L.A. Boogie Band

2007/07/31(火) 15:39:20 [ロックの話題]

Johnny Rivers
これはビッグニュースですよ(僕にとって)。なんとジョニー・リヴァースの73年のパリでのライブアルバム「Last Boogie In Paris」の収録曲が8曲から18曲になってリイシュー。なぜか収録されていなかった僕の大大大好きなヒット曲(カバーですが)“Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu”も追加されてるし、コンプリートコンサートらしいし、これは最高のはず(映画をもじったタイトルはイマイチですが)。

Last Boogie in Paris / Johnny Rivers & His L.A. Boogie Bandこのアルバムは、Johnny Rivers & His L.A. Boogie Band名義なのですが、このL.A. Boogie Bandのメンバーがかなりのもんなんですよ。ジムゴードン、ディーンパークス、ジムホーン、チャックフィンドレイ、ハーブペダーセン、、、。元ドミノズドラムもいいノリだし、ディーンパークスなんかスティーリーダンでのギタープレイよりも数段楽しげに聴こえますね~(僕があんまりダン好きじゃないからかも・笑)。濃いめだが暑苦しくないリヴァースの歌ももちろん最高。

旧盤の‘もっともっとやってちょ感’を解消するであろうこのリイシュー。早く聴きたいぞ。そして旧盤にスンゲエ価格をつけてる奴、ざまみろ(笑)。

スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ライアンビンガム、いい感じです

2007/07/30(月) 18:26:04 [ロックの話題]

Ryan Bingham
土曜日のライブハウスで煙草にやられてDead Horses / Ryan Bingham(なにしろ昼、リハのために入場した瞬間に目がしょぼしょぼしたくらい強力でした)以来、いまだ喉の調子がおかしいのですが、どうせならこの機会にこんな声になってみたいと思うのが米国のシンガー、ライアン・ビンガム(Ryan Bingham)。う~んいい声です(しわがれ系。彼が煙草を吸うのかどうかは知らない)。

彼の作品は去年のアルバム「Dead Horses」しか聴いたことがないのですが、音は所謂アメリカーナ。アコギにフィドル、マンドリン、バンジョー、、、。マークフォードが何曲かプロデュースしてる(ライブも一緒にやってたみたい)のも楽しい。英語でない曲(スペイン語?)があるのもおもしろい。次のアルバムも楽しみです。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

昨日はご来場ありがとうございました!そして本日は選挙ブギー!!

2007/07/29(日) 15:00:25 [ロックの話題]

Let All The Children Boogie
さっきから大雨&カミナリ。こんなことで選挙に行かない、なんていう人がいないことを祈る。どこかの政治屋に「選挙に行かないでくれるといい」などとバカにされたくないし。どの党に入れようとかまわないが、とりあえず権利のある人は全員行くべきでしょ。どこに誰にいれたらいいかわからないと思ってる人でも、入れたくない人はいるんじゃないの。だったらそれ以外の人に入れましょう(できれば対抗してる候補者に)。自分が行っても変わらないでしょ、なんて考えてる人は今後どうなってもどうされても文句を言う権利や資格を放棄した人と言えるのではないでしょかね。

僕はピーカンの午前中に行ってきましたよ。若い頃はぜんぜん投票所に行かず、「選挙なんか行ったことないよ」というのがちょっとかっこよく思えたりしたこともあったけど、もちろん今は大後悔。とりあえずみんな行っときましょ。

なあんてかたい話から始めちゃいましたが、昨日はトイボックスのライブでした。畑違いの対バンの音に馴染めなかった方も多々いらっしゃったと思いますが、みなさまご来場ありがとうございました。初めてお会いできた方もいてめっちゃ嬉しかったです。しかしながらいつも以上のヘロヘロな演奏でどーもスイマセン(笑)。次回は(っていつかわからないけど)もっとたくさんの人が来てくれると嬉しいな。

上の写真は昨日ライブで着たTシャツです。アンティークピンクですよ。

記事URL | Comment: 12 | Trackback: 0

明日はトイボックスのライブ

2007/07/27(金) 19:59:25 [ロックの話題]

Toybox
きょうは昨日に匹敵するお笑いニュースがなかったため、明日のトイボックスライブ@四谷アウトブレイクの宣伝です。開演は5時半ですが、トイボックスの登場は多分7時ちょい前か7時くらいだろうと思います(リーダー教えて!)。そして当日価格は2000円ですが受付で「TOYBOXを観に来たゼ(原文ママ)」と言っていただければ前売価格1500円で入場できるとのこと。明日28日晩、時間のある方はぜひ四谷へお越しくださいませ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

本日のお笑いニュース

2007/07/26(木) 17:40:43 [ロックの話題]

町田康
朝から大笑いさせてもらいました。ご両人ありがとう!(笑)

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

久々のいい天気。ポリスからダグサームへ

2007/07/24(火) 14:39:33 [ロックの話題]

Doug Sahm
レコードコレクターズを眺めてたら久々にポリスを聴きたくなってファーストとセカンドを聴きましたよ。当時は激しく衝撃を受けたこの2枚、今聴いてもスリムでタイトな音がかっこいい(さすがに衝撃はないけれど)。それまでロックとレゲエはまったく別もの感覚で聴いてたのに、ポリス以降同じ地平同じ感覚で聴くようになったってのが凄いですなあ。それより前、ECの“アイショットザシェリフ”ではまったく感覚のパラダイムシフトは起こらなかったし。僕の場合、ポリスも三枚目以降はウ~ンてな感じなので、次はダグサームの“見つめていたい”カバーでも聴きますかね(収録アルバムはCDになってない模様)。テックスメックス恐るべし。今やこっちの方が刺激的ですわ(笑)。
Outlandos d'AmourReggatta De BlancLive Love / Sir Douglas Quintet
サーダグラスクインテットは77年のライブも聴きますよ~。ロッキーエリクソンの“スターリィアイズ”カバーも演ってます。

本日のロックTシャツ => やっぱこれでしょ!

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

Tシャツショップにカートシステム導入!

2007/07/22(日) 20:02:47 [ロックTシャツ]

カートシステム導入記念!
カート番長パットさんのおかげで、Tシャツショップに念願のカートシステムを導入できました!(パットさんありがとう!!!)

これを記念してスペシャルプライスページをつくってみました(笑)。一枚\1,700です(各一点・早い者勝ち)。そんなに種類はないけどさらに追加するかも。この機会にみなさまどんどんご購入くださいませ(笑)。てなわけで、さっそくTシャツショップへゴー!

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

Yeah! ブルーズメン

2007/07/21(土) 16:52:05 [ロックの話題]

Sonny Boy Williamson
DICKさんからお借りしたDVD「The American Folk Blues Festival 1962-1966」シリーズをちょっとづつ鑑賞中(ありがとうございます!)。American Folk Blues Festival 1962-1966 Vol.1本日は第一巻のお話ですよ。伝説のブルーズマンたちが次から次へと登場するホント素晴らしい映像集なのですが、意外とこざっぱりした人たちが多い中、僕は異色を放つ胡散臭い雰囲気のサニーボーイウィリアムソンがお気に入り。この人どう見てもブルージーですよ。サニーボーイがデロデロな動きで紹介したロニージョンソンが、パリッと身なりで小奇麗に登場したときは思わず笑っちゃいましたね~。

あと、マディの動き(ギターなし)はミックがパクッてるな(初期)とか、正直あんまり好きではなかったオーティスラッシュがかっこいい!とか、69年のアールフッカーはロックやんとか、他にも見所満載。そのうち欲しいな、このDVDシリーズ。

話は変わって来週7月28日(土)は、四谷のOutbreakというライブハウスでトイボックス(ギター=僕)のライブ(全6バンドのうちのひとつ)です。前売1500円、当日2000円となってますが、当日来ていただいても前売価格で入れる方法がある!とトイボックスのリーダーに聞いておりますので、みなさまぜひお越しくださいませ。

記事URL | Comment: 10 | Trackback: 0

天然パーマネントの嘆き

2007/07/20(金) 17:52:02 [ロックの話題]

Elvin Bishop
数日前にかなり髪を切ってさっぱり涼しく頭も洗いやすくなったのはいいが、自分が天然パーマネントであることをすっかり忘れていたのは大きな誤算。これまでは長かったので頭のてっぺんから生えている毛も、サイドに生えている毛も、襟足から生えている毛も、全毛先が肩辺りに集中していた。よってそのあたりに気をつけていればある程度まとまりを保つことが可能であったのです。

しかし現在は中途半端な長さになってしまったので頭の表面全域に毛先が分散、これまでのように集中管理が不可能になって毛先は自由闊達にうねりを開始。とくにこの湿気の多い季節においてその傍若無人ぶりには目を被うほどなのです。たま~に「ええ感じにパーマかかってるやん」などと言われることもあるが、そのような状態になる確率はサマージャンボ一等前後賞合わせてウン億円当選並み。たいていは曲がって欲しくない方欲しくない方へクリンクリンと、、。
Let It Flow / Elvin Bishop
昔は前半のファンキーサイドが好きでしたが、今は後半のカントリーサイドが最高です。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

Ain't No Cure For...

2007/07/19(木) 17:19:36 [ロックの話題]

キヨシロー

昨晩は、先日ニールのイベントに行けなかったので観られなかったアルトマンのラスト作「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を観に行きましたよ。おもしろかった~。微妙に外してるというかちょっとずれてる感を覚えなくはなかったけれども、そんなことは関係ない。いい映画を観た、よかったという気持ちが湧けばそれでいいのです。テレビ画面ではなく映画館で観るべき映画だったのも嬉しかったですね~。
今宵、フィッツジェラルド劇場でカバーズ / RCサクセション

本日のロックTシャツ => 柏崎刈羽原発が世界最大の原発であること知ったうえに、CNNのサイトで日本のニュースや新聞では見たことない写真(14番目の写真、すっげえ噴出してるよ~!)を見て戦慄を禁じえない今、これ着てRCサクセションの“サマータイムブルース”聴きます。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

髪切ってマッギン

2007/07/18(水) 14:29:26 [似顔絵ロック]

Roger Mcguinn
髪の毛を10人前分くらい切って、サッパリ(わやや)くんになりました。髪の洗いやすさは風呂で軽くスキップなんぞを踏んでしまうほど感動的。ああオレはこの日のこの感動のために、ブラシが通らない、痛い、毛に結び目がいっぱいできる、妙だ、暑い、鬱陶しい、周りから白い目で見られる、、などの苦行を耐え忍んできたんだなあ、なんて遠い目をしながら聴くのはバーズの「タイトルのないアルバム」。Untitled / Byrds

旧バージョン(CD一枚)のときはそんなに気に入ってなかったけど、数年前にリマスターされてCDニ枚組に生まれ変わったのを聴いたらもう最高。追加された二枚目の方が最初から出てたらな~、、と思うほど。素晴らしいです。はい。

上の絵は「Player Guitar Love」用に描いた、相当かっこつけていたバーズ時代とは違い泥棒髭がナイス(笑)なロジャー・マッギン。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

落語おもろいっすねえ

2007/07/17(火) 12:22:22 [ロックの話題]

この人は出ませんでした
ニールイベントに行けなかったから、というわけでもないのですが昨日は新宿で落語。大阪で吉本新喜劇などのお笑いは何度も観ているけれど、落語は昨年に続いて二度目です。知識なし!でもオモロイ!さまざまな芸風の落語や漫才を間近に体験できて2700円!最高!満員!音楽ライブもいいけど落語ライブもいいもんですなあ。また行こうっと(上は落語家イラストのラフ案=残念ながら日の目を見ず)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

ニールイベント行かれへんかったし、、、

2007/07/15(日) 17:56:35 [ロックの話題]

Neil Young
昨晩は吉祥寺で、ニールヤング、爆音、ホース、アルトマン、、僕の好きなキーワードがいっぱいの素晴らしいイベントが行わたんやけども、残念ながらバンドの練習で行けず。そして本日の代々木でのニールな人たちのライブも行かれへんし。しゃあないからニールの奥方、ペギヤングのアルバムでも聴きますわ。
Pegi Young / Pegi Young
けっこう好き、、。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ゴンとチチでゴンチチです

2007/07/13(金) 18:44:51 [似顔絵ロック]

Gontiti
「Player Guitar Love」用に描いたゴンチチ。大昔になんかのロックフェスで観たことあります。野外ぽくないおふたりだった記憶が、、(笑)。しかしゴンチチというと中島らもを思い出すのですが、なぜでしょね。

本日のロックTシャツ => これですよ!

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

大日本人観てハートフォードカフェへ

2007/07/12(木) 16:42:34 [ロックの話題]

大日本人

昨日は、観たかった、というより観てみたかった映画「大日本人」をやっと観ましたよ。松本人志ファンが「俺はわかるけど他の人には勧められへんな」などと口々に言いそうな映画でした(なんか嫌ですな~・笑)。僕は、トカゲのおっさんとゴレンジャイを無理なくくっつけるのは難しそうやね~、なんて関係ないことを漠然と思ったりして(笑)。

その後、かな~り久し振りにハートフォードカフェへ。またまたナイスな音楽を教えていただきましたよ。なかでも、ジャケは知ってたけど聴いたことがなかったマークエリントンが気に入っちゃいました(またまた髭!)。アメリカ人によるブリティッシュスワンプ??
Rains/Reins of Change / Marc Ellington
聴かせてもらったのとは違うけど、リチャードトンプソン好きとしてはこれも聴いてみたい!

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

ニューTシャツはスライドギター特集!(笑)

2007/07/10(火) 15:06:54 [ロックTシャツ]

EverydayRock Tシャツ
<Just Slide A Bottle>
そりゃもう天も翔けます。
何色か用意してますが、写真のカラー(キャメル)はSサイズ一枚のみ。売り切れゴメン。

EverydayRock Tシャツ
<Mojo Boogie>
ギュインギュインですわ。

EverydayRock Tシャツ
<House Rocking Boogie>
ダーティにブギー!

さあ、EverydayRockロックTシャツショップへゴー!!

▼オマケ
EverydayRock Tシャツ
<Ain't Got No Home?>
これは非売品。自分で着てます。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

おお、いい感じの英国スワンプですやん

2007/07/08(日) 23:59:48 [ロックの話題]

Andy Fairweather Low
「Player Guitar Love」用に描いたアンディ・フェアウェザー・ロウ。正直ECのイメージが強かったので(僕にとってはあんまり印象よくない・笑)観たことはあるが最近まで聴いたことがなかった英国人ギタリスト。ところが(多分)最新のソロアルバムを聴いてみたら、これがイイ!2006年のアルバムがこんなにいいってことは70年代に発売されたソロアルバム群は、彼の音楽を考えてみるに、最高かもしれん!なあんて思い始めちゃったりなんかしちゃったりして。また聴きたいのが増えましたよ(笑)。
Sweet Soulful Music / Andy Fairweather LowWide Eyed and Legless: The A&M Recordings / Andy Fairweather Low

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Swingin' Boppin' Squeezin' Blowin' Stompin' Bouncin'

2007/07/06(金) 11:36:11 [似顔絵ロック]

吾妻光良
観た人聴いた人は全員、スゲエ!と絶句したのち大声で笑い出しダラダラとヨダレ垂らしながら大泣き&ダンシンモード突入に違いないスウィンギンバッパーズ。と言いつつまだライブは観たことがないんですよね。今度のブルーズ&ソウルカーニバルに出るのだが、、(マダムギターも!)。てなわけで、Player誌のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いた御大、吾妻光良さんです。ライブは体験してないけど新宿の某ブルースバーですれ違ったことはあります(笑)。
Squeezin' & Blowin' / 吾妻光良&The Swinging BoppersStompin' & Bouncin' / 吾妻光良&The Swinging Boppersブルース飲むバカ歌うバカ / 吾妻光良
うちにあるのはこの2枚。笑えます、泣けますの素晴らし盤。他のも聴きたいですなあ。右の本も手に入れたいですよ。

本日のロックTシャツ => これ。バックに印刷してるので脱いで撮影。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ロック有識者会議

2007/07/05(木) 19:01:37 [ロックの話題]

Keith Richards
昨晩都内某所にロックの有識者が集まり「ロック有識者会議(もちろん表向きにはこう表してはいない)」が開かれた。Talk Is Cheapワタクシ某日某筋からこの会議の開催を伝え聞き、なんと潜入することに成功。片隅で静かにどのような案件が議題にのりどのような審議を経てどのような決議に至るのかを興味深く見守ることに。今回は北海道から高位の有識者を迎えての会議なのだそうだが、会議が始まるやいなや金盤、銀盤、白盤、果てはエロラベル盤までがテーブルを右往左往する儀式らしきもの開始。「えっそんなものがあるんですか!」「それはXXXですか?」「素晴らしい!」などの歓声、怒号が飛び交う中儀式は終了。ワタクシとしては、さあこれからが本番、有識者の素晴らしき貴重な意見や知識やその他思いもよらないものを髪の毛一筋ほども逃さずしっかりと吸収すべく身を緊張にこわばらせて聞き耳を立てる。
MTVロック検定公式テキストブック
しかし!その後はなんと90パーセント以上を笑い声に支配されるバカ会議っ振り。二時間にわたるお笑いセッションののち場所を替えるというので、ほほうここまでは世間を欺く仮の姿、真の重要案件は次の会場でってことなのだなとひとり深く頷き、内心心躍らせつつも表情をわざと強張らせつつ移動、第二会場での議題に備える。しかし!第二会場でのお笑い度は第一会場のそれを上回るもの。笑い過ぎの挙句顔を強張らせて帰宅することに。そしてその手には素晴らしいお土産の数々が握られているのでありました。
MTVロック検定 公式問題集
思えば何か問題がおこったりするたびに組織される「有識者会議」およびそれに参加する「有識者」に常々疑問を抱いておったのであります。だいたい、有識者会議を開くのであるがあなた有識者として参加しくれたまえ、と言われて、あ、オレ、有識者、、といそいそ参加する神経がわからねえ、ぼけっ、と唸っていたら、昨晩の会は「ロック有識者会議」ではなかったということが判明。みなさんどーもすいません。めっちゃ楽しかったです(笑)。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Kissのポールとエース(とジーン)

2007/07/03(火) 16:38:33 [ロックの話題]

Ace Frehley Paul Stanley Kiss
雑誌「ヤングギター」の別冊(?)ギターマイナスカラオケCD付スコア「オケメタル Vol.5」に描いたキッスのポールスタンレーとギターから煙を出す技(?)を持つエースフレーリー。オマケにジーンシモンズですよ。
オケメタルVol.5

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

カバー曲考

2007/07/02(月) 21:14:50 [ロックの話題]

Chris Robinson Rich Robinson Black Crowes
昨晩は代々木のロック串かつ屋さんで、スワンプダイヴァーズ、コスモポリタンカウボーイズのライブ(途中で入店したので観たのはこのふたつのバンド)を大いに楽しんだわけですが(レポートはテキサス日記でどうぞ)、このふたつのナイスなバンドを観て考えたのがカバー曲問題。

問題といってもダイヴァーズやカウボーイズの問題ではなくて(問題なんかありませんとも)、僕が所属するバンド、トイボックスでのこと。けっこう長い歴史を持つらしいトイボックスに入って2年弱、企画ものライブのとき以外はすべてオリジナル曲でカバー曲を演奏したことはなし(昔はカバーやってたらしい)。考えてみれば長年アマチュアバンドをいくつもやってきて、おもにカバー曲を演奏してきた僕にとっては異例なこと。いつも、つぎ曲なに演る?あれええんちゃうん?そら無理やで、、と曲決めを楽しんできたはず(そこが一番楽しかったりして)。でもトイボックスではそういうことがまったくないのに違和感がないのはなんなんでしょうね。

僕が途中で加入した身であるからとか、リーダーのつくる曲が素晴らしい(笑)とか、コピーをちゃんとするのがめんどくさい(できない)とか、いろいろ理由はありそう。しかし新入りギタリストの僕が見るところ、メンバーが全員好きなバンドなりジャンルなりがない(多分・笑)、からではないでしょうかね~。全員が共通して好きなのはオリジナル曲だけ、と。みんなで話をしても音楽の話はほっとんどしないし、、。

トイボックスでは曲選びの楽しみはないけど、スタジオでリーダーが新曲をみんなに弾き語りで披露するのを聴いて、コードおかしいで、キーがちゃうやん、尺がずれてまっせ、小細工はいらんからフツーにギター弾いてや~、さっぱりわからへん、、なんてワイワイやるのを楽しんでますわ。そんなトイボックス(笑)、今月28日に四谷のライブハウスで演奏しますので、お時間があればぜひお越しくださいませ。
Brothers of a Feather / Chris & Rich RobinsonBrothers of a Feather / Chris & Rich Robinson
以上、知らん人にはさっぱりなお話でスミマセンでしたが、カバー曲といえば、ビッグなバンドにもかかわらず多数のカバーで楽しませてくれるブラッククロウズの新作は来年に延びたっちゅう話。かわりに(?)クリスとリッチの兄弟によるアコースティックライブアルバムがもうすぐリリースされるとのこと。ここでもいくつかカバーやってますねえ。久々にカバー曲選定会議もやりたい気持ちが、、、(笑)。

本日のロックTシャツ => とりあえずこのギターTでロックしましょ。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Texas Orange Tex-Mex T Shirt

2007/07/01(日) 17:42:38 [ロックTシャツ]

Tex-Mex Tシャツ texas orange
アンヴィル(Anvil)ブランドで、テキサスオレンジというカラーのTシャツを見つけて、こりゃテックスメックスにぴったりやん!ってことで、さっそくつくってみました。超限定Sサイズ一枚だけ(笑)。けっこう渋いやや茶色っぽいオレンジ。Let's Go to T-Shirt Shop!早い者勝ち!(他の色はいっぱいありますよ・笑)

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

| HOME |