz Rather Than Rock

2008/04/13(日) 18:50:35 [ロックTシャツ]

I Love Jazz Rather Than Rock
このところますますラテンなワタクシですが、もちろんロックのココロは忘れてませんよ、、いやジャズのココロでした!(笑) しっぶいビートのドラマーTシャツいかがでしょ?

あそうそう、EverydayRock Tシャツは下北沢のTシャツショップ「No More Tears」さんでも販売していただいてますよ!

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

フライドエッグではベースでした

2008/04/12(土) 21:29:47 [似顔絵ロック]

高中正義
「探偵ナイトスクープ」で、速読術の先生(女性・野球経験なし)がバッティングセンターで150キロの速球を軽々と恐がりもせず打つ(球がスローモーション的に見えるのだそう)、という小ネタを見て驚愕。よーしオレも速読をマスターしてギター早弾きに挑戦だっ!と決意も新たにしているワケでありますが、それは別として速読術マスターしたいもんですね~。そしたら図書館の本をあっという間に全冊読破した挙句、書店の本も買おうかな~と手にとってパラパラッと見ただけで読み終わっちゃうのですから、もう家のあちこちに本が淀むこともなくなり躓いて転んで頭を強打することもなくなる上、もちろん読んだ知識は灰色の脳細胞にくっきりと刻まれる、しかもお金がかからないというバラ色の未来。まずは速読術の本を数冊買ってみましょかね。三冊目あたりから、速読術の本を速読しているなんていう素晴らしいことになっちゃうんじゃないでしょうか。

戯言はさておき、Player Guitar Love用に描いた高中正義ですよ。ソロ作品はさておき、サディスティックミカバンドの作品は好きでしたね~。ロックンロールでブギでファンクでグラマラス。
サディスティック・ミカ・バンド / Sadistic Mika Band黒船 / Sadistic Mika Band
▼そういえばこれに入ってる“マンボNo.5”が好きだったのを思い出しました!
Takanaka / 高中正義

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 1

髭レコふたつ

2008/04/11(金) 13:16:33 [ロックの話題]

Lenny Le Blanc Bob Jenkins
先日観に行った、バカバカしくもおもしろかった「時効警察」の監督によるワケあり散歩ムーヴィー「転々」がこれまたさらにおもしろく、転々 プレミアム・エディションなにもかもほっぽり出してあちこち散歩(徘徊)したい気分が高まっておるのですが、まあそういうわけにもいかず、、、てなわけでちょっと前に買った中古レコでも聴きましょかね。髭ふたり。こう見えてもかなりポップな音ですよ。いい曲満載ですよ。ボブジェンキンスの方はぜんぜん知らない人でしたが、ジャケと一曲目の曲名(“South Side Of The Rio Grande”)を見て購入(1974年)。期待してたようなスワンプな音ではなかったけどかなりナイスです。

もうひとりのレニー・ルブランはマッスルショールズのスタジオミュージシャン(ベーシスト)で、同じくギタリストのピート・カーとのユニットでヒットも飛ばしているからちょっと有名ですね。で、これはファーストソロ(1976年)。ルブラン&カーやセカンド以降のソロは甘アマ過ぎてどうも好きになれないけれどもこれはいい!甘いけど甘過ぎないギリギリのところがいいんでしょうね(ギリギリだからサイコー!っていう作品けっこう多いような気がします)。相棒ピート・カーも自分のソロはしょーもない(ゴメン!)フュージョン風作品だけれども、ここでは最高のバッキングプレイを聴かせてくれますよ。

以上どちらも500円以下ナイス髭レコでした。ボロだけど(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ジェフシモンズ

2008/04/10(木) 20:22:51 [ロックの話題]

Frank Zappa
ジェフシモンズの二作聴きましたよ(Thanx ディックさん)。最初、ジェフシモンズ?聞いたことあるような名前やけど誰それ?な感じやったんですけどザッパ関連と聞いてはは~んと、、。「Lucille Has Messed My Mind Up」の方を聴いてみたら、おおっザッパのギター全開ですやん。「チャンガの復讐」でのあの鼻が詰まり気味のサウンドが鳴りっぱなし。ザッパがカバーした曲も入ってたりしてかなりいいですこれ。好きです。ザッパより毒気が少ないのもいつでも聴けてよし。もう一枚の「Naked Angels」はサントラ。こちらもヘヴィーなギターがたっぷり(でもザッパではない気がします。どうなんでしょ?)。ブルーズロックからラグタイムみたいなの、バロック風の曲までいろんな曲が入ってます。どちらもやや時代を感じさせる音ですが、さすが寡黙なディックさんがプッシュするだけありますね~(笑)。もちろんチャンガも続けて聴きましたよ!
Straight Years / Jeff SimmonsStraight Years / Jeff Simmons
「Lucille Has Messed My Mind Up」と「Naked Angels」のカップリング。こんなん知らんかったな~。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

「くいだおれ」閉店ですか~

2008/04/09(水) 15:48:21 [ロックの話題]

ぼちぼちいこか+6tracks / 上田正樹と有山淳司
「くいだおれ」が7月で閉店だそう。僕は何百回とその前を通ったけれども一回しか入ったことない。そんな人が多そうなのが原因か。なんか残念。あとにまたトーキョーナイズされたものができなきゃいいけど。上田正樹と有山淳司の「ぼちぼちいこか」でも聴きましょ。知らんうちに増えてる+6tracksてなんやろ?

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ひさびさにRockit聴きますか

2008/04/08(火) 15:37:28 [似顔絵ロック]

Herbie Hancock
漆黒の巨人モンゴサンタマリアの“Watermelon Man”で踊り狂う日々ですが、本日の絵はオリジネーターのハービーハンコック(Player Guitar Love用に描いたもの)。ハンコックのピアノプレイは場を冷やす気がして正直のめり込んで聴いたことはないけれど、あの“Rockit”にはやられた記憶あり(12インチシングル持ってます)。僕も当時はそれなりに新しいものにも目を配ってたけど今はさっぱりですなあ。でも古くても新しいものはいっぱいあるからいいか(笑)。

今はさすがに“Rockit”聴きませんね~。でももっと古いエレピモッドな「Fat Albert Rotunda」はけっこう聴きます。そしてたま~にあの「Headhunters」を聴いてポールジャクソンとハーヴェイメイソンの怒涛のリズムに驚愕するってのも楽しかったりして。
Future Shock / Herbie HancockHeadhunters / Herbie HancockFat Albert Rotunda / Herbie HancockGreatest Hits / Mongo Santamaria
右からふたつめが「Fat Albert Rotunda」。一番右がモンゴサンタマリアですよ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Comes Alive!

2008/04/07(月) 13:00:56 [似顔絵ロック]

Peter Frampton
昨日の昼は井の頭公園にてお花見。吉祥寺駅に降り立ち公園方面出口でもうラッシュ状態のため、少々げんなりしつつも、人少なめの場所で堪能した散りかけ桜がキレイでビールも旨し。アオゲラが木をつっつく音もなんだか新鮮でしたね~。

てなわけで、現在と違い頭髪関係も散っていない時代の(笑)ピーターフランプトンですよ。Player Guitar Love用に描いたもの。久々に大ヒット作「Frampton Comes Alive!」でも聴いてみますか。ボイスモジュレーターですね~。たしか“Jumpin' Jack Flash”も演ってたはず。
Frampton Comes Alive! Deluxe Edition / Peter FramptonFrampton Comes Alive! Deluxe Edition
デラックスエディションが出てたんですね~。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

凄いぜキース!

2008/04/05(土) 21:21:56 [ロックの話題]

Keith Richards
ストーンズのライブ映画「Shine A Light」(スコセッシ監督)のサントラを聴きましたよ。ストーンズの最近のライブ、もう音だけ聴いてもとくに新しい感想もないやろな~なあんて思っていたら、キースの歌にやられちゃいましたっ。とりあえずどんどんヘタになってますっ(笑)。しかもこれまでで(たぶん)最多の三曲!いやいや素晴らしい。ますますかっこいいぜ!いろんな意味で参りました(笑)。映画も観たい!!
Shine a Light: Original Soundtrack / Rolling StonesShine a Light / Rolling Stones
「Live Licks」みたいに一聴してわかる妙な編集がなかったのでホッとしました(笑)。でも次のツアーはコーラス隊などなしのシンプル編成ライブでお願いしたいもんです。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ハービーマンとオールマン

2008/04/04(金) 17:21:59 [ロックの話題]

Herbie Mann
デュアンオールマンが参加してると知って以来聴きたかった、ハービーマンの「Push Push」を聴かせてもらいましたよ(Thanx テキサスさん)。たしかに随所にジャズらしからぬ音のギターが聴こえますね。ちょっとしたソロがあったり、“What'd I Say”の掛け合いをフルートとギター、あるいはギターとギター(デヴィッドスピノザらしい)で表現したりしてちょっと笑えたり。でも誰とやろうとハービーマンはハービーマン。音はさらっと右から左へ(左から右?)。流石です(笑)。
Push Push / Herbie MannPush Push / Herbie Mann

ハービーマンの顔を見るとピーターセラーズを思い出し、駐日米国大使の顔を見るとジェリースプリンガー(ショー)を思い出したりしてます。

■ハービーに似たタイプのアゴ髭の持ち主はこっちに。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Stand!

2008/04/03(木) 18:20:02 [ロックTシャツ]

Stand!
このところラテンなワタクシですが、ファンクのココロは忘れてませんよ。思いっきりファンキーにスタンド!なTシャツです!!


記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

サンダーボックス

2008/04/01(火) 19:59:58 [ロックの話題]

Steve Marriott Humble Pie
安くなったガソリンを真夜中に行列をつくって買う人々の嬉しそうな表情が、どーも新しいゲームソフトやウィンドウズを発売日に買うのに並んでる人と同じように見えて仕方がないのですが、もちろん私も安いガソリンを探しに探して三千里、安くなった金額以上のガソリンを使ってしまいましたよ。というのは嘘で車もゲーム機も持ってません(本当)。行列もキライ(本当)。う~んだめだ!こんなことじゃ世間様についていけない、なにか夜中に並ばないといかん!と「真夜中 行列」でググッてみたら一番に出てきたのが、真夜中に行列ができるパン屋さん。そんなに美味いのか。よし今度挑戦だっ(ウソ)。

行列→トイレ→トイレジャケ、、の連想で(ウソ)、久し振りにハンブルパイの「サンダーボックス」聴きましたよ(本当)。マリオットのブラック音楽趣味がもっとも炸裂したアルバム、当然最高(もちろん本当・笑)。いつも通り続けてステイプルズの“オーラデダ”も聴きますよ。イエイ!
Thunderbox / Staple SingersStax Profiles / Staple Singers
左は驚愕価格の紙ジャケ中古。買う人いるんでしょうか?通常価格のはこちら。どちらにしても中身はサイコー!右はステイプルズのベスト盤。“ザ・ウエイト”が嬉しいですよ。

■スモールフェイセズ時代のスティーブの絵はこっちですよ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

| HOME |