アラビアの夜の種族

2006/08/30(水) 00:48:12 [ロックの話題]

アラビアの夜の種族〈1〉アラビアの夜の種族〈2〉アラビアの夜の種族〈3〉
ブログ用の絵を描いていたら、スズメバチが窓からブ~ンと入ってきて逃げ惑っていたら、ハンカチ王子がどこからか現れて剛速球でしとめてくれました、だから素晴らしいネタを用意していたにもかかわらず、本日はロックな話題を更新できませんでした、というのはもちろんウソですが、こういうのは総務省が開発するという「ウソ発見器」で、嘘つくなヴォケ~!ってことになるのでしょうか??ホントは文庫になった古川日出男の「アラビアの夜の種族」にハマって更新するのを忘れてたのです、、、。これから3巻目。
Pat Metheny
▲本文と関係なし
スポンサーサイト

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

ますます凄いぜ!テッド・ニュージェント

2006/08/28(月) 22:52:24 [ロックの話題]

Ted Nugent
いやまあ最初から最後まで笑いっぱなしですわ。いやなにテッド・ニュージェントのライブDVDの話。この2001年のライブ、まずはステージにバッファローに乗ったテッドが登場、ステージを右に左にウロウロするところから始まるのですが、このバッファローがヨダレをだらだら垂らしまくり、バッファローから降りたご本人は狂ったようにギター弾きまくり、曲が始まるとヘッドセットで歌いまくり、のまくりだらけでDVD2枚組。最高です。70年代のカリフォルニアジャムでのステージやアンボイデュークスの映像もボーナスで入ってます。なあねこさんありがとう!AC/DCの映像以来の大笑いでした。
Full Bluntal Nugity Live

■ヒゲありテッドの絵はここにあります。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

レイヴォーン命日

2006/08/27(日) 18:21:19 [ロックの話題]

Stevie Ray Vaughan
只今午後6時過ぎ、そろそろすっかり地球は愛に救われたころですが(と思ったら新聞を見てみると地球が愛に救われるのは8時54分までかかるらしい)、私すっかり地球を救うことを忘れてStevie Ray Vaughanを聴いておりました。なぜなら本日はスティービーの命日、、、つっても先日お邪魔したロックバー「Texas Flood」さんのサイトで知ったのですが、、、。

本日何を聴いたかというと、「The Sky Is Crying」と「Family Style / Vaughan Brothers」のふたつ。どちらも彼の死後発売されたアルバムです。前者はアウトテイク集で、オリジナル作より荒っぽいところが好き。後者は、ナイルロヂャースによる‘らしくない’音に賛否があると思いますが、大好きな曲“チックタック”が入ってるのですべて許します。
The Sky Is CryingFamily Style

■Stevie Ray Vaughanの絵はここにもあります。

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 1

黄色いTシャツ危険日

2006/08/26(土) 16:29:12 [ロックTシャツ]

???
え~っと今日(から明日)は「愛は地球を救う」日なんですよ。毎年うちの最寄の駅前の広場でなんかワイワイやっとるんですよ。そういえばこないだの日曜日の夜もなんだかリハ的なものをやってたんですよ。“サライ”を合唱してたんですよ。たぶん明日は黄色いTシャツを来た人たちがウジャウジャいて、歩いていると(なぜか)話しかけられたりするんですよ。鬱陶しいんですよ。だいたい同じ服を着た人がたくさんいると気持悪いんですよ。だから普段でも、前方から似たようなスーツを着用した(日本を支える偉大な)サラリーマンの方たちが塊になって歩いて来たりすると、思わずくるりと1.5~1.8回転、あらぬ方向に歩き出してしまうんですよ。ちょと苦手なんですよ。5人以上同じ(ような)服を着てひとかたまりになるのは許可制(もちろん私の)にしていただきたいのですよ。

・・・なんてバカなことを書いてたらふと気付きました。いま自分が黄色Tを着用していることを(ちょいと渋めの色ではありますが)。さあそろそろ時間がやってきた。駅前に行って見知らぬ人に声をかけて“サライ”を絶唱しないと!(笑)
ロックTシャツロックTシャツ
EverydayRockには、こんなイエローTもありますよ。
トートバッグ
そして僕自身も以前から使っているトートバッグはいかがでしょう?
(けっきょく宣伝かよ!!笑)

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Eric Clapton 日本公演2006

2006/08/24(木) 19:28:36 [似顔絵ロック]

Eric Clapton
「クラプトンがまた来日するらしいで」
「ふ~ん、かなり前からオレECに興味ないし」
「デレクトラックスも来んねんで~、スゴイスゴイて言うてたやん」
「えっ」
「リズム隊はスティーブジョーダンにウィリーウィークスでっせ」
「ほんまかいな」
「クリスステイントン、ドイルブラムホールももちろん」
「うっひゃ~どないしょ」

・・・なんてな会話が全国津々浦々の「最近のクラプトンはな~」なオッサンたちの間で繰り広げられているに違いない、今度のECのジャパンツアー。5月のライブ映像を見ると(Thanx なあねこさん)ありゃま!自分のバンドでは仏頂面のデレクがニコニコしてる!スティーブジョーダンがドレッドじゃなくなってる!ステージにはあんまり動きもなくロック感は乏しいけど(ちょっとしか見てませんが)、、う~ん、、、ホンマどないしょ??

■エリック・クラプトンの絵はここここにもあります。
(上の絵はソートー昔に描いたものです)

■デレク・トラックスの絵はここにあります。

■スティーブ・ジョーダンの絵はここにあります。

記事URL | Comment: 22 | Trackback: 1

TOYBOXライブのお知らせです!

2006/08/24(木) 00:14:09 [ロックの話題]

Toybox
新入りギタリストからのお知らせです。今月9日の二俣川駅での「Love & Peace」コンサートへの参加に続き、今度は小岩でのライブです。9月9日土曜日です。TOYBOXファンのみなさん(いるのか?笑)、やっぱロックだぜ!なみなさん、お暇なみなさん(かつ音楽はテクじゃない!と思われてる方)はぜひお越しください。

2006.09.09 (Sat)
The Trinity Fes. 2006
at Live Spot eM SEVEN (0pen/18:00 Start/18:00)
(地図あります)
Charge:1,200yen
3バンド出るうちの2番目です。

ご入場の際に、TOYBOXを見に来た!と言ってください!別に安くなったりはしませんが(笑)、バンドとしては大いに助かります。ついでに入場しようとしてる人を見つけたら、「TOYBOXを見に来た、と言え!」と強要していただけるとさらに助かります(もちろん冗談ですが半分本気・笑)。

しかし、僕がいまだかつて行ったことがない町でばかりライブするバンドです(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 2

Tシャツ&トートバッグ!

2006/08/22(火) 20:31:19 [ロックTシャツ]

ロックTシャツトートバッグ
パブロとかLKJを聴いて、なんとなくつくってみた「Whole Lotta Dub」Tシャツ(ZEPは聴いてません・笑)と、自分の愛用バッグが古くなってきたのでつくった「Little Red Rooster」トートです。一度ご覧ください!

記事URL | Comment: 5 | Trackback: 0

James Burton with Pink Paisley

2006/08/21(月) 18:27:06 [似顔絵ロック]

James Burton
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたジェイムス・バートン。エルヴィスP、グラム、エルヴィスCなどなど、偉大なる脇役の彼については僕なんかが語ることはないのですが、エルヴィスCのバンド、コンフェデレイツで来日した際に(仕事で)一度ちょっとだけ会いました。ちょっと強欲そうな親父でした(失礼・笑)。
The Guitar Sounds of James BurtonCorn Pickin' and Slick Slidin' / James Burton & Ralph MooneyThe Complete Reprise Sessions / Gram Parsonsエルヴィス・オン・ステージ~30th Anniversary Edition / Elvis Presley

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

こうりゃ最高でっせ、お客さん!

2006/08/20(日) 12:50:09 [ロックの話題]

Lew Lewis
最近手に入れて連日聴きまくっているのが、この1979年パブロックバンド勢ぞろいのライブアルバム「The London R&B Sessions Recorded Live At The Hope & Anchor」。The London R&B SessionsLittle Roosters、The Cannibals、American Blues Legends、Red Beans And Rice、、、まずは登場するベタなバンド名のB級かつファンキーさに脱帽しつつCDをプレイ!

冒頭のチンピラハーピスト、ルー・ルイスによる“たった2曲!?もっともっと聴かさんかい!ギタリストも異常にかっちょい~”なパフォーマンスにぶっ飛び、パイレーツの“オッサン声だがギターは相変わらずの切れまくり”な曲に思わずぴょんと3メートルくらい飛び上がって雄叫びを上げてしまうラストまで、間違いなく全編聴き所。ウィルコ・ジョンソンも狂ってるし、ビショップスもゴリゴリ、誰かの素晴らしいボトルネックプレイが聴こえたと思ったら、真っ黒けのR&Bが響きわたる。あ~こんなライブ毎日見たいぜ!汗がだらだら暑苦しいぜ!ビールもう一杯!いや2~3杯!!
Save The Wail / Lew Lewis ReformerThe Very Best of Rock's Original Hellraisers / The PiratesSolid Senders / Wilko Johnson & Solid SendersCount Bishops

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

ディランの44枚目ですと!

2006/08/19(土) 11:54:55 [ロックの話題]

Bob Dylan
ボブ・ディランのなんと44枚目らしいニューアルバム「Modern Times」がもうすぐ発売されます。このところちょっとしたディランブームみたいだし売れるのかな、、いやブームなのは「ディランの過去」だしな~、、。ジャケのイメージがなんとなく違和感あり(でもすぐにしっくり来ると思う)ですが、とりあえず僕はいっときますよ~もちろん。
Modern Times(DVD付)みうらじゅんマガジン〈vol.01〉ディランがロックライク・ア・ローリング・ストーン / グリール・マーカスノー・ディレクション・ホーム

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

John LeeでCD10枚分(1,314円)踊ります

2006/08/18(金) 15:02:56 [ロックの話題]

John Lee Hooker
大阪でオールマンズのこれを買おうと思っていたが、残念ながらなかったので(Instant Liveは壁一面に展示されてて死ぬほどあった)、別の店(タワー)で思わずJohn Lee Hookerの怪しい廉価版ボックス(なぜかジャケに日本語あり)を買ってしまいました。ここに納められているCD10枚分の曲がどういう素性のものか今ひとつというかさっぱりわかりませんが、ジョンリーならどれもかっこよかろうと(どれも同じだろうと・笑)、そしてこの値段ならよかろうと、、。一枚目を聴くと弾き語りの古い音、10枚目を聴くとバンド付きの新しい音、が聴こえてくるので一応年代順かな~、有名曲も入ってるけどオリジナルバージョンかな~なんて思いつつ聴いてます。しかしまあ凄いわ、この人。これ聴いたら自由の女神も大仏様も踊っちゃうね。最高!
Blues Is the HealerBlues Is the Healer
アマゾンだとなんと¥4,682!!

■ジョン・リー・フッカーの絵はここにもあります

記事URL | Comment: 12 | Trackback: 0

イエイ!Ray Davies

2006/08/13(日) 11:27:02 [似顔絵ロック]

Ray Davies
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたKinksのレイ・デイヴィス。キンクスは長い間初期のハードロックくらいしか聴いてなかったのですが、90年代に来日したときになんとなく見に行ったら最高で、それ以来の付合いです。いつもはアーティストグッズなどは買わないのですが、このときはついキンクスキャップ買っちゃいました(笑)。レイのパフォーマー振りは素晴らしかった~。好きなアルバムは「Something Else」だったりして、正直キンクスの真価はわかっていないと思うけど(笑)大好きです。
Other People's Lives / Ray DaviesOther People's Lives
今年発売されたなんと初のソロアルバム。残念ながらまだ聴いてません。
X-Ray / Ray DaviesX-Ray
ディランの自伝と並んでおもしろかったレイの自伝、、、といってもSFチックですが(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 1

オレも今度描くぞ!Gregg Allman

2006/08/12(土) 16:40:09 [ロックの話題]

Rolling Stone
先日古本市で雑誌「Rolling Stone」の1974年2月号を、表紙の絵に惹かれて買ってしまいました(買ったのは、上の画像と違って日本版ですが絵は同じ)。いやあ昔の雑誌はオモシロイ。オールマンズ特集では、デュアンはジェフベックにイカレてた、、なんて書いてあって、なぜかちょっと嬉しかったりして(笑)。僕が普段よく聴くのは「Brothers And Sisters」とか「熱風」など、デュエイン亡き後のちょい軽めのものが多いのですが。そういえばこの時期のライブアルバムが、Allman Brothers Recording Companyから発売されてますね。よし大阪に行ったとき買おう!
Brothers and Sisters / Allman Brothers BandWipe the Windows, Check the Oil, Dollar Gas / Allman Brothers Band

■Duane Allmanの絵はここにあります

記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Do you, Mr. Jones?

2006/08/11(金) 10:34:53 [ロックの話題]

Brian Jones
映画「Stoned(邦題:ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男・・・消えた男はないやろ・笑)」を見ました。う~ん、「アレ」を持ってなさそうなので、つ・き・あ・い・た・く・な・い映画かもしれません(笑)。
Premium Tribute to STONED(DVD付)Tribute to Brian Jones / ムッシュかまやつ 他GREATFUL DAYS / RCサクセション
ちなみにこのブログの一発目の記事はブライアンです。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Eric Johnsonさんですよ

2006/08/10(木) 13:13:47 [似顔絵ロック]

Eric Johnson
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたエリック・ジョンソン。テキサス生まれとは思えないギタープレイと、1954年生まれとは思えないルックスのギタリスト。昨日の僕らのバンドとは似ても似つかぬハイテクニック、ハイクオリティな音楽を奏でるニクイ奴という噂です。正直あんまりちゃんと聴いたことありません。ゴメンナサイ。

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

Richard Thundersじゃあアレですから

2006/08/09(水) 01:03:51 [ロックの話題]

浅井健一(ベンジー)の初ソロアルバムのタイトルは「Johnny Hell」だそう。

やっぱり、
ジョニーとヘル
ってことなのか??

Johnny Hell(初回生産限定盤)(DVD付)Johnny Hell(初回生産限定盤)(DVD付)

勘違いならゴメンチャイ(笑)。

記事URL | Comment: 4 | Trackback: 0

今日も長丁場Trey Anastasioファイト5、6発!

2006/08/08(火) 14:20:41 [似顔絵ロック]

Trey Anastasio
雑誌「Player」のi-mode公式サイト「Player Guitar Love」用に描いたトレイ・アナスタシオ。聴きながら眠ってしまっても、トーゼン起きたときもまだ演奏は続いている、ってことで有名なデッドとPhishですが、違うのは後者の方がテクニック的にソートー優れているところでしょうか(もちろん上手いから音楽として優れていると言ってるワケではないですよ)。トレイも素晴らしいギタリストですね。あまりにも破綻がなくロック的なスリルに欠けるような気がしないでもないですが。
Slip, Stitch & Pass / PhishA Live One / PhishHampton Comes Alive / Phish
Phishの作品でどれが好きかというと、数ある(ありすぎる)ライブ盤では「Slip, Stitch & Pass」と「A Live One」ですかね~。とくに後者は全作品ので一番好きかも(、、、といっても全作品は聴いてないけれど)。アヴァンギャルドな展開がけっこうあっったりして。6枚組のふざけたタイトルのライブ「Hampton Comes Alive」は演奏自体は親しみやすいけどとにかく長い!聴きはじめるのにけっこう決心が要る/一部を聴こうと思ってもどの部分を聴くか迷ってしまう/カバーソングが出てくるとちょっとホッとする、、ので次点。スタジオ盤では「Billy Breathes 」と「Farmhouse」が好きですが、トレイのファーストソロ「Trey Anastasio」の方がもっといい感じだと思います。
Billy Breathes / PhishFarmhouse / PhishTrey Anastasio

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

トータスとケイスケ

2006/08/07(月) 15:08:28 [ロックの話題]

トータス松本とウルフルケイスケ
先日の記事に、Cacaoさんから、ウルフルケイスケにも似てるというコメントをいただいたので、ほぼ同じパーツで描いてみました。変えたのは、目の角度と顔の輪郭/前髪をちょびっと、くらい。面白いですね~、人の顔(笑)。

すっとばす / ウルフルズウルフルズのライブはブレイク直前に一度だけ。大阪の春一番コンサートだったと思います。ゲストにプロデューサーの伊藤銀次。はあ~おもろいな~と思った記憶あり。てなわけで、(彼らの作品は何枚かしか聴いたことがないけれど)一番好きな作品は「すっとばす」の前半4曲。第一声が、お~れたちゃバカ!ですからね~(笑)。大滝師匠の“びんぼう”カバーもグーです。今でもときどき聴いてます。

関係ないけど、今度の水曜日(明後日)僕が参加してるバンド(Toybox)が、横浜の二俣川という駅で何曲かやります。なんだか「LOVE & PEACEコンサート」といういっぱいバンドが登場するイベントらしいのですが、例によって私、どんなイベントだかよくわかってません(笑)。イベントのサイトも探したけどなさそう、でも出演される中川五郎さんのサイトに他の出演者が載ってました(8/9(水)のところ)。正直、これを見て、ふ~ん中川五郎さんも出るのか~、いっぱい出るんやね~、あっ内海利勝さんってキャロルの人やん!なんて思った挙句、ちょっと緊張してしまった次第です(笑)。ま、通りかかった人は見てってください。

▼Toybox昨年のライブ映像(名曲“カッチョイイ俺”・笑)をちょっとだけ。嫁が携帯で撮ったので、暗くて音も悪いし僕しか映ってない(ゴメン→メンバー)。ま、音は実際にもこんなガチャガチャした音ですが、、。






記事URL | Comment: 8 | Trackback: 0

Arthur Lee Died.

2006/08/06(日) 12:56:09 [ロックの話題]

Arthur Lee of Love
Sydに続いて伝説のミュージシャンがまたまた亡くなった。今回はシドと違って新聞には載らなかったようなので、昨日たまたま見たRhinoのサイトで知ったのです。アーサー・リー、本当に山あり谷ありの人生だったようですが、冥福をお祈り申し上げます。

Da Capo / Love一時アーサーのロックな佇まいに惹かれて、ちょっとした個人的LOVEブームがあり作品を集めたのですが、一番好きなのはストーンズとの関連性もおもしろいセカンド「Da Capo」。“She Comes In Colors”と“She's A Rainbow”の歌詞と曲調、“Revelation”と“Goin' Home”のいつまでもやる感じとか、、ね。もちろん、作曲者バカラックが嫌う“My Little Red Book”から始まるファースト、素晴らしい曲揃いのサード「Forever Changes」、かなり荒っぽいブラックロックなソロアルバム「Vindicator」も気に入ってますよ。後期のインディーズ作品には曲はよくても音がしょぼくてさびしいのもありますが、「Forever Changes」をライブで再演したアルバムはけっこうよかったです。
Love / LoveForever Changes / LoveVindicator / Arthur LeeThe Forever Changes Concert / Love
ラブは、ネオアコに影響を与えてるなどとも言われてるようですが、どうなんでしょ?アーサーは美しいメロの曲を歌ってももっとロックだと思います。ブライアンのソロはぜんぜんロックじゃなかったけど(こっちか・笑)。

記事URL | Comment: 0 | Trackback: 3

I Just Want To Make Love To You

2006/08/05(土) 12:07:06 [ロックTシャツ]

Rock T
こんなTシャツはいかがでしょ?あと、一枚1700円のディスカウントコーナーもつくってみましたので、ぜひご覧ください(数枚しかないけれど)。ちょいとつくってみたヤツとか、過去売ってたヤツとか、、。Mサイズしかないのは、Sサイズは自分で着てるからです(笑)。
Rock T Rock Tなど、、

記事URL | Comment: 6 | Trackback: 0

ガッツだぜい!!

2006/08/03(木) 23:58:59 [ロックの話題]

トータス松本
(いろんなことが透けて見えた)昨日のボクシングの試合について、ガッツ石松が7ポイント差で相手の勝ちと言ってた、ってのを聞いて思い出した。うちにガッツ石松から数ヶ月前に電話がかかってきたのを(笑)。といっても生声ではなくもちろん録音声。アンケートかなにか。録音声でよくかかってくるアンケートには、ヴォケコラッ二度とかけてくなっと間髪おかずに受話器を叩きつけるのですが、さすがにガッツがしゃべっていると聞いてしまいますね。何を言ってるかサッパリわからなかったうえに、じゃあ担当者に替わります、と言った時点で間髪置かずに切りましたけど(笑)。
TRAVELLERTRAVELLER / トータス松本
このアルバムでの、青い青いカバーバージョンの数々がホント大好きです。

記事URL | Comment: 14 | Trackback: 0

東京シャイネス!細野さんナウ&ゼン

2006/08/02(水) 20:15:19 [ロックの話題]

細野晴臣
細野さんが去年のハイドパークフェスの後、東京シャイネスってのをやってたのも知らなかったし、こんなDVDが出るのも知らなかったのですが、欲しいな~見たいな~。「Hosono House」のころの曲を演ってるんだもんね。どうせならボーナスディスクでハイドパークのライブDVDが付いた初回限定盤がいいな~。
東京シャイネス(初回限定盤)東京シャイネス(初回限定盤)
HOSONO HOUSEHOSONO HOUSE

記事URL | Comment: 10 | Trackback: 0

昨日のは古いが今日のは新しいよ

2006/08/01(火) 17:49:20 [ロックの話題]

Wolfmother
関東地方南部テキサス方面から、どっかの国のミサイルみたいに打ち上げ失敗もせずに、正確に我が家を直撃した「なにいつまでも苔が生えた古い音ばっかり聴いとんねん、たまにはワシが新しい音を聴かせて耳腐らんようにしたるわテープ」には、一部では勝野洋ファンではないかと噂されるテキサス氏セレクトの、トーゼン僕が聴いたことがない音が詰まってました。Dirty Pretty Things、Arctic Monkeys、Zutons、Jason Mraz、Los Lonely Boys、Coldplay、Rooster、Gomez、James Blunt、Charlatans UK、Automatic、Motorpsycho、Flaming Lips、Super Furry Animals、、、などなど。
WolfmotherHow We Operate / GomezLove Kraft / Super Furry Animals
ま、そんなに新しくないものもあったり聴いたことがあるものもあったが(あとかなり以前に飛来したものも、、、)、そんなことはどうでもいい。Wolfmotherというオーストラリア出身のハードロックトリオがカッコイイのです。オルガンやフルートが聴こえてきたりして、おっさん心をくすぐりまくりですわ(ジャケがメタルっぽいのがイマイチですが)。あと、GomezとSuper Furry Animals、Motorpsycho(のカントリーっぽいやつ)もけっこう気に入りました。Arctic Monkeysはなかなかかっこいいが、何度も聴くかなあ??Dirty Pretty ThingsやRoosterは名前負けか(笑)。まだもうちょっと聴いてみます。だら~っと聴いてると今何を聴いてるかわからなくなってくるのです。ありがとうテキサスさん!(ホントはもっともっといろんなものが飛んできてます)

記事URL | Comment: 7 | Trackback: 0

| HOME |