嗚呼バディマイルス

2008/02/29(金) 00:32:38 [ロックの話題]

Buddy Miles
バディマイルスが亡くなったそうです。中途半端にソウルフルな歌はそんなに好きではなかったけれど、バディマイルスエクスプレス、エレクトリックフラッグ、サンタナ、バンドオブジプシーズ、、、シンプルドラムのファンキーなロックはかっこよかったですよ。Rest In Peace...
The Best of Buddy MilesCarlos Santana & Buddy Miles: Live!Live at the Fillmore East / Jimi HendrixA Long Time Comin' / Electric Flag
左から、ジムマッカーティ(カクタス)、サンタナ、ヘンドリックス、マイケルブルームフィールド、、とスーパーギタリスト好きやったんですかね~。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

意外とファンキーやねん

2008/02/28(木) 16:05:04 [ロックの話題]

Joe Zawinul
最近話題の黒人演歌歌手を聴いたり見たりすると、どぉ~~も(桂小枝風)居心地の悪さを感じてしまうワタシですが、最近たまたま図書館で発見して「懐かしっ!」と思わず借りたのがキャノンボールアダレイの「Mercy Mercy Mercy!」。(大)昔よく聴きました。ノリノリの観客もいい感じだし相変わらず聴いてるとウキウキしますな。ジョーザヴィヌル作のタイトル曲が好きなんですけど、このスローなテンポでファンキーさをキープするのはかなり難しそうですね~。というか僕ならすぐテンポ二倍くらいになっちゃいますよ(ピアノ弾けないけど・笑)。
Mercy, Mercy, Mercy! Live at 'The Club' / Cannonball Adderley Quintet
Mercy, Mercy, Mercy! Live at 'The Club' / Cannonball Adderley Quintet


記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

なんだかホッとしますね~

2008/02/27(水) 13:35:06 [ロックの話題]

Jon Dee Graham
正月からラテンだサルサだと踊りジャズだファンクだとまた踊りアフロビートだフェラクティだとさらに踊り続けてきたけれど、やっぱこういうのを聴くと心安らぐっちゅうかラテンとは違う意味で燃えるっちゅうか。単独来日すればいいのに。
Swept Away / Jon Dee GrahamSwept Away / Jon Dee Graham

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Shine A Light !!!

2008/02/26(火) 17:02:03 [ロックの話題]

Shine a Light: Original Soundtrack / Rolling StonesShine a Light: Original Soundtrack / Rolling Stones
赤が二枚組、青が一枚もの。四月馬鹿の日に発売だそうですよ!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Super Stupid Funk T Shirt

2008/02/25(月) 09:01:11 [ロックTシャツ]

Super Stupid
スーパーステューピッドですわ(笑)。
みなさまお買い求めください。ファンク!!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ジミもいいけどエディもね

2008/02/23(土) 18:16:44 [ロックの話題]

Eddie Hazel
昨日からファンカデリック聴きまくりですよ。初期ですよ。ハードロッキンサイケファンクですよ。蛆虫頭ですよ。黒魔頭ですよ。なぜならエディ・ヘイゼルの映像を集めたブートビデオを観たから(Thanks! チェピートさん)。やっぱファンカはパーラと同じような感じになる前が好き。
Maggot Brain / FunkadelicStanding on the Verge of Getting It On / FunkadelicFree Your Mind...And Your Ass Will Follow / FunkadelicGame, Dames and Guitar Thangs / Eddie Hazel
(エディのギターを聴く)ファンカ。左から好きな順番(この三つ以外もトーゼン好き)。右のソロアルバムも若干スッキリ気味だがもちろんグー!かっこいい!!

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 1

A Great American Voice

2008/02/22(金) 11:58:07 [ロックの話題]

Carole King
キャロルキングのライブインジャパンブート(なんだかな~な組み合わせの3人ジョイントコンサートのキャロルキング部分のみ)を聴きましたよ(Thanks サイケさん)。いや~いいですね。素晴らしい。ますます‘上手くない’ことの魅力が光ってます。イエイ!次回は妙なジョイントではなくぜひ単独での来日希望。行きます!
The Living Room Tour / Carole KingThe Living Room Tour / Carole King
▲これとほぼ同じ雰囲気でした。

嬉しいニュース。「つづれおり(Tapestry)」のレガシーエディションが発売される模様。当時のライブも収録されるらしいので楽しみですよ。

■若いキャロルはこっちに。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

もう2月も終盤ですが、、

2008/02/21(木) 16:54:39 [似顔絵ロック]

Eddie Van Halen
昨年のECに続いて某社の年賀状用に描いたエディです。一時はどうなるのか?って感じでしたが復活したようですね。めでたしめでたし。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

チャックベリー以外はみんないい人(笑)

2008/02/19(火) 21:10:40 [ロックの話題]

Chuck Berry じゃねえ Leavell
ストーンズやオールマンズでお馴染みのキーボーディスト、ロック・アンド・ホーム・プレイス / Chuck Leavellチャックリーヴェルの自伝「ロック・アンド・ホーム・プレイス」を読みましたよ。チャックのプレイは、@オールマンブラザーズ=好き、@ストーンズ=好きでもあり好きでなくもあり、、なのですが、この本はどうか?っちゅうと、ちょいと期待はずれ、、ですかね~。プレイからだいたいわかってはいたが、ここまでフツーにマジメとは知らなんだ。

オールマンズ、ストーンズ、EC、ジョージハリスン、ファビュラスサンダーバーズ、シーレヴェル、ブラッククロウズ、、などなど多数の有名バンドでプレイしてるし、そんじょそこらにはありえないぶっ飛びエピソード満載にちがいないと思ってたらそうでもないのですよ(別に暴露本的なのを期待してるわけではないが・笑)。なにしろ登場人物ほぼ全員が寛大で優しくて素晴らしくいい人なのであります。そんなわけあるかい!とつっこみつつ読んでたら、さすがにチャックベリーだけはタマらんかったみたいです(笑)。ミック、キース、エリック、ジョージ、、、とみんなファーストネームで記載されてるのにひとりだけ‘ベリー’。これは自身と同じ名前だからかもしらんけど。さすがチャック!(あっベリーの方ね)
Brothers And Sisters / Allman Brothers Band
“Jessica”サイコー!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

祝・Honey Cone100位!

2008/02/18(月) 15:55:13 [ロックの話題]

Honey Cone
レココレの「ソウル/ファンク100」、レコード・コレクターズ 2008年 03月号ロックに較べて所有音源数はぜんぜん少ないのに確率は高い気がする。それよりもリイシューアルバムガイド。Coming Right At You / 100% Pure Poisonどれもこれも紙ジャケ。もう‘紙ジャケ’以外に‘紙ジャケじゃない’旨記載した方がいいのでは(笑)。僕としては既CD化音源を紙ジャケ化する暇(金、予算?)があったら、聴いたことのない音を紙ジャケかどうかに関わらず(紙ジャケはメンドクサイけど)いっぱい出して欲しいと熱望。掲載作品では100% Pure Poisonというグループの「カミングライトアットユー」ってのが気になってます。しかしなぜこんなに高いのか?(¥3465) あっちょっと安い(それでも高いが)2001年発売の英国盤発見

上の絵は大昔に描いたハニーコーンですよ。
One Monkey Don't Stop No Show ....
Soulful Sugar: The Complete Hot Wax Recordings / Honey ConeSoulful Sugar / Honey Cone

関係ないけどぜったい芋洗坂係長が優勝やと思たのにな~(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ロックンロールハイスクール

2008/02/17(日) 11:36:08 [ロックの話題]

Rob Tyner MC5
ロジャーコーマン監督のなんともアタマ悪い感じの当時よくあった青春バカ映画(笑)ロックンロール・ハイスクール「ロックンロールハイスクール」を観ましたよ。映画自体は、僕とおもしろがるところが違うのかちょいとハズし気味ですが、もちろんお目当てはラモーンズ。ライブシーンなんかを見るとジョニーもけっこう細かいプレイをしてるのが楽しかったりして。

ブラウンズヴィルステーションとかニックロウとかアリスクーパーに加え、ラモーンズのライブが収録されてるのが嬉しいサウンドトラックは以前から持ってましたよ。でも今回初めて映画を観ていて(サントラに収録されていない)MC5の“ハイスクール”が流れた途端、MC5のセカンドアルバムが聴きたくなっていきなり久々のヘヴィローテーション。といってもホントはセカンドは持ってなくて、収録曲11曲中9曲(うち一曲は別バージョン)入りのベスト盤を聴いたんですけどね。コンパクトな楽曲ばかりで、前後の作品からは考えられないくらい軽~い音かつドロドロもしてないセカンド「Back In The USA」は、MC5のコアなファンには人気無さそうな気がするけれど僕は大好き。ロックンロールのエッセンスを凝縮しましたよ!ってな感じで。
Back in the USA / MC5The Big Bang! / MC5
左がセカンド、右がベストです。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

限定復刻Tシャツですよ

2008/02/15(金) 23:59:46 [ロックTシャツ]

限定復刻Tシャツ販売中!
2/24(日)まで!!Tシャツショップへゴー!!!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ボビーキイズ:キースと生年月日が同じですって!

2008/02/14(木) 20:07:25 [ロックの話題]

Bobby Keys
昔から聴きたかった(が聴けなかった)ボビーキイズの唯一のソロアルバム(72年)を聴かせていただきましたよ。ジョージ、デラニー&ボニー、EC、ジョーコッカー(ほか多数)そして何よりもストーンズのアルバム/ライブで有名(“ブラウンシュガー”のソロ!)とはいえ、サックス奏者のインストソロアルバムなので、聴く前は若干のけっこうハズしてんちゃうか?的な不安もありましたが、当時ならではのスワンプなモッタリ感も含めてこれはバッチリですよ。オリジナルのアナログ盤が希少なものであり(見たことないし多分あんまり売れてないんでしょう・笑)、聴かせていただいたのはアナログ落しのCDだそうですが、聴けただけで嬉しいうえに内容もグー!Arigatou!サイケさん。

Rocket 88Rocket 88
▲ストーンズ絡みではこれも聴きたいです(笑)。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

電撃バップ

2008/02/13(水) 18:58:22 [似顔絵ロック]

Johnny Ramone
う~寒い寒い。それにしても‘爆弾低気圧’って凄い名称やなあ、、なんてボオッとしつつ連想したのが‘電撃バップ’。なんでや?と問われても答えは風に吹かれてどこかへ、、。てなわけで(笑)Player Guitar Love用に描いたラモーンズのジョニーラモーンですよ。ラモーンズに“爆弾低気圧”っていう曲がありそうだがないのが残念。
It's Alive 1974-1996 / RamonesIt's Alive 1974-1996/ Ramones
ラモーンズのライブは体験したことがないので、300分以上あるらしいこれ観て踊り狂いたいですなあ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

武道館の余韻

2008/02/12(火) 18:39:07 [ロックの話題]

忌野清志郎


久し振りに「RHAPSODY NAKED」聴いて盛り上がっちゃいましたよ。
RHAPSODY NAKED / RC SUCCESSIONRHAPSODY NAKED / RC SUCCESSION

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

昨日は完全復活祭at武道館

2008/02/11(月) 17:24:33 [ロックの話題]

忌野清志郎
祝!イマーノ氏完全復活。アンコール含めて3時間サイコーに楽しみましたよ(ますますキースるバンマス三宅にはちょとワロタ)。いや~めでたしめでたし。ちょっとしたゲスト出演だと思ってたチャボがほぼ全編出場なのも嬉しかった。キヨシローがいる世界の方が、いない世界よりやっぱ楽しい。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

ジェイクロジャーキンキーEリーマニングフリードマン

2008/02/10(日) 10:39:01 [似顔絵ロック]

Jake E. Lee
最近はぜんぜん聴いてないけれど、昔はジェリーフィッシュやインペリアルドラッグがけっこう好きだったので、昨日はロジャーマニング(今はRoger Joseph Manning Jr.というらしい)の某楽器メーカーイベントでのライブを観に行きましたよ(ベースはライナスオブハリウッド、、といっても名前だけしか知りません)。コンパクトで破綻なくこぎれいにまとまった演奏は多分昔とそんなに変わらない気がするようなしないような。う~んどうも僕の方にこの音を好ましく受け入れる細胞がなくなってしまったみたい。Lasso from El Paso / Kinky Friedman残念(、、、なのかどうかはよくわからんが・笑)。てなわけで、自分の体内バランスをとるべく(笑)キンキーフリードマン「Lasso From El Passo」などを購入して帰宅。一曲目がローリングサンダーレビューでのライブ。聴きたかったアルバムです(嬉)。

上の絵はPlayer Guitar Love用に描いたJake E. Lee。大昔オジー来日時に観たことあり。この人もロジャーマニング同様、今は聴かんスね~。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

デヘヘなブルーズ

2008/02/08(金) 18:10:27 [似顔絵ロック]

Lightnin' Hopkins
Player Guitar Love用に描いライトニンホプキンスですよ。僕にとっては、ブルーズのイメージそのままのおっさんですわ。デヘ、デヘデヘッな「モージョハンド」が一番好きやけどワイルドなヘラルド録音もグー。アコースティックもエレクトリックも関係なくブルーズブルーズブルーズ。おもむろにポケットから取り出してグビる、フラスク入りウィスキーが似合い過ぎ(イメージ)。
Mojo Hand / Lightnin' HopkinsTexas Bluesman / Lightnin' HopkinsThe Herald Material 1954 / Lightnin' HopkinsIn New York / Lightnin' Hopkins
ジャケもかっこよし(とくに左ふたつ)。どれも最高ライトニン。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Yes We Can Can Can

2008/02/07(木) 23:59:55 [ロックの話題]

Jose Feliciano
オバマのテーマソングが“Yes We Can”だと聞いて、おーなかなかセンスええやん、と思ってたら、僕が思ってた曲とはぜんぜん違う曲やん。僕が思ってたのは“Yes We Can Can”でした。アラントゥーサンの曲。久々に聴きたくなってポインターシスターズのレコードを探したが発見できず。代わりにホセフェリシアーノバージョン。いい曲です。カッコイイです。ホセも大好きです。ホセといえば、“Light My Fire(ドアーズカヴァー)”が好きな人は年配の人、ギターも歌も凄すぎる“Golden Lady(スティービーワンダーカヴァー)”を好きな人はやや若い人、、な気がしますが、どうでしょね?僕はどちらも好きです(笑)。
Memphis Menu / Jose FelicianoCompartments / Jose FelicianoAnd The Feeling's Good / Jose Feliciano
左ふたつはスティーブクロッパーがプロデュース。“Yes We Can Can”は真ん中に収録。右の、凄すぎる“Golden Lady”入りアルバムのみCDになってる模様。いや~どれもいいっスよ。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

その後どうなったのか?

2008/02/06(水) 18:47:54 [似顔絵ロック]

布袋寅泰
存分に笑わせてくれたあの騒動はその後どうなったんでしょうね~。ま、どうでもいいけど(笑)。そして、デジタルオーディオプレーヤー「布袋寅泰モデル」なんてものがある(あった?)にビックリしつつ、Player Guitar Love用に描いた布袋寅泰氏でした。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

あ~フィルモア71年

2008/02/05(火) 16:02:11 [ロックTシャツ]

Rock T Shirt Fillmore East 1971
歳は若くとも芸能人(有名人)が不適切な発言をしてしまったら、じじばば政治家以上に制裁を受けてしまう世の中になってしまいましたな~、あーコワイコワイ、、なあんてギョーザと肉まんを食らいながら嫁と語らうきょうこの頃ですよ。そういやちょっと前に高名な占いのおばち、、いや大先生が天然パーマのタレントに「性格に癖があるから髪が曲がってる」的なこと(うろ覚え)を言い放ったのを聞いて、天パ歴ウン十年ではありますが性格はマルタイラーメンや三輪そうめん(いずれも茹でる前)のように真っ直ぐな僕としては激しく傷ついて三日三晩泣き明かしたにもかかわらず、苦情もなにも訴えへんかったな~(笑)。

まあそんなこんなでおニュ~なロックTシャツですよ。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

あ~デュエイン

2008/02/04(月) 01:06:09 [ロックの話題]

Duane Allman
オールマンブラザーズの70年フィルモアイーストでのライブ映像を観て感動(チェピートさんありがとう!)。多分有名なブート映像でしょうし(トムダウドの映画にちょろっとあったやつっぽい)、音も画質もカメラワークもあんまりよくなくて曲も通常より短いけど、冒頭のハープ入り“Don't Keep Me Wonderin'”でもうビリッときましたよ。ギターを弾くデュエインのアップや各曲の頭でカウントをとる姿はにはマジ涙。正直そんなに動きもないこのバンドの映像にこんなに感銘を受けるとは思ってませんでした。ぜひ正規発売して欲しいですね~。あっもちろん曲が途切れたりしないキレイなやつがいいな。
At Fillmore East / Allman Brothers BandThe Fillmore Concerts / Allman Brothers Band
フィルモアライブ、左のデラックスエデションと右のフィルモアコンサーツ、どう違うのでしょうか?音が違うのかなあ?

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

テレビ見てます

2008/02/03(日) 01:57:31 [ロックの話題]

Chuck Berry
ごっつい似てるな~と思ってたら日本テレビのジングルはチャックベリーご本人のお声だそう。最近知った。遅れてます??  もひとつ。来日記者会見でのジミーペイジ。髪は白くなったが前より痩せてよくなったな~なんて思ってたら通訳さんの方に向いたときの後頭部にちょとショック(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

スコセッシのストーンズ映画

2008/02/02(土) 12:24:14 [ロックの話題]

Ronnie Wood
日本では秋の公開されるというマーティンスコセッシ監督によるストーンズのライヴ・ドキュメンタリー「Shine A Light」。もちろん楽しみ。でもスコセッシのライブ映画というとザ・バンドの「ラストワルツ」の印象が強すぎるため、ストーンズももう終わりか~、、なんて気になったり(笑)。
Shine A Light / Rolling StonesShine A Light / Rolling Stones
サントラ(ライブアルバム)二枚組は先(3月)に出るんですと。
Last WaltzLast Waltz
これはホント何回も観ちゃいますね~。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

久しぶりのジャケ買い

2008/02/01(金) 15:23:28 [ロックの話題]

Rusty Wier Stacked Deck
先日中古レコ屋で発見(LP)。このジャケで一曲目のタイトルが“Walkin' Thru New Orleans”とくれば買わずにいられまいってことで金840円也。ラスティウィアってぜんぜん知らんかったけど。聴いてみたら、チカラ入り系のスワンプな音。かなり気に入りましたよ。めでたしめでたし。
Black Hat Saloon/Stacked Deck / Rusty WierBlack Hat Saloon/Stacked Deck / Rusty Wier
アマゾンを覗いてみるとこの前作と2 in 1でCDになってました。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

| HOME |