Rock Of Ages聴いたんですわ

2007/06/30(土) 20:24:31 [ロックの話題]

Levon Helm Robbie Robertson
久し振りにザ・バンドのライブアルバム「ロックオブエイジズ」を聴いた。オリジナルLP2枚組をCD一枚に詰め込み2枚目のCDにボーナストラックを収録した2001年のリマスターCD。いや~やっぱりいいねえ、アラントゥーサンもいい仕事してまんなあ、甘露甘露、あ、こりゃこりゃ♪、、とブックレットを眺めてみると“Don't Do It”のクレジットが‘Robertson’になっとるやんけ!やるなロビー・ザ・コキコキギターマン。わざとか?(笑) そういや「カフーツ」にもスタジオバージョンが入ってたはず。さっそく見てみるとこちらのクレジットは‘Gaye’。そうですかそうですか。敢えてマーヴィンのアルバムは見ずに、正解はザ・フーのアルバムで確認。
Rock of AgesCahootsRarities Vol.1 & 2 / The Who
ところでレヴォンさんが大変なことになっているらしいのは皆様ご存知とは思いますが、あの英語長文の日本語訳がYukoさんのブログ「My R&R」に掲載されてます。う~ん$500かあ~。コキコキさん、なんとかしてくれへんもんですかねえ。
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 1

ラニーニャ対策にロックTシャツ!(笑)

2007/06/29(金) 12:59:37 [ロックTシャツ]

EverydayRock Tシャツ
いやあ蒸し暑いです。エアコンが苦手なので扇風機やらサーキュレーターやらが大活躍中なのはいいけど、猛暑といわれる今年の真夏でも我慢できるでしょうかね~。心配で心配で夜もオチオチ眠れず夜通しフォークダンスの日々ですが、久し振りに新作Tシャツいくつか追加しましたよ。ちょっとTシャツショップもリニューアル。ホントはカートシステムを導入したいのでありますが、パソコンちんぷんかんぷんの僕には三日三晩踊り明かしても無理そう。ただいまCGI番長に相談中ですよ(お世話になります!)。

■お知らせ
Tシャツのボディは今までAnvil(アンヴィル)をメインに使ってましたが、今後はUnited Athle(ユナイテッドアスレ)をメインにします(カラーバリエーションも変わります)。United AthleのTシャツはちょっと柔らかめで首周りが伸びにくく、ちょっとだけ丈が短いのが気に入ってます。同じラインでXSサイズがあるのもややこしくなくてグッドです。とはいえAnvilの豊富なカラー(テキサスオレンジ、、とかネーミングもナイス!)とカラッとした手触りは捨てがたく、平行して使っていこうと思ってます。みなさまよろしくお願いいたします。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

最高!でもちょっと心配、Nick Loweさん

2007/06/27(水) 01:08:21 [ロックの話題]

Nick Lowe
先日、京都のボヘミア55号さんからAt My Age / Nick Lowe激痩せしたことを教えてもらって、どうしたんかいなと思っていたニックロウ大先生の新作「At My Age」。いつもながらの名曲三昧。ニックロウ風英国産ハイ・サウンド(違うか・笑)にも磨きがかかってます。最高。ただちょいと気がかりなのが少々声がかすれ気味で声が出てない感があること。手術前のキヨシローのかすれ具合に似てるっぽいような気もするし、そう考えると痩せちゃったことや、アルバムが30分ちょっとくらいしかないってのも気になってきますね~(まあ前作前々作も収録時間40分なかったような気がしますが)。

本日のロックTシャツ => パッとしない天気でしたが(あっ梅雨でしたね)、これでファンキー気分でっせ。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

“そんな夜”にはDr. John

2007/06/25(月) 15:14:01 [ロックの話題]

Dr. John
昨晩は近所のライブハウスで、MOONEY, KOTEZ, YANCY。先月のこのライブも4月のこのライブもめっちゃよかったのでかなり楽しみにしてたんですけど、、、う~ん久し振りに、喧騒の中の孤独(笑)みたいなのを感じちゃいましたね~。周囲の大盛り上がりの中、僕ら一行三人だけ生ビール並みに冷えちゃってどうもスイマセン。演ってる音楽は大好きなジャンルで演奏も上手いなのにノリきれずどうもスミマセン。「なんじゃこの空気」なんて呟いてどうもスミマセン。アンコール聴かずに他所に酒飲みに行ってどうもスミマセン。帰ってジョニーリヴァースとDr.ジョンを聴いてしまってどうもスミマセン。
L.A. Reggae/Blue Suede Shoes / Johnny RiversIn the Right Place / Dr. John
“Rockin' Pneumonia - Boogie Woogie Flu ”と“Such A Night”どちらも大大大好きな曲なのです。

本日のロックTシャツ => きょうはこれでハッピィにいきたいもんです。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

晴れてもブルーズ、マジックサム

2007/06/23(土) 15:37:51 [ロックの話題]

Magic Sam
かなり前に発見して以来、何度も観てため息をついているのがこのマジックサムのブギ(ビデオ後半)。凄い!どんなリズム感やねん。かっこよ過ぎますな~。

映像を保存したいがやり方忘れました(笑)。久し振りにライブ聴こ!これをはじめて聴いたときは本当にぶっ飛んだな~。
Live / Magic Sam

記事URL | Comment: 13 | Trackback: 0

外は雨、たまには戦前ブルーズを

2007/06/22(金) 14:44:21 [似顔絵ロック]

Big Bill Broonzy
「Player Guitar Love」用に描いたBig Bill Broonzy。Where the Blues Began / Big Bill Broonzyこの偉大なブルーズマン、これまでいろいろなコンピなどでちょこちょこっと聴いたことがあるだけでしたが、今回ちょっとまとまったのを聴いてみましたよ。他のブルーズマンたちと違って爽やかささえも感じますねえ。古い音源なのでプチプチ音はするけどドロドロはしてない。ピアノが入って軽快。ホーンでモダン化。ヴァイオリンが入ったりする曲があるのもオモシロイ。ギタープレイはクッキリ切れ味鋭く凄いけど、悪魔とは取引してない感じです(笑)。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

最近聴いてないけどシェリルクロウ姐さんですよ

2007/06/21(木) 15:31:22 [似顔絵ロック]

Sheryl Crow
「Player Guitar Love」用に描いたSheryl Crow。ストーンズのライブにゲスト出演した映像を見て以来、ええやんええやん、と初期の三枚はよく聴いたのですが、その後いかがお過ごしでしょうか?
Tuesday Night Music Club / Sheryl CrowSheryl Crow / Sheryl CrowThe Globe Sessions / Sheryl Crow
一番ロックなセカンドが気に入ってたような気がするけども、忘れました。しかしどれもユーズド価格¥1~ってのは凄いですね~。そんだけ売れたってことでしょうが。販売者は一円で売ってなにかいいことがあるのでしょうか?

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

ニックロウ98年の‘In Quatro’

2007/06/20(水) 19:30:50 [ロックの話題]

Nick Lowe
このところCD、レコード買う量激減してんなあ、こんなことじゃあいかんなあ、とくに今月はCD一枚アナログ二枚(全部中古)しか買うてへんやん、いただきもの音源がメチャメチャ充実してるからやろなあ、You Inspire Me / Nick Lowe嬉しいなあ、みなさんありがとう、、なんて独り言をぶつぶつ言いながら、昨日はCD中古屋さんでニックロウ98年のミニアルバム(シングル?)「You Inspire Me」をみつけ購入。メインはアルバム「Dig My Mood」からの一曲、でも残りの4曲がライブインジャパン、大好きな“恋する二人”も収録、となれば迷いません。こんなん出てるの知らんかったな。ちょっと嬉しかったな。でもどうせならフルのライブでもよかったな。何でフルライブインジャパン出さへんねん。あのときのメンバーにはジェレイントワトキンスもおってんで。ヴォケ~。と意味なく罵ったりしつつ聴いてみる。DATイッパツ録りのような音で4曲中3曲はアコギ弾き語り。もちろんいい感じ。シカシニッポンノオキャクサンノリワルイネ。
At My Age / Nick Lowe
▲こっちは久々の新作。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

クリフトンのザディコ&ブルーズ他

2007/06/19(火) 18:08:02 [ロックの話題]

Clifton Chenier
テキサスさんにいただいた盤にもクリフトンシェニエ収録(「Bogalusa Boogie」)。先日サイケさんもシェニエに触れてたし、これは期せずしてザディコブーム勃発かっ。梅雨入り以来連日雨なし高気温ってのも関係あるのか。早くもラニーニャの影響なのか(笑)。どうでもいいけどシェニエいいですなあ。うちに音源がある「Louisiana Blues And Zydeco」も合わせて聴きまくりですわ。
Louisiana Blues And Zydeco / Clifton ChenierBogalusa Boogie / Clifton Chenier
テキサス盤には、他にも新旧取り混ぜナイスな音楽が満載。まずは新しめなところから。若いときに聴いてたらハマッたやろな~と思わずにはいられないホワイトストライプスのニューアルバム。なかなかかっこいいけど、まああんまり聴かんやろね(笑)。一方、ラスト曲の、ソォウルシンガーイナセエッションバァ~ンドというリフレインがアタマにこびりつくブライトアイズの新作は何度も聴きたくなりそう。
Icky Thump / The White StripesCassadaga / Bright Eyes
リチャードトンプソンやフェアポート、ポールにロニーレイン、ダグサームなどのベテラン勢。ゆっくり楽しみつつ聴いていきたいと思います。テキサスさんありがとう。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

ラニーニャ対策

2007/06/18(月) 16:30:04 [ロックの話題]

Gabby Pahinui
おとといUdon-YaでDickさん(自称、極度の人見知り)からいただいた三枚のうち「ラニーニャ対策」という盤をナウ・プレイング。Mixiでの日記を初めて読んだ人は必ず最初から全部読んでしまうという、素晴らしい言語感覚を持ったDickさんならではのナイスでタイムリーな名称。こりゃ聴いちまいますね。内容は、スワンプブルーズにザディコ・ゼン&ナウ、ハワイアンスラックキーギターがこってりジメッと爽やかに。いやいや最高。このあたりはまだまだ初心者なのでホントに嬉しい。エアコン嫌いの僕は、これとキンキンに冷えたビールで今年の猛暑(予定)をダンシン&シンギンしつつ乗り越えることにしますっ(笑)。
トイボックス at Udon-Ya 070616
▲顔が写ってないのが功を奏してなかなかカッチョイイ俺(笑)@Udon-Ya おととい。スーパードラマー、留学帰りのYummyさんもグー!パットさんちからパクってきたフォトです。

本日のロックTシャツ => ラニーニャ対策の一環、これいっときます。

記事URL | Comment: 16 | Trackback: 0

トイボックスライブ!やっぱパイレーツのようにはいきまへん(笑)

2007/06/17(日) 16:01:08 [ロックの話題]

Bill Wyman
昨日はトイボックスも参加の半年振りUdon-Yaライブでした。演奏グダグダでスンマセン。曲覚えが異常に悪いので、一週間前に練習した新曲をその後一度も聴かなかったら(聴けなかった)、イントロから思い出されへんかってスンマセン。新曲だけがぐだぐだってわけでもなかったんもスンマセン。だいたい会場に行く前にギターの弦を張り替えようとしたら一弦だけセットに入ってなかったところから、イヤな予感がしてたんですわ。六弦だけないのならキースの五弦ギターになるけど、これやったらなんにもならんやんけ!、、なあんてね(笑)。お越しいただいたみなさまへ、とにもかくにも感謝感謝。どうもスンマセン。

帰りにテキサスさん、ディックさん、パットさんからまたまた大量の音源や映像をいただき、大喜びでギターを振り回しながら帰宅すると、た さんからもDVDが届いておりました。みなさん、ありがとう!

昨日のロックTシャツ => これ着て演奏しました。うるさそうでしょ。

記事URL | Comment: 14 | Trackback: 0

ラモーンズからパイレーツ、、、

2007/06/15(金) 14:58:00 [ロックの話題]

Johnny Depp
昨日からラモーンズが止まらないのでございますが、The Very Best of Rock's Original Hellraisers目先を変えてパイレーツを聴いてみた。これがまたよい。ガッツンゴッツン。このギターはやっぱり只事でははないですよ。バンドとしてはソートーおっさん臭いけれども凄いもんはスゴイ。明日はわがトイボックス久々のライブ。パイレーツみたいにロックできればいいけど。

本日のロックTシャツ => これ。なんじゃこのおっさん(笑)。

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

工事の騒音対策はラモーンズで、、、

2007/06/14(木) 19:38:04 [ロックの話題]

Ramones
昨日は静かだったのできょうもだいじょぶやろと思っていたら、またまたガガガッゴリゴリッとインダストリアルノイズの嵐。音源はやや遠くなったとはいえやっぱうるさい。一日置くとまたまた新鮮にうるさい。で、朝からラモーンズ。一日中ラモーンズ。曲単位での音量変化が少ないし、バラードなんてこの際いらんものはないし、なかなかのセレクトやん、と自画自賛しつつ聴く聴く聴く。こんなにラモーンズ聴いたの初めてですわ。
LIVE IN NYC1978Live January 7, 1978 at the PalladiumLoco LiveWe're Outta Here!
今日は聴いてないけどライブの方がよかったかも。なんかいっぱいありますな。

昨晩は今さらながらの「パイレーツオブカリビアン」の一発目。おもろかった。これは劇場では多分爆笑の渦やったはず。こういう映画は劇場でゲラゲラわいわい観たいもんです。二発目、三発目も観たくなりましたよ。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

チャックはチャックでも、、、

2007/06/13(水) 16:54:53 [ロックの話題]

Chuck Rainey
「Player Guitar Love」用に描いた、ぷくぷくベースでお馴染みのチャック・レイニー(Chuck Rainey)。グルーヴマスターのひとり。しかしまあいろんなとこに参加してますなあ。ライブでも知らんうちに体験してるかも。カリフォルニアシャワーのときのコンサートで、コーネルデュプリーがいたのは覚えてるけど、、。ピンクレディは未体験(笑)。
Coalition / Chuck RaineyDarkness Darkness / Phil UpchurchCalifornia Shower / 渡辺貞夫アメリカ!アメリカ!アメリカ! / ピンク・レディー
ソロアルバムは20年くらい聴いてみたいと思ってるけれど、いまだ聴いたことありません。フィル・アップチャーチは、ソロアルバムやから言うてよくもそこまで弾けますなあ、なギターをぷくぷくバックアップ。ナベサダ、、忘れた。ピンクレディ、、わからん(笑)。

本日のロックTシャツ => これ。ブルーズパワーでっせ!

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

My Ding-A-Ling

2007/06/12(火) 11:33:13 [ロックの話題]

Chuck Berry
よっしゃ、きょうは静かや~!とヘロンの“イエローローゼズ”で爽やかに一日をスタート、、、の筈がヘロン&シングル曲終了前にガガガガッゴリゴリゴリゴリゴリッ・・・工事開始!まだまだ本日もインダストリアルは続くようです。しかしまあ人間よくできたもんで、かなりうるさいけれども昨日よりはノイズが気にならない。少なくともいきなりイラ~ッとは。ひとり騒音まつりが効いたのかしらん。

いずれにせよあと少しの辛抱であろうことを期待しつつ、さすがに木漏れ日フォーク(ヘロン)はあきらめて、またまたチャックベリー。ロンドン・チャックベリー・セッションズ。1972年作。
The London Chuck Berry Sessions
先日、聴きたいと書いたのち、中古LPを見つけて買ってしまったのです。ミルトングレイザーとかピーターマックス、さらにはイエローサブマリンを連想させるイラストのジャケがナイス。演奏が、というより曲がかなりテキトーっぽいA面にはマックとケニーのフェイセズチームも参加。B面には“マイディンガリン”の大ヒットしたバージョンの全長版(たぶん。12分近くある)収録。いやいいっすね。チャックベリー大好き。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

うるさ~いうるさ~いうるさ~い

2007/06/11(月) 16:30:41 [ロックの話題]

Lou Reed
昨晩は遅かったし今日はちょっとゆっくりできるなと気持ちよく眠っていると、朝も早よからびっくりの大音量工事音 from 玄関前あたり。しかも庭の方からはヘリがブンブン。とても寝てられましぇ~ん。ヴォケ~!そのうちヘリはいなくなったが、その後も昼の一時間ぐらいを除いて騒音コンティニュー。

もうテレビの音も聞こえんし今聴きたい音であるロニーレインの音なんかいとも簡単にかき消されるしもちろん普段から慣れ親しんでいるピアノコンチェルトの妙なる調べなんか聴こえるわけもないしたまに聞こえるおっさんの声もうるさいし、こうなったら対抗してハードロックを大音量でぶちかますしかない!とブラックサバスやZEP、モントローズなどをああでもないこうでもないと、とっかえひっかえかけてみるが、トーゼンうるさい曲ばかりでもなく曲間などという本日に限っては鬱陶しいものが存在するので外の騒音にはとても太刀打ちできない。そんなこんなでやらなきゃいかんことをなあんにもできずに無駄に時を過ごしているなかハタと気付いたのは、毒には毒をってこと。
Black Sabbath Vol.4Very Best Of MontrosePresence / Led ZeppelinMetal Machine Music / Lou Reed
これまではいかにうるさいとはいえ曲がりなりにも‘音楽’で対抗しようとしたのが間違い。こうなったら鍋ややかん、おたまにフライパンを駆使してひとりドンちゃん騒ぎノイズミュージックまつり、外の騒音を自らのミュージックワークに取り込んで昇華させるという実験を思いたったが吉日、すぐさま実施。部屋中を暴れまくってノリまくって外に負けない騒音を発射放射ひとり躁状態数時間。さすがに疲れて騒音放射をブレイクしてみると本日の工事はとっくに終了。かつてない静けさが部屋を満たしていたのでありました。

本日のロックTシャツ => これ。ジャア~ンプ!

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

ジェシウィンチェスター再発見

2007/06/10(日) 13:59:44 [ロックの話題]

Jesse Winchester
ちょいと前にtakesuさん、いやガンボ番長、いやいやドミノ番長、え~っとセントパトリックさんから多数いただいた音源のひとつがジェシウィンチェスターのライブ「Live at the Bijou Cafe」。Live at the Bijou Cafeジェシウィンチェスターといえば、名盤といわれていたにもかかわらずなかなか聴けない一枚だったファーストアルバムをだいぶ経って初めて聴いたとき、なんだかちょっとがっかりしたんですねえ(かなり昔の話です)。以来ほとんど聴いてなかったのですが今回久々に聴いてみて、ええやんこれ、ってことになったのはトーゼンのことでしょうか(笑)。

Jesse Winchesterかつて気に入らなかったのはたぶんジャケの髭面だけしか知らず、勝手に豪快かつコテコテの音楽(ちょいとダミ声で)を妄想してたからでしょう。忘れたけど。まあよく見ると髭面でも豪快さはなく繊細そうな感じなんですけどね(笑)。今回聴かせてもらったライブには“ルンバマン”って曲も入ってて、アッと思ったんですけど、Nicolette大好きなニコレットラーソンのファースト収録の“ルンバガール”はこの人のカバーだったんですねえ。初めて気が付きましたよ。う~んファーストアルバムをはじめ、他のスタジオ盤ももう一回聴いてみたくなってしまいました(あ~んもう持ってない・泣)。

パットさんには他にも、高田渡・漣親子のライブ盤、リンモリスバンドなどの音源(デッド関連の映像作品も)をいただきました。僕の場合これまでに馴染みのない音なので、なかなか絵を描いたりコメントしたりしづらいけれど、もちろんどれもいい感じですよ。パトリックさん、ありがとう!
27/03/03 / 高田渡/高田漣27/03/03 / 高田渡/高田漣

余談ですが、昨晩のバンド練習も無事(?)終了、今度の土曜日はいろんな意味で大変スリリングな演奏を披露できそうです(笑)。

本日のロックTシャツ => これ着てたら、なんか暗なってまいましたわ(笑)。

記事URL | Comment: 10 | Trackback: 0

本とかニューTシャツとかいただきもの音源とか日記風

2007/06/09(土) 12:24:53 [ロックの話題]

Tex Mex Tシャツ
昨日。どこかの妙な髪形の社長(会長でした)がテレビで謝ってるのを見つつ夕刊で松本人志「大日本人」が酷評されているのを読む。大人気であるとの情報でやや観たい感が薄れつつあったところへこの新聞ではなかなか見ない酷評。もちろん観たくなる。一部不評らしい松本本人のプロモーションでのやたらと倣岸な態度は気にならない。K祥寺にある客が食ってる間に喋ったら店主に怒られるというお好み焼き屋がいくら美味くても(お好み好きのオレでも)行きたくないがこの映画は観たい。たぶん食い物よりお笑いの方が自分の中で上位を占めているのだろう。お好み焼き屋なら他にもいっぱいあるしね。

輝く断片数日前。ガキの頃以来の「ハックルベリフィンの冒険」を読む。ちょっと前にマークトウェインの「ミシシッピ河上の生活」を読んでから久し振りに読みたくなった。記憶よりも分厚かったけれども「完訳」とあるのでガキの頃読んだやつは抄訳だったのか。もちろんおもしろい。最後の方は少々おかしなことになってたが、、。傑作。トウェイン。いい。その前に読んだシオドア・スタージョンの「輝く断片」も奇妙な発想に感心。おもしろかった。SFじゃないのもあるのね。

Douglas Quintet Plus 2 / Honkey Blues今日。先日サイケさんからいただいた音源を聴く聴く。どんどんエスカレートする銀盤上のエロフォトはどこまで行くのか。何を目指しているのか(笑)。中身はナイスなミュージックが満載。以前から聴きたかったブッカーT&プリシラが今の気分にジャスト。MG'sとは違う歌ものスワンプゴスペルソウル(ロック)。絶妙にディープではないところもよし。プリシラの声は妹とはあまり似てない。嗚呼ジェシエド、、。個人的ブーム続行中サーダグラスクインテットのセカンド。おお初期の音も微妙に未消化なごった煮で楽しい。なんでもやっちゃう人ですな。みごとにガレージなバンド、ネイムルーザーズもおもしろい。スウェーデンのバンドらしい。名曲の数々。ニヤニヤ。他にも多数の音源。サイケさんありがとう。

さて本日はトイボックスの16日のライブ前最後の練習。指のできもの破裂とここ数日の蕁麻疹(じんましん。はしかではありません)で前回練習からまったくギターを触ってない。だいじょぶか?オレ(笑)。

本日のロックTシャツ => これ着てたらギター弾けまっしゃろ(笑)。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

「ロニー」の余韻冷めやらず

2007/06/08(金) 14:23:01 [ロックの話題]

Ronnie Lane
そんなわけで、昨日はロニーレイン絡みの音源ばかりを聴いてましたよ。Live in Austinロニーのソロ4枚をメインにスモールフェイセズ、フェイセズ、映画にも登場したロックパラスト、ウッディとのサントラ、マリオットとのマジックミジッツなどなど(ピートとのラフミックスは発見できず)。多分最後期のアルバム「Live In Austin」も、このタイミングで聴くのはちょとツラ過ぎるかなと思いつつも聴いてしまい、、、う~ん。あと、イアンマクレガンとバンプバンドのロニーカバーアルバム「Spiritual Babe」もホンマ泣けますわ。

上の絵は以前に載っけたのと同じです。ロニーの‘3ピース’時代ですかね(笑)。

本日のロックTシャツ => これ

記事URL | Comment: 2 | Trackback: 0

映画「ロニー」観てきましたよ

2007/06/07(木) 15:13:29 [ロックの話題]

Ronnie Lane
昨晩は渋谷で「ロニー ~MODSとROCKが恋した男~」を観てきましたよ。料金1000円の日だったのもあり、多分他の日はそんなに入ってないと思われるのに満員状態。副題がワケわからん!場内が寒すぎる!客席の傾斜がゆるいので画面下の字幕が見えにくい!ジンマシンがかゆい!、、と文句を言いつつも映画自体は最高でした。ライブシーンは観たことがあるものがほとんど、でもロニーのカントリーライフ、パッシングショウなどの様子が垣間見れて嬉しかった~。そして終盤はもう滂沱なる涙ですわ。いや~よかった。

ロニーが「ミュージシャンはローリングストーンズでさえもやさしい」と言ったのに対しビルワイマンが「おおきに」と返してたのが、ビルワイマン推進協会の一員としてはおもしろかったですね~。あと、ピートタウンゼントがロッドのことを「思い上がってもうた」と、、(笑)。
Passing ShowPassing Show
さすがに字幕なしではキビシイ映画でした。もし日本盤が出るとしたらこれくらいの価格にして欲しいもんです。

本日のロックTシャツ => やっぱこれでしょ(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 1

OasisのNoel Gallagherですよ

2007/06/05(火) 21:03:00 [似顔絵ロック]

Noel Gallagher
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたオアシスのノエル・ギャラガー。兄ちゃんの方ですな。僕にとってオアシスはなぜそんなに人気があるのかよくわからんバンドでして、、、まあ大人気のバンドの多くがなぜそんなに人気があるのかわからんのですが(笑)。ようするに僕にとって「アレ」がないとしか言いようがない。書くこともネタもない。う~ん終わりっ。ごめんちゃい。

本日のロックTシャツ => これ

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

プリンスブーム到来!?

2007/06/04(月) 22:15:09 [ロックの話題]

Bill Wyman Prince

▼この二枚はホント最高。990円!(笑)
Monkey GripMonkey Grip

本日のロックTシャツ => これ

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Hail Hail Rock'n'Roll !!

2007/06/03(日) 16:45:02 [ロックの話題]

Chuck Berry Keith Richerds
午飯を食べながら、けっこう前にドミノ番長からいただいた映画「ヘイルヘイルロックンロール」Hail Hail Rock 'n' Rollの、おもしろいと評判のボーナスディスクを観る(番長ありがとう!)。本編は公開当時から何度となく観ているので今回はサラッとボーナスのみ。チャック・ベリー(自伝)いやいやぜんぜんサラッとしてねえよ(笑)。リハーサル演奏の映像と、チャックの困ったちゃん振りを周辺が語るパートの二本立てなのですが、前者はともかく、後者は途中でややうんざり気味。全編に渡ってしゃべりが止まらない監督をはじめ、迷惑を蒙った人々の恨みつらみを延々と聞かされるのはけっこうツライもんがありましたね~。

こういう周りがやいのやいの言うのを聞くよりも、チャック本人が書いた(と書いてある)「チャック・ベリー(自伝)」を読むべきではないかと思いますよ、正直。本当のことばかりとは思わないけど、確実におもしろいもん。毎日毎日その日の自分の仕事の契約書を作成する男が書く文章だし(笑)。チャックベリーの音でも聴きながら久し振りに読んでみましょうかね。
The London Chuck Berry SessionsThe London Chuck Berry Sessions
“マイディンガリン”の大ヒットでチャックを知った(笑)身としては、これ聴きたいのですが、、。

本日のロックTシャツ => これ

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

またまたTシャツ新作

2007/06/01(金) 16:14:11 [ロックTシャツ]

EverydayRock Tシャツ
上のは新作。下のは長Tしかなかったのですが、半袖をつくってみました。色の種類ももっとあるのでぜひご覧くださいませ(見る見る)。
EverydayRock Tシャツ

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |