Go Johnny Go

2007/11/30(金) 11:28:51 [ロックの話題]

Johnny Winter
ウィンターファミリーが大好きなのです。Together / Johnny & Edgar Winterオズボーン一家よりよっぽど笑えます。ジョニーがあれだけ弾きまくっても、SRVみたいに「上手い!」ってぜんぜんならないところが凄い。ブルーズブルーズって言っててもブルーズ感よりロック感の方があきらかに高いのもエラい。弟も舎弟リックも束になって笑わしてくれるのがサイコー!

以上、10年前に描いたジョニーの絵のデータがポロッと出てきたので記事にしてみました(笑)。
Black Cat Bone: Live at the Texas Pop Festival / Johnny WinterLive at the Galaxy / Johnny Winter
相変わらずいろいろ出てますねえ、、、。

てなわけで、明日のライブよろしく!(笑)

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 1

エディがジャンプ!

2007/11/28(水) 14:41:11 [似顔絵ロック]

Eddie Van Halen
オケメタル Vol.9用に描いたエディ・ヴァン・ヘイレン。YouTubeで久々に“ジャンプ”PVを観ちゃいましたよ(笑)。
ヤングギター オケメタル Vol.9 カラオケCD付

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

どのギターにしよっかな~

2007/11/27(火) 18:43:17 [ロックの話題]

Telecaster Not Fender
年末だからか急激にジャンクメールが増えてきた今日この頃ですが、土曜日のライブで弾くギターをどれにするか悩み中。練習には毎回異なるギターを持っていってしまいましたよ。最初は、我が家で唯一のハムバッカーを搭載したレスポールクラシックを久々に弾くか~なんて思ってたけれども、どうもおもしろくない。フツーにまとまった音がして。やっぱこれまで一番ライブで使った回数が多いレスポールJr.かな~とも思ったが、練習に持っていったらピックアップがラジオか無線かなんかを拾って(しかもかなりでかい音)どーもよろしくない気がする。しかたねえ今回もテレですかね。最近テレを弾いてる人が多い気がしてるので、今回は別のん、と思ってたんですけどねえ。

てなことを考えつつ、Jon Spencer Blues Explosionのかっこよすぎる初期音源集「Jukebox Explosion」を聴いてたら、どのギターを使うかなんてどうでもよくなって、久し振りにCato Salsa Experienceを続けて聴きたくなりましたよ(初期作品しか持ってないけど)。その次はなんやろ?Dirtbombsの破れかぶれ(でもないか、、けっこうマトモな・笑)ソウルカバー集あたりですかね。
Jukebox Explosion / Jon Spencer Blues ExplosionSalso Casa / Cato Salsa ExperienceUltraglide in Black / Dirtbombs

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

引き出物ブルーズ

2007/11/26(月) 16:25:52 [ロックの話題]

John Hammond Duane Allman
先日のDick&Mariさんの披露宴でいただいた引き出物のひとつである銀盤、ではなくて金盤に入っていたジョンハモンドジュニアの1969年作品「Southern Fried」を聴きましたよ(Thanx ディックさん)。ジョンハモンドといえば、しょうじきそんなに好きでもなくて聴いた作品も少ないのですが、このアルバムはマッスルショールズの面々がバックをつとめデュエインオールマンも参加してるってことで以前から聴いてみたかったのです。いやいいですなあ、北部白人ブルーズマン in 南部。相変わらず歌自体は好みではないけれど、、。
Southern Fried / John HammondI Can Tell / John Hammond
右盤(ロビーロバートソン、リックダンコ、ビルワイマンなどが参加。もちろん持ってません・笑)のボーナストラックで、左盤デュエイン参加曲全部入ってます。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Sample and Hold

2007/11/25(日) 23:59:43 [似顔絵ロック]

Allan Holdsworth
「Player Guitar Love」用に描いたアラン・ホールズワースですよ。いや~今はまったく聴かないです(笑)。相変わらず凄いんでしょうね~。
BBC Rock Goes to College: Live 1979 / BrufordBBC Rock Goes to College: Live 1979 / Bruford
ブラフォードは一、二枚目けっこう聴いてました。いつのまにか出てたこのライブ映像、アネットピーコックまで観ることができるとはちょっと観てみたいかも。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

How Sweet It Is ...

2007/11/24(土) 14:18:29 [ロックの話題]

Marvin Gaye
昨日は沼津にてディック&ココマリ子さんの、笑いあり涙あり豪華食事ありテキサス祝辞ありサイケラジオメッセージありムーディあり輪島ありモータウンありニコレットありピアフあり長渕なしの満腹結婚式&披露宴でした。本当におめでとう!末永くお幸せに。
Super Hits / Marvin GayeSuper Hits / Marvin Gaye
▲‘ソウルシンガー’マーヴィンを堪能できるのはやはり初期のヒット曲。

てなわけで、本日はトイボックスの練習日。来週のライブで演る曲目をもらったのが昨晩遅く。曲覚え極ワルのワタシはほぼどうやって弾くか忘れているため、(僕の)練習は曲を思い出すのに費やされそう(ちゃんと演れるのか?俺)。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Wedding Album

2007/11/23(金) 01:22:33 [ロックの話題]

本日は友人の結婚式(おめでとう!)。新郎のカチカチ具合と新婦の堂々さを楽しんでこようと思ってます。
Wedding Album / Leon & Mary RussellCheech & Chong's Wedding Album / Cheech & ChongWedding Album / John Lennon & Yoko Ono
いずれも「Wedding Album」ですが、かつては聴きたかったレオン&メアリーの結婚アルバム(いつのまにかCDになってた!)より、今はチーチ&チョンの作品を聴いてみたいですね~(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

次はサザンかミスチルか

2007/11/21(水) 14:50:18 [ロックの話題]

Hound Dog Taylorの左手
B'zがロックの殿堂入りしたニュースはちょっと前に聴いて、ふう~ん、ロックの殿堂ってなんやったっけ?と思っていたら、ギターセンター前の手形でしたか。大昔、チャックベリーの手形の前で写真撮ったことありますわ。もし次回行くことがあれば(ないと思うけど)、B'z前で撮らんように注意しないと(笑)。

■ハウンドドッグテイラーの全身はこちら

Live in Boston / Hound Dog Taylor
▲これは知らんかったな~。聴いてみたいけど高いっすね~。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

何を三つも銜えているのか

2007/11/20(火) 13:45:14 [ロックの話題]

Exile On Main St.
大好きで大好きで大好きなExile on Main Street Tシャツメインストリートのならず者」を聴きましたよ。LPを聴くかCDを聴くか迷ったけれども今回は全部通して聴けるCDで。でも全体の大きな流れウネリがありつつも、4面それぞれにキャラクターがある(ようなないような)LPもたまに聴きたくなるんですよね。どの面が好きかというと、(全部好きなのはもちろんのことですが)きょうのところはキョーレツにかっこいいビリープレストンのハモンドブレイクがある(始まって50秒くらいのところ)“Shine A Light”を含む第4面にしときますか。

上の絵は、ジャケに載ってる多数の写真のなかでひときわ目立つお方(笑)。それはそれとして、(右上のとは違う)僕の本日のTシャツですよ。HIP SHAKE!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

毎日ブギー

2007/11/19(月) 21:05:04 [ロックTシャツ]

Everyday Boogie
図書館で借りた本に誰かが線を引いてて、そこがぜんぜん線を引くようなところではないのが腹立ったりおかしかったりする毎日ですが、新しいTシャツ「Everyday Boogie」つくってみましたよ。そして予告通りラインナップをかなり絞りました。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ジミー博士の新フランケン

2007/11/18(日) 20:49:21 [ロックの話題]

Jimmy Page
レッドツェッペリンのライブ(サントラ)のリニューアル盤(「永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤」っていうらしい・笑)。レコードコレクターズ12月号によると、すべての曲が3日間のライブ録音と追加スタジオ録音のつぎはぎでできてるんですと(オリジナルバージョンもそうだったっちゅうことですが、今回はそれとは異なるフランケン・笑)。イントロは○×日、1コーラス目は別の日、しかしそれに乗っかる歌はまた別の日、、みたいなことになってるんですと。

いや~凄いですね~(ここまで切り張りしたジミーペイジにもびっくりですが)これを調べた人。いったい何回聴いたのでありましょうか(さらに映画も検証してるから何回観たんでしょうか)。これを食い入るように見ながら自らも検証開始するファンも多いのでしょうね。このプラントの掛け声は○○日の掛け声ちゃうで、とか指摘したりして(笑)。ホント凄い世界です。僕は各曲の構成表をみて呆然、あんまり見てません(笑)。
The Song Remains the Same / Led Zeppelin狂熱のライヴ スペシャル・エディション / Led ZeppelinMothershio / Led Zeppelin
イマイチ意味のわからんベスト盤も出てますよ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

猛烈に寒い夜は三匹の犬で、、

2007/11/17(土) 17:30:15 [ロックの話題]

Three Dog Night
「ひこにゃん」問題が気になって(ウソ)昼寝もできないので、ぼおっと回想したのが大昔初めて買ったLPはスリードッグナイトのベスト盤のこと。大好きだったんですよね。ガキの頃はぜんぜん気にせず聴いてたけど、今考えると彼らに教えてもらったものは大きいですよ。ニルソン、トラフィック、ザ・バンド、ランディニューマン、オーティス、エルトン、ローラニーロ、マーヴィンゲイ、フリー、ポールウィリアムス、ジェシコリンヤング、ホイトアクストンは、この二枚組で初めて聴いたし。これ以降ですが、アラントゥーサンやサムクック、ダニエルムーアなんかもホンモノより彼らのカバーで初めて聴いたはず。
Seven Separate Fools/Around the World with Three Dog Night / Three Dog Night
ソウルでロックでポップ。スリードッグナイトは僕のルーツかも。ホントは、「オレのルーツ?、、う~んロバートジョンソンかな、、」なんて呟く方がかっこいいですけどね(笑)。上は、いつのまにかCDになっていたふたつめのライブ盤。LP二枚組のライブ盤が一枚CDになってるとなぜか欲しくなるんですよ。ライブは(盤をひっくり返したり替えたりせずに)一気に聴きたいってことですね。

じつは本日のお話、テキサスさんにいただいたロンデイヴィーズ(ディヴィス?)のファースト「Silent Song Through The Land」を聴いたら(Thanks!テキサスさん。セカンドよりシンプルでよかったです)、“It Ain't Easy”が入ってて(セカンド「UFO」にも収録)、“It Ain't Easy”といえばデヴィッドボウイやん、デイブエドモンズも演ってたけどね、、いやいややっぱりスリードッグナイトでしょ、、という流れから出てきたもの。件のベスト盤にはこの曲入ってなかったんですけど(笑)。
Silent Song Through The Land / Ron DaviesUFO / Ron Davies

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ちゃんと演ります OH YEAH!

2007/11/16(金) 12:14:55 [ロックの話題]

Toybox Live
僕がギタリストとして参加してるバンド、トイボックスのライブインフォですよ。来る12月1日(土)のお昼に飯田橋のライブハウス「Space With」にて開催。今回は今までと違い、メタルバンドやパンクバンド、フュージョンバンドなどなど、トイボックスとは趣が異なり過ぎるバンドとの共演ではないので、安心して(笑)お越しくださいませ。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
12/1(土)飯田橋『Space with
OPEN 12:00 START 12:30
12:30 ティッシュペーパーズ(イカレたT.Rex、、らしい)
13:30 TOYBOX (オリジナルロックンロール!)
ミュージックチャージ 1,000円 + Drink
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

記事URL | Comment: 12 | Trackback: 0

ゆらゆらボウイ

2007/11/14(水) 15:40:57 [ロックの話題]

空洞です / ゆらゆら帝国Young Americans / David Bowieジャックスの世界 / ジャックス
サイケさん大推薦のゆらゆら帝国「空洞です」を、ええやんええやん、かっこええやん、と聴いてたら(ありがとう!サイケさん)、雑誌にタイトル曲がジャックス「からっぽの世界」とデヴィッドボウイ「ヤングアメリカンズ」を足したようだ、と書いてあったのを思い出し、さっそく後者を聴いてみた(前者は持ってないので聴けないのです)。う~んたしかに!

「ヤングアメリカンズ」のリズム、アンディニューマークとウィリーウィークスやったんですね~。初めて気がつきました(笑)。
David Bowie

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

グラムパーソンズ(FBB)1969

2007/11/12(月) 18:43:03 [ロックの話題]

Gram Parsons
先日発売されたグラムパーソンズ with フライングブリトゥブラザーズの「Archives Vol.1」何度も聴いてますよ。伝説の男(?)Owsley Stanley(ベアー)による録音で、音はよし。観客の音が小さいのでやや臨場感に欠ける気はしますが、グラムの微妙に不安定だけどエモーショナルな声が聴ければ満足。一枚目は69年4月4日、二枚目は4月6日の演奏だそうですが、前者はライブのアタマから途中まで、後者は途中から最後(の方)までかな~。ボリューム2にも期待してます。

てなわけで、本日はもちろんこのTシャツですよ(笑)。

Gram Parsons Archive Vol.1 / Gram Parsons with Flying Burrito BrothersAllman Brothers Band Live at the Fillmore East, Feb. 1970History of the Grateful Dead Vol.1 (Bear's Choice)Old & In the Way
オーズリーによる録音の作品たち。他にもデッドのディックスピックスなどもそうらしい。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

最近の購入物件

2007/11/10(土) 15:23:06 [ロックの話題]

Bill Wyman
相変わらずの安物買いの銭失い続行中ですが、今回はけっこう気に入ってますよ(どちらも安アナログ盤)。
I'm Easy / Keith CarradineI'm Easy / Keith Carradine
映画一家キャラダイン家の次男(たぶん)のファーストアルバム(76年作)。上手過ぎる人たちのスムース過ぎる演奏以外はかなり好き。映画「ナッシュビル」主題歌のタイトルソングをはじめ、いい曲ばかりですねえ(全曲ご本人作)。タイトルソングのシングルバージョンみたいに、もうちょい‘生’な感じでやってくれればもっとよかったのに。ソフトフォーカスのジャケを見るとアイドル的な売り方をしてたんでしょうから仕方ないッスね~(笑)。CDはセカンドとの2in1。キャラダイン兄弟三人が兄弟役を演じる映画「ロングライダーズ」久し振りに観たくなってきましたよ。

Hog Heaven / Elvin BishopHog Heaven / Elvin Bishop
エルヴィン兄さんの78年作。Dr.ジョンの‘Such A Night’風の一曲目からホントいい感じの音ですよ。ゲストのマリアマルダー姉御も楽しそう。ジャケの、ビールをかけられる豚は可愛そうですが(喜んでる?笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Twist & Shout

2007/11/09(金) 11:08:53 [似顔絵ロック]

John Lennon Beatles
Help! / Beatles再発されたビートル映画「Help! デラックスエディション」の価格に驚愕してテーブルで脛を激しく打ちつけ悶絶しつつもクールダウン。「ハードデイズナイト」はおもろかったけど「Help!」はすべっとったよな、、なんて意味もなく安心。

てなわけで本日は「Player Guitar Love」用に描いたジョン・レノンですよ。長髪眼鏡のジョンもいいけど、若いころの大股開きジョンもグー。
Greatest Hits & Rare Classics / The Isley BrothersGreatest Hits & Rare Classics / Isley Brothers
“Twist & Shout”はアイズレーズのオリジナルバージョンもよし。ロッドで有名な素晴らしい曲“This Old Heart Of Mine”やドゥービーでお馴染み“Take Me In Your Arms (Rock Me a Little While)”もいいですなあ。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 1

ジミヘンぽいんでしたっけ?

2007/11/08(木) 02:47:01 [似顔絵ロック]

Frank Marino Mahogany Rush
「Player Guitar Love」用に描いたマホガニーラッシュのフランク・マリノですよ。ここ20年は聴いてない気がするけど、調べてみたら現在もご活躍のようでアルバムもいっぱい出してるんですね~。ちょとびっくり。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

We're Rednecks

2007/11/06(火) 15:44:18 [ロックの話題]

Randy Newman
先日観たDVD「The Old Grey Whistle Test」にも登場していたランディ・ニューマン。素晴らしいですねえ。ランディ・ニューマン・プチ祭を開催しましたよ。いや~こんな目付きの悪い小太りのからくり人形みたいなオッサンからあの美しい曲がぼこぼこ出てくるとはとても思えませんな(笑)。詞がけっこうきっついらしいのですが、ショートピープルかつイエローマンで毒舌などもっての外なワタクシとしては、純粋に音を楽しんじゃったりして。
Guilty: 30 Years Of Randy NewmanGuilty: 30 Years Of Randy Newman
▲映画音楽から皮肉な歌詞のヒット曲まで満載。満腹。
▼単体アルバムで一番よく聴くのは弾き語りライブ。歌は塩辛、ピアノ絶品。
Randy Newman LiveRandy Newman Live

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

The Heat Is On ?

2007/11/05(月) 15:11:55 [似顔絵ロック]

Glenn Frey Eagles
聴いちゃいましたよ。イーグルスのニューアルバム「Long Road Out of Eden」。できれば聴かずに済ませたいと思ってたけども、上の絵を載せるのに聴かんワケにもいかんやろと(笑)。これって、いいとか悪いとか言う類のもんじゃないと思うので感想は書かないけれども、僕の場合イーグルスは、たまたま流れてきた昔のヒット曲を聴いてほんのちょっとだけ盛り上がるくらいの方がいいかな。てなわけで、「Player Guitar Love」用に描いた、元じゃなかった現イーグルスのグレン・フライですよ。
Long Road Out of Eden / EaglesLong Road Out of Eden / Eagles

そういやグレンフライのソロ、ちゃんと聴いたことないなあ。けっこう好きな声なんですけど。なぜか「マイアミヴァイス」を思い浮かべちゃうんですよね~(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 1

キャプテン、お~キャプテン

2007/11/04(日) 10:23:05 [ロックの話題]

Captain Beefheart
DVD「The Old Grey Whistle Test」を観ましたよ(ありがとうサイケさん)。ロリーギャラガーとかリトルフィート、レーナードスキナード、ボニーレイット、エミルーハリス(ジェイムスバートン!)などなどの素晴らしい映像はもちろんよかったのですが、ジェイムスガドソン(ビルウィザース)の表情やブライアンフェリーの動き、爆笑必至のエドガーウィンターなどの笑えるものが非常に楽しかったですね~。なかでも隊長の極悪目付きは最高でした(笑)。
THE OLD GREY WHISTLE TESTSome Yoyo Stuff / Don Van Vliet
右は隊長による隊長出演ビデオ。ちょっと観てみたい。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

“Moon Struck One”う~んいい曲だ

2007/11/02(金) 18:23:39 [ロックの話題]

Richard Manuel of The Band
先日オリジナル・ザ・バンドで唯一持っていなかったCD「アイランド」を手に入れましたよ。これでやっとリチャードマニュエルが歌うザ・バンドソングのコンピがつくれます。と思ったらそんなCD売ってますやん。同じようなコト考える人いるんですなあ。
The Moon Struck One / The BandThe Moon Struck One / The Band
この収録曲で全部かどうかは未確認です。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

値上げブルーズ

2007/11/01(木) 16:58:01 [ロックの話題]

Paul Butterfield
テレビでこれから何でもかんでも値上がりするというニュース。原因はバイオ燃料だという。なんじゃそら~!車禁止!と喚きつつポールバタフィールドブルースバンドの「The Original Lost Elektra Sessions」を聴く。名盤ファースト以前の録音。ファーストよりもラフ。かっこいい。
Original Lost Elektra Sessions /  Paul Butterfield Blues Band
Original Lost Elektra Sessions / Paul Butterfield Blues Band


記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

| HOME |